ドイツ生活(ドイツ情報) | ♪Arte Gagliano♪
«  2017.11 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  »

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-  |  -

edit  top

12周年記念&発明王国ドイツ

1995年の9月19日。私がドイツに住み始めた日。
今日は私の渡独12周年記念日でした。
いよいよドイツ滞在も13年目に突入したというわけです。

そして、渡独10周年の記念日に始めたこのブログは今日で開設2周年!
昨年もこの記念日には、一応記事を更新したので、今年も無理矢理更新。

・・なのですが、ゆっくりネタを探したり調べたりする時間がないので、
よそさまから盗んできた話題で失礼いたします。
よそさま・・・と言ってもクマゾウさんなんですが。
某SNSで、クマゾウさんの日記を読んだ方は、情報が重複するので
この先は読んでも面白くはないかも・・。

これだけ長くドイツに住んでいるけれど、この国に関しては
まだまだ知らないことだらけ。

わずか数年の滞在で、びっくりするほどドイツに詳しい方も
たくさんいらっしゃるというのに、まるまる12年ドイツにいる私の
この無知さ加減は、全くお恥ずかしい限り。
本当は、ドイツ滞在12ヶ月・・とでも言って、隠れていたいくらいです。

でも、でも、今日これから書くことは、ドイツのことをいっぱい勉強して
ドイツという国にかなり詳しいみなさんもびっくりびっくり!!な、情報のはず。
へえ〜、知らなかった!!ということが、ひとつはあるに違いありません。
私のネタじゃなく、クマゾウさんが見つけたネタだから・・あせあせ

引っ張るのはこの辺までにしておいて・・・・

続きを読む

comments(13)  |  trackbacks(0)

edit  top

乳製品が〜っ!!

乳製品が値上がりしましたね。。。

もちろん、ドイツの話です。

値上がりの率がかなり高いので、買い物の度にレジのおばちゃんに向かって

ウソやろ!!

と叫んでしまいそうです。

牛乳はもちろん、チーズも、ヨーグルトも、生クリームも、クヴァークもすべて。
乳製品全てです・・・。

ちなみに、バターは約40セントの値上げ。
40セントって日本円だと65円くらいです。
一気に65円の値上げはキツくないですか。
例えば、79セントだったバターは、1ユーロ19セントになったんですよ!

ドイツの乳製品は美味しいし、安いし。。。。。
と思ってたけど、これからは決して安いとは言えなくなるな。

「乳製品ってことは、チョコレートも、高くなるっていうこと?」
・・・と思った矢先、ニュースでやっぱり同じことを言っているのを聞いて、
さすがチョコレート好きドイツ人!と感心してしまいました。

いや、感心なんかしてる場合ではなく、乳製品もチョコレートも大好きな
私は、かなり落ち込んでいます。撃沈

でも、乳製品と来たらチョコレートか・・という私の思考回路が
ドイツ人のそれと同じだったことに、軽い衝撃を感じています。。。。唖然
果たして喜ぶべきか悲しむべきか。

こういうニュースは、値上げが実行される前にお伝えしてなんぼのものなのに、
またしても事後掲載。このニュースを知らなかった方々、ごめんなさい。
事前に記事にしてれば、昨日のうちにバターや牛乳、買いだめできたのに。
あ、乳製品の買いだめは、あまりよろしくないですね。


バターとミルクたっぷりのチョコレートケーキ、生クリーム添え。
(先日のクマゾウさんの誕生日に焼いたもの)

なんにしても、これからは、こういうものもそうそう作れなくなる・・かな。
いや、かえってその方がいいのかもしれません。←クマゾウさんへの言葉。

comments(10)  |  trackbacks(0)

edit  top

祝・新路線開通〜パリまで一直線!

はい。

今日は、ドイツにお住まいの方に朗報です。
あと、鉄道ファンのみなさまにも!!

6月10日、いよいよICE(ドイツの超特急列車)のパリ行きが開通します。拍手


続きを読む

comments(27)  |  trackbacks(0)

edit  top

ドイツで最もキケンな都市

あまりネタがないので、ドイツのニュースをちょっとご紹介・・。

『ドイツで最も危険な都市』が発表されました。
大体予想は付いていましたが・・・
みなさんはどうでしょう?
そう、この街でした。

続きを読む

comments(27)  |  trackbacks(0)

edit  top

"ダニ"にご注意ください



今日はダニの話〜。
結構気持ち悪いかも。すいません。
しかし、ドイツにお住まいの方には絶対に知っておいて欲しい情報です。

ダニ。ドイツ語では、Zecke(ツェッケ)と言います。
ダニといってもいろんな種類があるのですが、ドイツの森に生息するそのダニは、それはそれは恐ろしいダニなのです。
何が恐ろしいって、このダニに刺されると・・・・

神経が麻痺し、言語障害や記憶障害が出たり、脳炎を起こして全身不随になったり、ひどいときは植物人間状態にまで陥ることもあるらしい。

最近テレビや新聞で取沙汰されているのでご存知の人も多いと思いますが、ドイツ中部から南部にかけての森ほぼ全域で、その恐ろしいダニが大発生しているのです。

毎年この時期にはいつも問題になるし、今年に始まったことじゃないけれど、年々その危険度が増しているのだそう。

先日、ドイツの人気サッカー選手、シュヴァインシュタイガーがそのダニに刺され、二週間ほど前から病院に入院して治療を続けているのですが、今期の試合にはもう出られないだろう・・とも言われています。
彼の場合は6ヶ月ほどすれば治るそうですが、それでも6ヶ月・・。
ドイツ期待の有能な若手選手、後遺症が残らないことを祈ります。

この間たまたま見ていたテレビのトークショーで、感染症専門のお医者さんがゲスト出演していて、色々説明してくれていたのですが、なんとこのダニ、一年間何も食べなくても生き続けることができるそうな・・。
核戦争が起こっても生き残るらしいゴキブリにも負けず劣らずの生命力。
そして、自分の体の200倍の血を吸うことができるそうだ。
てことは、血を吸ったら、このダニは200倍に膨らむということか・・?
気持ち悪くて想像したくもないけど。

そんなダニの写真を載せたら、この先もう読んでもらえないかもしれない。。。
でも、載せてみる。。。



ダニについて、もっと詳しく知りたいという人はこちらで専門家のお話(ドイツ語だけど・・・)をお聞きください。

そういうわけで、うちの近所にも森がありますが、ダニが怖くてずいぶん長いこと行っていません。
愛犬にも、うちの周りの散歩で我慢してもらっています。
専門家曰く、森でのジョギングもかなり危険だそうです。
ダニは飛ぶことができないため、空気中で広がることはないそうですが、例えば、地面に置いたコップにダニが這い上がり、それをたまたま手にした人の皮膚に入り込んだりするのだそうです。
ダニよけのスプレーや薬もありますが、このダニから完全に身を守るためには、ワクチンを接種することが一番らしい。

不思議なことに、北のほうには、この恐ろしいダニは生息していないのだそう。
この間、危険度が示されている地図を見たのですが、ヘッセン以南は真っ赤でした!!
ヘッセン以南にお住まいのみなさま、十分ご注意くださいませ〜!!!

花粉症に続き、これで益々外出が減りそうな予感です。。。

comments(29)  |  trackbacks(0)

edit  top

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.