旅(ドイツ) | ♪Arte Gagliano♪
«  2017.05 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  »

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-  |  -

edit  top

プチ旅行 〜 Gernsbach 〜

予め言っておきますが、今日のは写真が多くて、全部開くのに時間かかるかもしれません・・・。すみませぬ。

先週末、ちょっとした仕事で、黒い森地方(Schwarzwald)に行ってきました。
町の名前は、Gernsbach(ゲアンスバッハ)。

黒い森の小さな町は、どこもそうだけど、ドイツらしくてかわいい(何をドイツらしいというのか本当のところわかりませんが・・)。

私は、どう考えてもメルヘンチックな乙女ではないけど、そんな私でも、おとぎ話に出てきそうな、旧市街のある小さな田舎町を、たまに訪れるのは、いいなと思う。あくまでもたまにですが。

週末ということで、クマゾウさんと愛犬ディアナも一緒に行きました。
正しくは、クマゾウさんが、私を送って行ってくれた・・というべきか。
私の用事は一日だけだったので、頑張れば日帰り出来ないわけではなかったのだけど、せっかくだから・・と、黒い森のホテルに2日間泊まってみました。

仕事でしたが、気分はプチ旅行・・・というやつです。

ここで紹介したいのが、私たちが泊まったそのホテル。


スペイン風のステキなホテルだった〜。
Romantiklandhaus Hazienda

なんでこんな田舎町に、こんなお洒落なホテルがあるのかが不思議で仕方ありません。
偶然インターネーットで検索していて見つけたのですが、2006年の5月にできたばかりのそのホテルには、キッチンもついていて、自炊が出来る、どちらかというとアパートのようなホテル。


ドアもかわいい。

電子レンジや食器洗い機、湯沸かしポットに、コーヒーメーカー、包丁や食器なども置いてあって、自分のうちのようにくつろげる。炊飯器はなかったけど(当たり前か)。
これは、ちょっと、スペインの別荘に来た気分?


ロマンチック系は、どうもおしりが浮く感じがして苦手(落ち着いて寝られない!)なのだけど、ここはロマンチックながらも、煉瓦造りで甘過ぎないのがよかったのか、落ち着いて眠れました。笑

部屋にはPCも繋げるので、クマゾウさんは私を待つ間、仕事も出来た!
でも、こんなに物が揃っているのを予め知っていたら、日本茶とかコーヒーも持っていったのにな。スーパーで野菜と肉を買って、カレーでも作れたのにな・・。
って、どこまでも、小市民な私たち。

スペインを意識して作られているだけあって、(ドイツ人はみんなスペインを異常に好むのです)、なるほど、部屋から繋がっている庭は、ちょっとアンダルシア風。

でも、遠くにはやっぱり黒い森が見えるから、ここは間違いなくドイツの田舎町。

ホテルには、もちろんディアナも一緒に泊まりました。

ドイツでは、どんなホテルでも人間と同じように、普通に犬も泊まれるのです。
これは本当にありがたい。ああ、ドイツって、素晴らしい!!

ホテルのレストランは、やっぱりスペイン料理。雰囲気があって、ここもいい感じ。



インテリアのセンスもステキだった。



このレストランでタパスをいっぱい食べ、デザートには、バルサミコソースのかかったアイス。


私は、決してグルメではないし、それどころか普段は、外食嫌いの何が何でもご飯はお家で食べる派・・なのですが、旅先ではやっぱり外食もいいものだと思ってしまう・・。

そして何より、スタッフが感じよかった!
これはかなりポイントが高い。ここドイツにおいては!

皆さん、旅はガイドブックに載っていない小さな町のほうが、断然素晴らしい。
あ、いや、ベルリンやミュンヘンなどの大都市ももちろん見応えがあって、面白いですよ。
でも、心底くつろげて、ホッとできるのは、やっぱり田舎町ですな。

これって、たぶん歳をとった証拠なのでしょう。。。
若いころは、こんなところでわざわざ宿泊したりはしなかっただろうしな・・。

話は変わりますが、今回のプチ旅行のような、心休まる気分を現すのに、ピッタリなドイツ語があります。
gemütlich(ゲミュートリッヒ)。
辞書には、「居心地のよい」とか、「くつろげる」とか書かれていますが、この、gemütlichという単語には、日本語では現しがたい、独特のニュアンスを感じます。

あら?ドイツ語講座みたいになってきた。

そういうことで、仕事はさておき、gemütlichな週末でした。

あ、黒い森からの帰りは、お隣のフランス(これもまた、名もない・・いや、名前はあるだろう!・・小さな町)へちょろっと寄ったのですが、それはまた次回。(の予定)

comments(3)  |  trackbacks(0)

edit  top

アウアーバッハ城〜Schloss Auerbach

週末、天気が良かったので、またもやドライブ&散歩に出かけました。自動車
ドイツはヘッセン州の一都市、ダルムシュタットからもう少し南へ下がったところにある小さな町の、アウアーバッハ城(Schloss Auerbach)をめざして。



この辺りにはこういった「Burgruine(ブルクルイーネ)」と呼ばれる古〜いお城がたくさんあるようです。他には例えばフランケンシュタイン城とか・・・。
要するに、以前も紹介した、お化けおばけが出てきそうな建物。

シンデレラ城のモデルとなった、フュッセンのお城などもロマンチックで良いけれど、不気味だとかお化けが出そうだとか無茶苦茶言いながらも、私はこういうちょっと廃墟感のある、「ブルクルイーネ」 の方が好きだったりするのです。



数日前に雪が降り積もったため、山道を車で登って行くのはかなり怖かった・・・にもかかわらず、頂上は結構たくさんの人たちが。
しかし、時期が時期だけに、観光地にはどこにでも必ず現れると言われるアジア人も私たちの二人だけでした。



このお城は13世紀の後半に建てられたそう。
やはり改築を重ね、14世紀になって今のようなお城の姿となったらしい。


さぁ、この向こうに見える塔の上に登るのだ!

天気は抜群に良かったのに辺りは一面深い深い霧。



高所恐怖症のくまさん(夫)を無理矢理連れて、この塔の上まで登ってみました。
山の頂上の塔のてっぺんから見下ろした景色は、真っ白で幻想的。
しかし何も見えません。
これが、却って怖さを引き立てていたようにも思えるが・・・。

ちなみに、手前の赤いホオカムリのおばちゃんは、怖くてこれ以上先に進めなかったらしい。くまさんは偉くそのおばちゃんに共感していました。

観光で家族とともに来ていたのであろう子供たち数人が、
「ハリー・ポッターだ!!」
と叫んでいるのが可愛いかった。



確かに。納得です。魔法使いが出てきてもおかしくない雰囲気。
・・って、ハリー・ポッター、本で読んだだけで、映画は見たこと無いんだけど。



井戸。中を覗いても底は見えず、雪の塊を投げてみても、落ちた音が聞こえず。きっと、ものすごく深いに違いない。


城の上には一本の松の木が・・・。
でも、日本のそれとはちょっと違って、やっぱり洋風な感じがするのです。

こんな週末のちょっとしたお城見学。
丁度、日本のお寺巡りのような感覚か?!
京都生まれの京都育ちにもかかわらず、京都のお寺はいつでも行けるから・・・と3つくらいしか知らない私・・・。
ここではそんなことにならないよう、出来る限り見て回るぞ!と出不精改善を心掛けていますが、やはり全てを制覇するのは簡単ではなさそうです。

そしてオマケはこれ。



帰り道にまで、お化け屋敷さながらの演出が。
信号で止まっていた時にちょうど、月(ほぼ満月だった!)が重なって、思わずパチリと撮影してまいました。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

シェーンブルク〜Schönburg

シェーンブルク(Schönburg)・・・・。
シェーンベルク(Schönberg・作曲家)ではありません。
私が住んでいるところから、コブレンツ方面に100キロほど走った、オーバーヴェーゼルという町にある、古城ホテル(兼レストラン)。

冬のドイツにしては珍しく天気が良かったので、ドライブ&散歩に行ってまいりました。出発から帰宅までわずか2時間半ほど。
これで、ブログの横のメニューの 「旅」 というカテゴリーに振り分けるのは少々気が引けるのですが・・。プチ旅行と言うことでお許しを。

ここは有名な「ライン河下り」の通り道で、あの、ローレライにも近いせいか、こんなに寒い時期だというのに、家族連れの観光客らしき人と何度かすれ違いました。

しまった・・・がぁ〜ん。この写真、緑が生い茂っている・・・。
今は真冬のはずなんですけどね汗

古城から眺めたライン河。それにしてもラインはいつも素敵です。

景観の素晴らしさににうっとりしていると、「ポ〜ッ」と警笛が!
振り向いてみると、電車が。DB、ドイツ鉄道です。

ライン河にドイツ鉄道、そしてそこに偶然通りかかる貨物船。
しかも山にはお城の影が!傑作の一枚。
特急列車(ICもしくはEC)なんでしょうけど、なんか、ものすごいレトロな感じがするの、何故でしょう。

そして古城ホテル。その名の通り、かつてはお城だったところです。

なんと建築されたのは12世紀のこと。
フランス軍に破壊されたのち、200年もの間朽ち果てたままにされていたのが、19世紀になって修復され、今のような姿となったそうです。

ここを潜り抜けると・・・
この通路を潜り抜けて・・・。いかにも古城らしい。

このおどろおどろしい雰囲気が、また風情があって良いなぁ。
けど真夜中、一人でここを散歩しろといわれたら???

ドイツにたくさんある古城ホテル。長い歴史を歩んできただけのことはあり、その神秘的な趣には、ただならぬオーラを感じます。
中は拝見せずに帰ってきてしまいましたが、古城ホテルに泊まった経験のある友人の話を聞いても、本当に素晴らしくて、感激するらしい。
確かに「お城」 という文字だけ見ると、ロマンチックだとも言える・・・。
でも、ここで起こったであろう歴史的出来事を想像すると、どうも私は昼間の散歩だけで、さようならしてしまいたくなります。

とは言いながら、ここに泊まるのはとても興味深い・・。

夜中になると、どんな人たちが出てくるのかな・・・とか。唖然
ヨーロッパのは、足、付いてるのかな・・・とか。おばけ

こんなんでは風情もへったくれもない。
でも、ロマンチック気分を味わうためにも一度は宿泊しみたいものです。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

アートテル〜A.ウォーホール

artotel

再び芸術と音楽の旅 in ベルリンです。
ベルリンでは、「art'otel berlin city center west」という、今人気(らしい)のデザインホテルに宿泊。
このベルリンの西にあるホテルは、A.ウォーホール(あのポップアートの神様です!)の館。
これは本当に偶然なんだけど、この旅のあとで手に入れた雑誌、Figaro Japonのベルリン特集の号に、ここのホテルが紹介されていたのです!
ショック!!!
私たちは、こちらのサイトで探してここに決めたのですが、まさか日本の雑誌に載っていたなんて・・・。
そういうところにわざわざ行くのは、できれば避けたかったのですが。

べつに私はA.ウォーホールのファンでもなんでもないのですが、
ここは彼のシルクスクリーン作品がいたる所に飾られている・・・というホテル。ファンにはたまらないでしょうね。

私の部屋には、上左の作品が。そしてライトは、彼の顔・・・。笑えた。
建物全体、インテリアなどに、バウハウスの進化したものらしき形跡が見受けられました。

部屋は綺麗清潔で地下ガレージもあり、便利だったけど、フロントの女の子が少々生意気だったのがマイナス。
ドイツもまだまだこれからですね・・・。

あっ!
くまさん! こんなところにもお友達が(上右)。
くまは、そういえばベルリンの象徴なのでした!

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

ベルリンで髪を切る!

ベルリンの旅の2日目に髪を切りました。
一年半振りくらいに!
殆んど腰の辺りまで伸びて、もう、酷使したほうき状態。
いくら私でも、これでフィルハーモニーに入るのはちょっと気が引ける・・。

突然思い立ったので、美容室探しには一苦労しました。
ベルリンの街に詳しいわけではなく、お店は一つも知らない。
放浪の狼なので、当然ガイドブックも地図も持っていない。
方位磁針なら持っていましたが、こんなときには役に立たない。

車でぐるぐる回って、この中にならあるだろうと、旧東ベルリンにあるショッピングセンターに入ってみたら、おぉっ、ありました!

実は私はショッピングセンターが大好き!ラブ
dmやMüllerが入っていれば、もう一日中そこで遊んでいられます!
dmというお店についてはまた後日お話することにして、さて、ベルリンのショッピングセンターの美容室です。

ちょっと切るだけだから、どこでも同じでしょう?
だったら、できるだけ安いところがいい・・。
というわけで、男性17ユーロ、女性ブロー込みで39ユーロ(高い?)も、たわし、モトイ、ほうきのまま放っておくよりマシかと思い、そこで切っていただくことに・・・。
なんで、男性の二倍以上するのかが、腑に落ちませんが。

シャンプーのあと、鏡の前の座席に誘導され、そこに座ってどんな風に切って欲しいかを確認してもらった後、美容師のお兄さん。

「ハイ〜。立って下さい〜。」

続きを読む

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.