トウモロコシ男と人種のるつぼ | ♪Arte Gagliano♪
«  2018.08 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  »

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-  |  -

edit  top

トウモロコシ男と人種のるつぼ

このブログの1月11日の記事(←こちらを先に読んでいただけると、この先の話が理解しやすいです)でも紹介した、お気に入りのテレビ番組、Wetten, dass..?(ヴェッテン・ダス?)

前の記事を読むのがめんどくさいと言う方のために、簡単に説明しておきます。
この番組は、あらゆる世界の大物スター(ハリウッド俳優、スポーツ選手、演奏家、オペラ歌手、アイドル、ポップスター等々)がゲストで登場し、トークを交えながら進むのですが、そこに一般参加者が登場してその人自慢の特技を披露。その技が生放送の番組内で成功するか失敗するか、ゲストが賭けをするというもの。

今回も、前回同様、変わった独創性のある不思議な一般参加者が、目白押しでした。

まず、登場したおじさん。
目隠しをした状態で、花の種の入った袋を耳元でカシャカシャ振り、その音で、何の植物の種なのかを当てるという芸を持った人。
50〜60種類、植物の種の袋がスタジオに置いてあり、司会者がその中の一つを取り、そのおじさんに渡す。
彼は、目隠しをしたまま、カシャカシャ袋を降り、「んー。この音は、ナスの種!」 とかなんとか言って、ピッタリ当ててしまうのです!

大の大人が種の袋をカシャカシャ振っている姿を想像してみてください。
しかしこの人はいったい何のためにこんなことをしてるんでしょうね。

そういった個性的な面々の中、特に印象的だったのが、この写真の彼。
名付けてトウモロコシ男

トウモロコシが鼻の穴に!

ビックリしなさんな〜っ!
お皿においてある、缶詰トウモロコシ16粒を、全く手を触れずに、舌だけですくい取り、そのまま鼻の穴に詰めていくこの青年。それも両方の鼻の穴に8粒ずつ。あわせて16粒も!
この彼の特技には、会場の観客もゲストも泣いて大喜び!

ちょうど缶詰コーンがそばにあったので、迷わず私もやってみましたよ。
絶対に無理です!皆さんも真似しない方がいいですよ。 舌がつりますから。


先ず、舌がとても長くて、柔軟でなければいけません。
鼻の下は短い方がいい。そして、穴は比較的ワイドで、やはり柔軟性が必要。
この人、何でこんな技を思いついたかというと、子供の頃、トウモロコシが嫌いで、食べたくないが為に、鼻の穴に入れてやれ〜!と・・・。 子供の考えることって凄いです。

私もそういえば、子供の頃、何故かストローを短く1センチくらいの長さに切り、それを鼻の穴に入れて、取れなくなって大慌てしたことがありました。
結局何分かあとに、思い切り大きなくしゃみをした時に、ズルズルの鼻水と共に出てきて、大事に至ることはなかったのですが・・。
私の友人の中には、鼻の穴に大豆を入れた人や、梅仁丹を入れて鼻血ごっことやらをした人もいるらしい。
子供とは、何故か、鼻の穴にものを入れるのが好きなのです。

でも、このあとのトウモロコシはお願いだから食べないで欲しい。


さて、ここで忘れてはならないのが、今回の中継地のこと。
毎回異なる地域からの放送なのですが、先日はフランクフルトにある大きなホール、「フランクフルターハレ」 からの生放送でした!

「フランクフルト!?ち、近いやんか!」

スタジオには予め選ばれた観客しか入場できませんが、視聴者が野外に集まるコーナー(番組が出すお題に当てはまる視聴者が参加できる)には、私も出られるかも知れない!

1月の放送は、デュッセルドルフからの中継で、「指定の広場に日本人が500人集まるか?」 というお題が出ましたが、さて今回は?
番組の最初に発表されるお題と集合場所を楽しみに待つ私とクマゾウさん。

★場所
フランクフルトの中心地にあるレーマー広場!



「レーマー広場っ!あそこやん!車走らせたら余裕で行ける!」


★お題
レーマー広場に、世界の各国代表サッカーチームのTシャツを着たそれぞれの国の人々が集まるか?

自国のサッカー代表チーム(日本人なら全日本チーム)のユニフォーム、またはTシャツを着て、パスポート持参で集まれ・・という意味です。


「サッカーのTシャツ!? がぁぁぁ〜ん・・・持ってない・・。」


慌てて近所に住んでいる姉や友人に電話して、ユニフォームかTシャツを持っていないか聞いてみる。でも、そこまでサッカー好きの知り合いはいなかった・・・。あ〜〜〜〜残念っ。

仕方なく参加は諦めて、私とクマゾウさんは家で大人しくテレビ鑑賞することに。
でも、やっぱりこのままじっとはしていられない!
外国チームは集まったのに、日本人だけが来なかった・・という結果になったら悲しすぎる。
そこで慌てて、フランクフルトの情報サイトで呼びかけてみた!

「今こんな番組やってます!近くに住んでいて、サッカーチームのTシャツ持ってる人、すぐレーマー広場に行ってください!」

その結果・・・・

反応全く無し。
まぁ仕方ないわ。今回は諦めよう。

この番組、ドイツでは滅茶苦茶人気があるから、朝のローカルニュースで 「今日のヴェッテン・ダスはフランクフルトからの中継!」 というのを聞いて、我が家は一日中興奮しまくっていたのだが・・。本当に無念。


そして最後にフランクフルトのレーマー広場での結果発表。
集まりました!ヨーロッパ、北米、南米、アジア・・etc..各国の人々が、自国のサッカーチームのユニフォームを着て。
日本人は、女性一人でしたが、ゼロじゃなくてホッとしました。

ここは空港とソーセージだけの街ではないのです!
そう、ここは、トウモロコシ男の街!人種のるつぼ!
こうなふうに世界が一つになる・・なんて素晴らしいのでしょう!

なんだかまた少し、この街がしみじみと好きになりました。

comments(2)  |  trackbacks(0)

edit  top

チーズケーキとホワイトデー

結婚記念日パート

スポンサーサイト

-  |  -

edit  top

comments »

実の兄
せっかくなんでここでもコメントしましょう。

どうしても、鼻に詰め物で思い出すのは
日本のコメディアンで徳○○一郎によくにた女装して歌いながら鼻から豆飛ばす人を思い出してしまいます。

レスはいりませんので。
2006年03月16日 (木) 21:54
♪Mumukau♪
◆実の兄

いや、だから、それはご本人ではなく、誰やの?
私もせっかくだから書きますが、鼻の穴というと、「10円、10円」言いながら、鼻に10円玉詰めて、「出てこ〜へん!」と言っていたコメディアンを思い出します。
コメディアンというのは、鼻に詰め物するのが宿命らしい。
2006年03月16日 (木) 22:45




 

trackbacks »

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.