チュニジアの思い出 VOL.4 〜怒り〜 | ♪Arte Gagliano♪
«  2018.08 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  »

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-  |  -

edit  top

チュニジアの思い出 VOL.4 〜怒り〜

チュニジア旅行中、色々あった、怒り怒り

その前に、また今日も、美しいハマメットの海を。。。。



この町は、画家、パウル・クレーや、建築家、フランク・ロイド・ライトなども愛したという、昔からのリゾート地・・らしい。

ドイツを出発する前に、日本語のチュニジア旅行ガイドを2冊手に入れて、しっかり読んでからバカンスに出かけた。

一つは、どこでも必ず見かける黄色い表紙の某社の旅行ガイドブック。
もう一冊は、歴史や文化や芸術にもう少し深く入り込んだ説明がされているガイドブック。

どっちも、ちゃんと読んでいったので、美術館や遺跡の見学も、予備知識があった分、楽しめたのは良かった!

上のパウル・クレーの話も、これらの本で仕入れた情報・・・。

し・か・し・・・・・

どちらの本にも、誤情報が掲載されていた。

「チュニジアは、夏時間を採用しないので、他のヨーロッパの国とは一時間の時差がある。日本とは夏の間も8時間の時差のまま。」

これ、思い切り信用しましたって!
だって、2冊ともしっかりと、そう書かれてあるんですから。


さぁ、チュニジアへ出発〜っ!飛行機
飛行機に乗り込んで間もなく、私は、本の指示通り、時計を1時間戻し、チュニジア時間に設定した。

2時間40分後、チュニス空港に到着。
目的のハマメットという町まで、バスに揺られること小1時間。

16時くらいにホテルに到着。
食事は19時から22時までの間だから・・・と、しばらく部屋で休んだのち、19時ちょっと過ぎに、レストランへ。ディナー

しかし、開店時間を数分過ぎたばかりだというのに、既にたくさんの人が席に着いていて、中には殆ど食べ終わっている人や、食べ終えて部屋に戻ろうとしている人も・・・。

「みんな早食いやなぁ。」

まだ、19時になったばかりなのに・・。

そんな中、アワ(our)ペースで、呑気に、ノロノロ、たらふく食べる、私たち。

食後、部屋に帰ってTVをつけると、4局ほど、ドイツの番組が映った。

「わ〜い♪ドイツの放送が入るやんっグッド

毎日見ているニュースや天気予報などを見て過ごしているうち、あっと言う間に時間が経ち、0時の時報(ドイツの番組内での)が。。。

「あ、もうドイツは0時やで!でも、まだここは23時やからな・・。」

「今日は、早寝ってことだね!!」

そんな会話をしつつ、そのまま眠りについた。

朝も目覚まし時計を7時半に合わせて起床。シャワー。
準備万端で、朝食へ。朝食は6時半から10時に取れば良いことになっている。

まだ8時半やから時間は、たっぷりあるなっ!」

そんなことを思いながら、レストランへ行ってみると、あまり人がいない。

「ま、ヨーロッパ人は早起きだから。」(注・このホテルの滞在者の殆どがヨーロッパからの観光客!)

「多分、朝一番に食べて、もう海に行ったんやろな・・。」

自分で、ハムやパンやたまごを取ってお皿に載せるという、ビュッフェ式の朝食。
取りに行ってみると・・・。

す、少なっ・・・。しょんぼり

いや、種類も量もいっぱいあったのだろうけど、どれも、かなり減ってしまっている。

「8時半は遅かったか〜。明日はもうちょっと早起きするか・・。」

そのうち、ボーイが、だんだんせわしなく動き出し、片付けを始めた!
まだ9時過ぎなのに。。。。

早く退出した方がいいかも・・・と、私たちもサッサと食べて部屋に戻る。

その後、海辺で本を読みながら過ごし、今度は早めに!と、昼食開始時間より30分前にレストランをチラッと覗いてみたら、もう、既に食べている人が!
まだ30分前なのに。。。。

「もうやってるやん!!予定より早く入ることも出来るんや。」

「ま、適当に早く入れてくれることもあるんだろう。」


その辺で、もういい加減気づくべきだった。

本当は、チュニジアも夏時間を採用していて、全てが、私たちの思っている時間より、1時間先を行っていたということを。

昨日の夕食に行ったのは、まだ19時過ぎ・・ではなく、もう、20時過ぎ・・だったのだ。
食べ終わってる人がいても、そりゃ不思議ではない。

テレビの時報が鳴ったとき、まだ23時・・とか言ってたけど、やっぱりそれは、もう、0時・・だった。

今日起きたのは7時半・・じゃなくて、もう、8時半・・だった。

朝食はまだ9時過ぎ・・じゃなくて、もう、10時過ぎ・・・・・・・・・・・・続く・・・。たらーっ
ボーイさんが片づけ始めたのも、そら、頷ける。

そう。時計を一時間戻す必要なんて、全くなかったのだ。

それに気づいたのは、ホテルの土産物売店で働く、謎のおっちゃん とのいきさつがあったから。

おっちゃん・・て言っても、きっと私より若かったんだろうけど。

その話は、また今度。

******************************

チュニジアの思い出 「謎のおっちゃん」

comments(10)  |  trackbacks(0)

edit  top

チュニジアの思い出 VOL.3 〜植物編〜

チュニジアの思い出 VOL.5 〜謎のおっちゃん〜

スポンサーサイト

-  |  -

edit  top

comments »

ミミ
大爆笑〜!!(ごめん〜。だって〜)
だって、鈍感すぎません???笑
飛行機の到着予定時刻はチェックされていなかったのかしら・・・。
私だったら、飛行場で必ずチェックするから。笑
2006年05月16日 (火) 16:18
いつみん
ガイドブックに書いてあったらそりゃ信じる!おまけに2冊とも〜
私も外国に旅行する時って個人旅行の場合はかなりちゃんと読み込んで行きます。信じ込んで・・・、でもそれも実は危険やね
でも、ご飯の時間とかだけでよかったやん♪飛行機の乗り換えとかだったりしたら恐ろしいことに・・・
呼び出しくらうけど
でもホテルの部屋で時計見なかったの?
2006年05月16日 (火) 16:54
Regenbogen
私もガイドブックに書いてあったら信じると思います。しかし時間が1時間ずれていたにしろ、朝食や夕ご飯を食べそびれなかったのはラッキーでしたね。日本のガイドブックには是非”けち”を付けて下さい。
2006年05月16日 (火) 17:58
♪Mumukau♪
◇ミミさま

ハイ。鈍感が取り得のわたしたち。笑
でもね。チュニジアの空港は、日本やヨーロッパのと違って、まだやっぱり発展途上(?)なのか、時計が見あたらなかったの〜。
そして、チュニジアに着いたときから、もう心はバカンスモード(時間なんてあって無いようなもの)・・・・。そうでないと、バカンスする意味がないからね♪
と言い訳してみる・・・。笑


◇いつみんちゃん

そう言えば、ホテルにも時計は無かったわ!
バカンス中って、誰も時間のこと気にしないってことなんだろうかね。

実は、他にもこの時差のせいで、問題があったんだけどね。て言ってもそれも、ま、旅の楽しい思い出。。。
ホント、飛行機に乗り遅れたりしたら最悪だけど、それは免れたので、ホッ・・。



◇Regenbogenさま

やっぱり、そうですよね。
こっちで売っているガイドブックもチェックすればよかったんだけど・・・。
これは、ガイドブックの出版社に、絶対投書しなくては!と思っています。
1時間の時差って、休暇中の人にとっては、そんなにたいした問題じゃないけど、これ、普段の生活で、同じ間違いをしていたら、かなり、ヤバい。。。。。
2006年05月16日 (火) 18:28
ミミ
そっか、そっか、時計が無いのなら仕方が無いよね。
ホテルにも無いなんて、さすがバカンスの国ですね〜。
それにしてもこの日記、大笑いしました!!爆
2006年05月16日 (火) 20:35
フィガロ
はあっ、、、海きれいですね〜〜。そのすげがさのようなものはそちらのビーチパラソルなんでしょうか。
二冊のガイドブックにそう書いてあったら信じちゃいますよねー!なんでも疑ってかからないといけないんですね。(^^;
2006年05月16日 (火) 21:00
ako
続きが楽しみです!(笑)わくわく
2006年05月16日 (火) 21:09
♪Mumukau♪
◇ミミさま

大笑いありがとう♪
でも、それって、喜んでいいのか・・・。


◇フィガロさま

すげがさ!そうです。ビーチパラソルです。
この、すげがさが、ずら〜っと何本も等間隔に並んでいます。
今気づいたけど、結構存在感ありますよね。このすげがさ・・・。


◇akoさま

ありがとうございます♪
本当は、一度に書いてしまいたかったんですが、長くなってしまいそうだったので。。
長いと、読むのも大変ですもんね。
これから、続きを書かなくちゃー。
2006年05月17日 (水) 01:56
びってひぇん
う〜む。私なら機内で機長から現地時間のお知らせがあったときに変えてしまうんだが。。。。

でも差が1時間でよかったよね。2時間だったらもっと慌てたかもよ!
2006年05月17日 (水) 05:50
♪Mumukau♪
◇びってひぇんさま

結局、ドイツとのチュニジアの間には時差がないのです。だから、飛行機内での機長からのお知らせもあるわけがないんですね〜。
それなのに、律儀に変えてしまった私たちがバカだった!?
でも、ガイドって、当てにならない事が、これでわかりました!
ホント、一時間だけの誤りだったから助かったよ。
2006年05月17日 (水) 07:27




 

trackbacks »

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.