芸術と音楽の旅 〜バウハウス in デッサウ | ♪Arte Gagliano♪
«  2017.05 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  »

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-  |  -

edit  top

芸術と音楽の旅 〜バウハウス in デッサウ

デッサウのバウハウスベルリンへたどり着く前に・・・。
デッサウに寄ったのですよ。
本当は、行きはフランクフルトを出たあとずっと西側を上がってベルリンへ入り、戻る時に東側を通って帰ろう思っていたのですが、間違えて早々に東へ入ってしまったため、折角なのでバウハウスを見学してみようということになり・・。

芸術鑑賞の一つめは、そのBAUHAUS
・・ってドイツ中で見かけるホームセンターのBAUHAUSのことじゃぁありませんよ。
バウハウス建築はユネスコ世界文化遺産にも指定されていて、そのシンプルな建築デザインは、世界中で人気を集めています。

その時代の音楽家は・・・ベルク、シェーンベルク、ウェーベルンなどなど。
ウェーベルンと言えば!!弦楽四重奏曲の作品で、「6つのバガテル」と名づけられた、1人で完璧に弾けるようによ〜く練習しておいても、4人で弾くと突然何かにとらわれてしまって全く弾けなくなってしまう(私だけ?・・ってことは無いはず)という世にも恐ろし〜い曲を思い出します。
ウェーベルン:弦楽四重奏曲作品5、9、28 他
ウェーベルン:弦楽四重奏曲作品5、9、28 他

この曲何度弾いてもスリル満点です。ジェットコースターどころの騒ぎではありません。めちゃくちゃ短い曲なのに。
聴くにはとても面白い作品ですが、私は演奏会でこの曲を弾くときは毎回、綱渡りをしてる気分でした。冷や汗 
・・あ、こんなこと公言していいんかな?

得意の脱線をしてしまいましたが、バウハウスでは、そこの財団のガイドさんが、なかなか興味深いお話を交えてその様式について細かく説明して下さいました。
幸運にもお天気が良く、バウハウスの特徴の一つであるたくさんの大きなガラス窓が太陽の光にキラキラ輝いていて素敵でした。

バウハウスの出発地点、ワイマールにも行きたかったのですが、今回は断念し、いよいよベルリンへ出発。

comments(0)  |  trackbacks(2)

edit  top

芸術と音楽の旅〜ベルリンは遠かった・・・。

芸術と音楽の旅〜NHK交響楽団 in ベルリン

スポンサーサイト

-  |  -

edit  top

comments »





 

trackbacks »

ドイツファン
デッサウ
デッサウデッサウ(Dessau)はドイツ連邦共和国の都市。ザクセン=アンハルト州に属する。1925年より、バウハウス(現代芸術に大きな影響を与えた美術学校)が置かれたことでも知られる。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Wikipediaより引用- Arti...
2005年11月11日 (金) 05:22
ドイツがすごい
ドイツがすごい
エルベ川とムルデ川の合流点近くに位置している。近隣の都市としては、約55キロ南にライプツィヒ、55キロ北西にマクデブルクが位置する。また、宗教改革の舞台として知られるヴィッテンベルク(正式にはルターシュタット・ヴィッテンベルク)が約30キロ東に位置している
2007年06月28日 (木) 17:42

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.