映画 | ♪Arte Gagliano♪
«  2017.09 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  »

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-  |  -

edit  top

2010年に観た映画 パート7

2011年になり、2月に入り、世界では映画云々どころではない、
大変な、歴史的な出来事が起こっているというのに、ここでは、
相変わらず、呑気に、去年観た映画の話がまだ続いています・・・・

最初、「23本観た」と書きましたが、これから観たい作品を数に入れてしまっていました。
正しくは22本。ということは、今回で、映画レビュー終了〜。
映画から、やっと、やっと解放されます。

*追記*
なんか、なんかおかしいと思ったら、ドイツの映画2つ、書き忘れ。
DVDが日本で発売されていないから、商品検索に引っかからなくて、すっかり忘れていました。
と言うわけで、次回も残念ながら(?)映画の話は続く・・・・。

¥ 1,100
コメント:メリル・ストリープは相変わらず、すごい女優だと思うし、作品自体もパワフルで観ていて元気になれるけど、私はちょっと疲れた。もともとミュージカルという分野が中途半端な感じがしてあまり好きではないからかも。

¥ 2,090
コメント:ジョージ・クルーニーがはまり役だなぁと思った。けど旅の途中に観て疲れていたのであんまり覚えていない。アカデミー賞にノミネートされるほど話題になった作品なのですね。知らなかった。仕事が全てではない、家族を築くことの大切さ等考えさせられたのは記憶に残っています。

¥ 1,049
コメント:かなり好きです。心温まる。ドイツでは年末になると毎年必ずテレビで放映されます。ドイツ人女優ハイケ・マカチュ(我が町デュッセルドルフ出身の女優)とスーパーモデル、クラウディア・シーファー(この人もデュッセル村近郊出身)が出演してるからか?

-  |  trackbacks(0)

edit  top

2010年に観た映画 パート6

さて、パート6です。「2010年に観た映画」も、そろそろ終わりに近づいてきました。

最初に、「今年(2010年)は、23本観ました。」と書いた気がしますが、
書いているうちに、あ、あれも見たんだった!と、思い出す作品もあったので、
ちょっと増えてしまいましたが・・・。

この辺りからは、最近観たものなので、まだ記憶に新しく残っていますが、
やっぱり、お粗末な紹介ですみません。
ジョン・パウエル
---
コメント:ボーンシリーズの一作目。何度見てもハラハラドキドキ。やっぱりヨーロッパのあちこちの都市が舞台になってるところが楽しい!ヒロインはドイツ人女優のフランカ・ポテンテっていうのがドイツ贔屓にはまた嬉しい話。主演はジミー・大西じゃなくてマット・デイモンです。

---
¥ 584
コメント:ボーンシリーズ二作目もヨーロッパ、特にベルリンが主な舞台。よく知る風景が映画作品の中に登場するって嬉しいものです。このDVD安い!私はシリーズ三作ともドイツのテレビ、ZDFで放映されているのを録画して観たけど、この値段だったら買ってもいいかな。

---
¥ 1,049
コメント:ボーンシリーズ三作目。毎週一作品ずつテレビで放映されていたのを三作とも録画しました。これでいつでも観られる。どれも面白いし、ハラハラドキドキの連続ですが、全部続けてみるには気合いが。体力精神力共に消耗するし。

-  |  trackbacks(0)

edit  top

2010年に観た映画 パート5

ドイツは最近、卵のダイオキシン汚染問題や、雪解けの水と豪雨の影響で
川の水位が増し、氾濫するという災害で大変だったりするのですが、懲りずに映画の続き。
やっとパート5まで来ました。

ちなみに、ライン川の水位は、通常6メートルくらいのところが、一昨日の時点で
9メートル以上に増していたそうです。
こんなに水面を近くに見たのは初めてです。

JUGEMテーマ:映画



---
¥ 2,500
コメント:3月に日本で公開されるジョニー・デップとアンジェリーナジョリー主演の「ツーリスト」という作品がありますが、そのオリジナル版。リメイク版はドイツ人が監督しましたが、こちらオリジナルはフランス映画。舞台も南仏です。ジョニー・デップはいいけど、絶対にアンジェリーナ・ジョリーより、ソフィー・マルソーのほうが私は、いいと思います!リメイク版、まだ見てないけれど、比較してみたいものです。

---
¥ 2,899
コメント:ジェニファー・ロペスがジャーナリストに扮する、実話に基づいた社会派の作品。面白いと思いましたが、あんまり評価されなかったみたいです。細かい部分に無理があるというか、つじつまの合わないところがちょくちょくあったので、そこが問題だったよう。年末にテレビ放映されたのを観ました。DVDは、この値段だったら私は買わないかな。

---
¥ 1,256
コメント:この作品、大好きです。毎年のようにテレビで放映されるのに、その度に、ストーリー知ってるのに見てしまう。DVDは我が家の棚にも並んでいます。笑いあり、涙あり、感動あり。ほのぼのします。年末、クリスマスの時期には最高。女性陣はかわいいし、ジュード・ロウが扮する男がまたいい奴なのだー。

-  |  trackbacks(0)

edit  top

2010年に観た映画 パート4

前回の続き。
やっとパート4。毎回毎回、お粗末な紹介文ですみません。

---
¥ 2,850
コメント:それなりにハラハラドキドキして楽しめた・・と思う。アメリカの映画にしては後味悪いというか、少々暗かったけど。ちなみに、サンドラ・ブロックは、ドイツ人とのハーフで、ニュルンベルクで子ども時代を過ごしているので、ドイツ語も結構しゃべります。

---
¥ 991
コメント:バレンタインデーの話。(って、そのままだ。笑)結構な豪華キャスト・・かな。ラブ・アクチュアリーみたいに登場人物それぞれに別のエピソードがあって、人物はあちこちでみんな繋がっている。ラブコメ好きな人には楽しめると思います。価格も安いし。(笑)

やまさき十三
¥ 1,313
コメント:なんでここで釣りバカ日誌?て感じですけど(笑)。夫がずいぶん前に一時帰国した際に買ってきたDVDで、ずっと棚で眠っていたのを引っ張り出してきて見る。落ち込んでるとき、お腹のそこから笑えて元気になれると思います。しかしこんなサラリーマンいるか〜。

-  |  trackbacks(0)

edit  top

2010年に観た映画 パート3

前回の続き。
このあと、またいつになるかわかりませんが、パート4に続きます。

アーヴィング・ストーン
¥ 7,900
コメント:2010年の夏、プロヴァンスにてゴッホの足跡を辿る旅をしたのだけど、帰ってきてしばらくして偶然テレビ放映されていたので鑑賞。マイケル・ダグラスの父、カーク・ダグラスがヴィンセントを演じています。とてもいい。ゴッホ好きなら是非!しかし、なんだこの価格は!こんなんじゃ誰も買わないわな。残念・・。

---
¥ 1,300
コメント:これは上の作品とは違い安いですね。(笑)スパイとスパイの闘い。騙されるか騙されないか。どんでん返しもあり、面白かったです。

¥ 1,510
コメント:これも安い。ドイツではもっと安かった(爆)。ラッセル・クロウの主演。やはりプロヴァンスの旅の後に、どうしてもまたあの風景と光が見たくなり、DVDを購入して鑑賞。なのに、その数日後、テレビで放映されてちょっとがっくり・・。内容は本で読む方がいいかもしれないけど、映像でまたプロヴァンスを旅できるのは嬉しかったです。どうせなら、プロヴァンスの12ヶ月のほうも映画化して欲しかったけど。

-  |  trackbacks(0)

edit  top

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.