女性ファッション誌考察☆ | ♪Arte Gagliano♪
«  2018.06 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  »

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-  |  -

edit  top

女性ファッション誌考察☆



とうとうミセスを買ってしまいました。

ミセスって言ったら、子供の頃、母が読んでいた女性誌ですよっ!
そして、うちのクマゾウさんのお母さんも、購読していたらしい。
いわゆる、主婦のためのファッション&生活情報誌。

きっと、私と同世代の方のお母さんは、みなさんミセスを読んでいらしたのでは?
今でこそ、腐るほどの女性誌が世の中にはあふれているけど、当時(1960〜70年代ごろ)は、まだそんなに、女性誌の種類がなかったから。

そして、これまた、みんな一度は経験があると思うけど、その、ミセスの表紙に落書きをして遊び、母に怒られた!

現代の雑誌と同じように、表紙は、モデルや女優だった。
そのモデルの顔に落書きして遊ぶのです。
眉毛をつなげたり、ほくろをつけたり、鼻毛を書いたり、鼻水を垂らしたり。お歯黒にしたり・・・。
みんなやりましたよね?

今は、さすがに、もうやらないけど、子供のころって何故あんなに顔に落書きするのが楽しかったんだろう。
高校生の時は、西洋音楽史の教科書の、シベリウスの顔に落書きして喜んでいたら、それがたたったか、シベリウスを試験で弾いたら、結果がものすご悪かった。たらーっ

さて、ミセスの話に戻るけど、ミセスを自分が読むことになるとは・・・。
だって、おばちゃんの読む雑誌だとずっと思っていたから。

でも、実際買ってみると、とても面白い雑誌だということが判明!
今まで、いろんな女性誌を買ってきたけど、なかなかこれというのがなかった。

数え切れないくらいにいっぱいあるけど、日本の雑誌は、なんか、ヘンな傾向がある。

芦屋市在住、アパレル勤務、○×△子さん・・。
目黒区在住、主婦、□×○美さん・・。
とかいう風に、誰やねん!それ・・ というような素人が紙面に登場し、頭のてっぺんから足のつま先までを、見事にブランド物で固めて、それを自慢する・・という内容がほとんど。

ハリウッド女優とか、モデルが載っていて、そのファッションを参考にする・・というのではなく、あくまで読者が、自分と同じような、普通の、でもちょっとリッチな人がしている格好や、メイク、髪型、持っている物、住んでいる家、生活の様子・・などを見て楽しむ(・・楽しいか?・・)というような構成になっている。

でも、普通の人は、そんなにブランド物ばかり買えるわけがないので、そんな雑誌に出ている、ちょっと金持ちのお洒落なOLや、主婦を見て、「いいな〜」 という憧れを抱き、それと全く同じものを買って満足するか、私のように、「アホちゃうか〜」 と、毒舌吐きながら(でもやっぱり羨ましがっている?!)ページをめくる。(・・という、タチの悪い読者も沢山いるはず。)

私は、もういい加減、そういうチャラチャラした雑誌には満足できなくなったので、最近は、ドイツのファッション誌を買って読んでいた。

第一、知らない普通の人が、どこに住んでるか、どこの美容室にいっているか、どんな生活をしているか・・そんなことを知っても、何の糧にもならない・・。
どうせなら、バリバリ活躍している有名人や過去の偉人の、人生観とか、もっと為になる話を聞きたいし、ファッションも、もっと知られざる・・というものを紹介してくれている方が、自分のためになってよっぽどいいのに。

ちなみに、ドイツの女性誌では、日本のように、素人が出てきて、そのファッションを紹介しているものは、見たことがない!
モデルや、女優のファッションやメイク、ライフスタイルを紹介するのがほとんど。
でも、たまには日本のも読みたい!
そう思って何気なく買ったのが、このミセス。

今月号の内容は、作曲家の武満徹、建築家の安藤忠雄、作家の司馬遼太郎などなど・・・。
なんてアカデミックなんだろう。
もちろん、ファッションも載っているし、主婦の雑誌だから、お料理も。。。
そして、ディオールの宝石デザイナーや、一流女性シェフのインタビューなども掲載されていた。

子供の頃の私には、ミセスは、おばちゃんの雑誌だったのに、なんだぁ、結構面白いではないか!
私たち世代のお母さんは、みんなこんなのを読んでたんだ!
それに比べて、今のチャラチャラしたのは・・・。

でも、ここまで馬鹿にしておきながら、時々その、チャラチャラしたものも読んでみたくなるのです〜。
それが、女性のサガなんでしょうか・・。

さて、みなさんは、上から下までブランド固めの素人自慢ショーか、ちょっと知的、文化的なミセス的雑誌か、はたまた外国系のカッコいいお洒落なのか・・どれがお好き?

comments(16)  |  trackbacks(0)

edit  top

チュニジアの思い出 VOL.5 〜謎のおっちゃん〜

チュニジアの・・・ VOL.6 〜カフェと水タバコ〜

スポンサーサイト

-  |  -

edit  top

comments »

ミミ
「ミセス」!!懐かしい。母が愛読していました!笑
今でもあるのですね!
でも・・・私は落書きなんてしたことありませんよ。爆
雑誌ね〜。私はお料理雑誌以外、全く読まないです。
2006年05月18日 (木) 07:59
♪Mumukau♪
◇ミミさま

わ!やっぱり!!お母様、ミセスを読んでらしたんですね♪
今もあるんですよ。雑誌の表紙の「ミセス」という文字のフォントが、今も昔も同じように思うんですが、どうなんだろう・・・。
料理雑誌も好きです。ドイツは、どういうわけか、料理とインテリアの雑誌が、驚くほど豊富ですよね!
2006年05月18日 (木) 08:55
けいこ
私の母がファッション誌を眺めてる、て姿が想像できません。全く興味がなさそうでした。
新聞の写真に落書きは私は今でもやります。
で、私ですが中央公論社がまだ元気だった頃のマリ・クレールを眺めてましたね〜。結構好きでしたよ。今は本屋に行くことすらめんどくさいんですが・・・。
2006年05月18日 (木) 11:40
うちの母は 暮らしの手帳 でした。世代の違いか?(苦笑)
わたしは女性誌は月刊も週間も美容院へ行った時しか読まないってことに、いま気付きました。
ミセス、今度みてみます〜
2006年05月18日 (木) 15:04
びってひぇん
あはは!!以前♪Mumukau♪さんのお宅へお邪魔したときに私たちさんざん雑誌の内容に「ケチ」つけたよね!!!
「イン・スタイル」以外は雑誌は買っていないのだけど、日本へ帰ったらミセス関連のもの見てみよう〜。
2006年05月18日 (木) 15:40
いつみん
私もふざけたお子であったが落書きはしなかったな〜
そして、私の母は「ミセス」ではなくて「家庭画報」というのを読んでいたかもしれん。
雑誌ってなんとなく買ってしまうねんね。でもMumukauちゃんみたいにいっぱい持ってな〜〜い。
私が最近読んでいるのは、「In Red」ってのと「GINZA」ってお姉さん雑誌!ミセスになったら即効ミセスに変えるわなっ♪
2006年05月18日 (木) 19:53
フィガロ
ぎゃ!♪Mumukau♪さま、すみませぬ。↑の書き込みにある「けいこ」と言うのはワタクシです。
ホント、頭腐ってます。トホホ・・・。
2006年05月18日 (木) 21:24
♪Mumukau♪
◇けいこさま

私の母も、さすがに今は眺めてないと思います。笑
若い時は洋裁をしていたから、きっと、参考にしていたのでしょう。
落書き!仲間ですね♪今もなさいますか!なんであんなに楽しいんでしょうね。
マリ・クレールは、今は出版元が変わったんですね〜。

ところでけいこさんって・・・?ハンドルネームを変えられたのでしょうか?


◇?さま〜

お名前が・・・・。
暮らしの手帳は、各社の家電製品や台所用品などを集めて、どれがよいか実験比較するコーナーがとても好きで、子供ながらに楽しんだ記憶が。。。
今もあるんでしょうか。見てみたいかも。


◇びってひぇんさま

そうだったね。
インスタイルは、ドイツおよび世界の芸能情報に詳しくなれそうだけど、ドイツにも、もうちょっとステキな雑誌がありそうな気がして、探してるところです。
一つちょっといい感じのを見つけたんだけど、でも読むところが多くて大変・・・。


◇いつみんちゃん

家庭画報も見た記憶あるなぁ。
今もあるよね。ものすごい重量感のある雑誌・・・。もうちょっと年を重ねたら、そっちに格上げ(?)するかも!

この写真は私の雑誌じゃないよ〜!サイトで見つけて、貼り付けただけなのです。
さすがに、こんなには持ってないわ!
そのうち、ミセス仲間になりませう!笑


2006年05月18日 (木) 21:33
♪Mumukau♪
◇フィガロさま!

やっぱりそうでしたか!
毎回コメントいただいてるから、きっとそうかな・・と思いましたよ〜。
2006年05月18日 (木) 21:36
いつみん
よかった〜、よっぽど私より日本な読書事情やん♪と思ってました
2006年05月18日 (木) 22:29
Regenbogen
私は落書きしなかったな〜。と言うより私の母は園芸とか料理の本を読んでいましたね〜。今でもそうですが、、。だから落書き出来なかった、、、。!?
私も最初はミセスとか家庭画報とか手にする事はありませんでした。でも読むと以外と面白いんですよね〜。若者向きの雑誌より充実している様な気がします。病院の待ち合室に置いてある物にはついつい手がでます。
2006年05月18日 (木) 23:43
♪Mumukau♪
◇Regenbogenさま

そうそう。充実していますよね。読むところが多いの。写真のきれいな雑誌も大好きなんだけど、ドイツにいると、やっぱりせっかく日本の雑誌なんだから、読むところが多いものに惹かれてしまう・・。

うちの母は洋裁の先生だったから、きっとうちにはファッション誌が多かったのだと思います。
料理の本は私も読んでいます!というより見ている?!
園芸もいつかできるといいんだけどね。
2006年05月19日 (金) 02:01
ako
名なしのごんべはakoでございます〜。
ごめんなさい。
テストだったら0点だー。
よかった、大人で(苦笑)

昨日息子を連れて行った皮膚科の待ち合い室で、家庭画報 を読みました。デカくて重かった・・・
2006年05月19日 (金) 11:17
♪Mumukau♪
◇akoさま

テストじゃないですからいいんですよ。
そうかな〜と思っていたところでしたし。

病院にも、美容院にも、婦人雑誌ありますよね。
家庭画報は確かに重いです。それこそ読むところがいっぱいありそうですけど。
2006年05月19日 (金) 23:57
naka
あら、わたしミセス買ったことあるわよ。 センスいいよね。結構好き。 ちょいお高い雑誌ですが・・
2006年05月21日 (日) 02:02
♪Mumukau♪
◇nakaさま

nakaさまも読んだことあるんですね〜♪
そうそう、ミセスって高いよね。1000円・・・。ドイツで買ったら、倍とは言わないけど、かなり高くなるのです。。。
ほんのたまにだけの、ちょっとした贅沢です。
2006年05月21日 (日) 09:17




 

trackbacks »

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.