ネクタイにご用心っ! | ♪Arte Gagliano♪
«  2018.06 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  »

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-  |  -

edit  top

ネクタイにご用心っ!

今日から、カーニバルもいよいよ本格的になってきました。



カーニバルに命をかける、カーニバルのクラブ(というものがあるのです)の方たち曰く、「一年は四季ではなく、五季」。
カーニバルも立派な季節の一つということです。
その五つ目の季節の始まりは、11月11日の11時11分。

そして、今日はというと、男性はご用心!
「ネクタイをちょん切られる日」・・だったのでした。(ご用心!って、終わってから言われても仕方ないわな。)

これも、カーニバルのなかの一つの行事なのですが、カーニバルの仮装パレードが行われる「ローゼンモンターク」(バラの月曜日・今年は2月19日)の前の木曜日である今日は、女性が一番エライ日。
女性はなんもしなくていい日!ということで、女性たちは、この日の11時11分に男性の締めているネクタイを切るため、いざ出陣!!!
市庁舎で、会社で、道行く人や車を運転している人までもが狙われます。


「ネクタイ、ネクタイ!ちょん切りに来たでぇ〜っ!!」
(あの・・この方女性なんですね。ちょっと怖い。。。)

デュッセルドルフ市長さんも!
デュッセルドルフでは、市長さんも犠牲(?!)に(↑)。

そういえば、デュッセルドルフに住んでいたころ、クマゾウさんも言ってました。
「今日はネクタイをちょん切られるから、一番安いのををしていかなくちゃ。」

そらそうだ。こんな日に、お気に入りの大切なネクタイをしていったら大変だ!
勿論、男性陣はこの日のイベントを知っているので、みんな切られても構わないネクタイをしていくそうですが、うっかり忘れていた人はお気の毒。

これって、デュッセルドルフでは、お馴染みの行事だったのですが、今日、ヘッセン州のローカルニュースを見ていたら、同じことをやっている様子が放映されていました。
やっぱりどこでもやるのですね。お祭り好きだなぁ。
ドイツにお住まいの皆さんの地方、または他のヨーロッパの国ではどうだったのでしょう?

カーニバルが盛んな地方に住む友人が書いていたのだけど、今日、街を歩いていたら、仮装した人でいっぱい!!仮装をしていなかった彼女の方が、よっぽど目立ってしまっていたそう。笑

私が思うに、カーニバルは、年間の行事の中で、何よりも盛大なお祭りなのでは?
クリスマスよりも、イースターよりも、ずっとずっと。
いつもブスッとしてるドイツ人でも、この五つ目の季節だけは、みんな本当に「バカ」になるし。

これからクライマックスに向けて、カーニバルクラブ所属の皆さんは大忙し。
しかし、よくもまぁ、毎年あれだけ頑張れるものです。
・・と冷めた目で見てる私も、実は昔、日本でカッパになったりウサギになったりしてた(知る人ぞ知る)ので、人のこと言えませんわな。ははは。

comments(16)  |  trackbacks(0)

edit  top

ベルリーナー・プファンクーヘン

ドイツ映画、アカデミー賞受賞!

スポンサーサイト

-  |  -

edit  top

comments »

のだめ。
去年は全然知らなかったんですが、今年はラジオで言っているのも少しわかったし、出張先のお客さんが言ってたのでやっと知りました!
益々お祭り気分ですが、”ネクタイを切る日”ってなんか名前があるんでしょうかね?カレンダーにはのってないし。。。
2007年02月16日 (金) 07:10
ミミ
今晩は、近所の居酒屋もかなり賑わっています。
酔っ払いも多いし、あぁうるさい!笑
でも、一見生真面目そうなドイツ人が仮装をして騒いでいるのを見ると、「まぁたまにはいいか。。」と思ったりもするけどねー。

のだめ。さま
私の住んでいる地方では、「Weiberfasching」という名前がついています。

2007年02月16日 (金) 07:58
♪Mumukau♪
のだめ。さま

そちらの地方でもやっぱりあるのですね。Stuttgartにいたころは、パレードくらいしか知らなかった。。。のだめ。さん、さすがです!
ミミさんが書いてくれたけど、地方によって、色んな言い方があるんですね。

“Weiberfastnacht, もしくは、(Alt)weiberfasching, Altweiber, Weiberfasching, Altweiberfastnacht または Wieverfastelovend (Kölsch=ケルンの方言), Aalwiewer (Krieewelsch=クレーフェルト地方の方言) ”

と、載っていました。

面白いのは、ミュンスターより北の地方では、カーニバルのお祭りはないんだそう。(でもハノーファーのデパートには仮装用の衣装が売ってたとか・・。最近は変わってきたのかもしれませんね。)
カーニバルって、カトリックの御祝いなんですが、北の地方は、プロテスタントが多いから・・という理由らしいですよ。
これはさっきまで私も知りませんでした〜。笑



ミミさま

情報ありがとう。ミミさんの日記を見ていて、面白い話だなーと思って、このネタをいただきました!
オケの人もネクタイ切られるのかな? あ、ネクタイなんてしてないね・・・。笑

町なかは、相当うるさくて大変でしょうね。
そちらカーニバルの本場では、パレードも豪華で見学(?)のし甲斐もありますよねー。あ、見学じゃなくて、参加(!)するんでしたね。笑
2007年02月16日 (金) 17:40
のだめ。
ミミさん、有難うございます!

♪Mumukau♪さんも有難うございます!

うちの課の秘書さんに聞いたら、Gruendonnertstagというらしいのですが、調べたらイースター前の木曜日だとあったのでちょっと考え込んでしまいました。

シュトゥットガルトは盛り上がらない地域らしく、平常どおりの静けさです。。。
2007年02月18日 (日) 09:10
♪Mumukau♪
のだめ。さま

とんでもございません。

Gruendonnerstagは、のだめ。さんが調べられたとおり、イースターの話ですね。
その秘書の方は、多分、イースターとカーニバルを混同されてるのでしょう。。Gründonnerstagは、Karfreitagの前日の木曜日のなのだそうです。なので、もうちょっと先ですね。
きっと、カーニバルがあまり盛んな地域ではないので、間違えて覚えてらっしゃるのかも・・・。それにしても、カーニバルの重要性の地域の差というのがよく現れていて、面白いなーと思いました!
2007年02月18日 (日) 19:09
amy
えええ〜〜!!?「ネクタイを切る日」ですか?
ドイツには面白いお祭りがあるんですねー。
それは男性はどきどきしますね。
でも街中の男性のネクタイがみんな切れてるっていう状況も面白いかも・・。カーニバルの時期が季節の一つとして扱われるとは、ドイツ人は生真面目なのかと思っていましたが、結構お祭り好きなんですね。
2007年02月19日 (月) 20:11
♪Mumukau♪
amyさま

カーニバルだけは特別ですね。唯一誰もが羽目を外せる日・・。笑
カーニバルのくらいマックスで、一番の見どころの、仮装行列、まさに今やっています。
ドイツの三大地域の様子はテレビでも全国放送で流れています。かなり凝った山車もいっぱいで、ケルンだけでも、今現在(始まったばっかりです)で、100万人の人出!仮装行列参加者は、1万人ということでした。スゴイですよね。笑
ドイツ人は、これで、春の訪れを一足早く感じているのかもしれません。
2007年02月19日 (月) 22:40
ようこ
私もうさぎになったことがあります。それも全体的に露出系の…
桶ではサンタクロースの季節には、まあ、そんな格好もしもってのコンサートなど、夏にはまあ夏らしい格好をしてのコンサートと、やってることは、実は、割とお笑い系かもしれないなぁ。
こういうカーニバル的なことを、もっとせないかん!と、なぜか強く思うこの頃の私なのだ。なんだか「軽く生きてけ〜!」、みたいな。
2007年02月20日 (火) 00:02
mimose
確かにカーニバルは、「羽目をはずせる日」ですよね。
しかし、この大きなハサミを持った女性は迫力ありますね・・・
ここまでの人はあまりお目にかかったことはありませんが。

主人も当然ネクタイ切られました。
切られたネクタイは、戦利品のごとく会社に飾られるそうです。(その日だけですが。)
2007年02月20日 (火) 03:57
♪Mumukau♪
ようこちゃん

露出系のウサギですか。私のは、気持ち悪い系です(なんやそれは)。
え!?オケ、お笑い系なんですか?楽しくていいですね〜。
来年は、皆さんカーニバルの衣装を身に付けて演奏してくださいませ。こっちのコンサートはどうだったんだろう・・・さすがにそれはなかっただろうけどね・・・・・。
でも、普段真面目にTVでニュースを読んでいる堅めのアナウンサーは、仮装をして、方言をしゃべりまくって、騒いでいた・・・。楽しそうだった。人生楽しくいかないとねぇ。



mimoseさま

ご主人、ネクタイ切られてしまったんですねー。たくさんの切られたネクタイが飾られたことでしょうね!
そちらは今日も大変な騒ぎだったのではないでしょうか・・。
こちらは、一日前の日曜日がパレードだったらしいですが、悲しいくらいに、何事もなかったかのように終わってしまいました。私は、仮装した人も、一人も見ませんでしたし・・・。
地域でこれだけ差があるのって面白いですね。
2007年02月20日 (火) 04:32
penguinophile
地域によってずいぶん差があるものですね。
去年からたまに仮装集団=カーニバル協会の人達を見かけるたび、「踊る阿呆に見る阿呆、同じ阿呆なら踊らにゃ損損」というフレーズが、脳裏をかけめぐっておりました(笑)。昨日はアーヘンで見物しましたよ。損な見る阿呆止まりですが。

私が住んでいるのは田舎町なので、ケルン等に比べればずーっと大人しいものだと思いますが、それでも先週の木曜日や日曜日は、家から一歩外に出れば、仮装した人を一人も見ずに一日を終わらせるのは、難しかったでしょう。今日も藁人形いたぶり集団が大音響で家のすぐ前を行進しました。
2007年02月21日 (水) 01:13
♪Mumukau♪
penguinophile さま

アーヘンの様子、先ほどブログで拝見しました。やはりライン地方は違いますね。
私もなんだかんだ言って懲りずに毎年テレビで見ています。
来年はせっかくですから、penguinophileさんも仮装してパレードに参加なさってはいかがでしょう?笑
明日、灰の水曜日までは、まだお祭り騒ぎは続くのかな〜。

それと、TBの件、私もエキサイトのブログのほうで同じ設定にしているのに、すっかり忘れていました!了解です。
2007年02月21日 (水) 01:46
りんごだいすき
カーニバルたのしそうだね。
日本のお祭りと違って、カラフルだし・・・。
いいな!いいな^^
2007年02月23日 (金) 05:45
♪Mumukau♪
りんごだいすきさま

日本の迫力あるお祭りの御神輿なども凄いと思いますけど、確かにそれとはまた違った魅力がありますね。
たまに見るには、楽しいです。笑
何しろ、命がけの気合いが入っていますからね。笑
この水曜日でお祭りも終わりましたが、本来なら、この後は、断食が待っているはずなのです・・・。
でも、きちんと断食しているドイツ人って、どれくらいいるのか・・。
2007年02月23日 (金) 06:50
橋屋 渡月
 いや〜、面白い風習があるもんですね。やっぱり世界は広いな〜。私がもしドイツに住むことになったら、うっかりしてお気に入りのネクタイを切られるなんて羽目になること間違いなしです。
 
2007年02月25日 (日) 00:55
♪Mumukau♪
橋屋渡月さま

「うっかりして」だったのか、「知らなかった」のかはわかりませんが、ネクタイを切られた男性が、訴訟を起こしたことがあるそうです。でも、このカーニバルの行事は、誰もが知っているお馴染みのものであるが故に、裁判ではその男性が負けてしまったという実際のエピソードがあるそうです。それくらい、国民的なイベントなんですよね。
この時期ドイツにいらっしゃるときはお気をつけて!笑
2007年02月25日 (日) 01:54




 

trackbacks »

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.