プラダを着た悪魔 | ♪Arte Gagliano♪
«  2018.06 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  »

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-  |  -

edit  top

プラダを着た悪魔



映画、『プラダを着た悪魔』
ドイツでは、"Der Teufel trägt Prada"

ものすごく話題になったので、観た人も多いだろうなぁ。
やっぱり映画には行けなかったけど、ドイツでは、DVDが3月5日に売り出されたので、早速観てみました。

ネタバレ無しですので、まだ観てない人もご安心を。



ブランドには、全く疎くて、ほとんど興味がない私ですが、それより何より、この作品のメッセージは、ファッションとかオシャレとか、そんなところにとどまらないので、私と同様、「ブランド興味なし!」という人にも是非、おすすめしたい作品。
ブランドに興味ありの人は、服からバッグから靴から髪型から、実際にファッションデザイナーやスーパーモデルも出てくるし、ポカ〜ン・・と口を開けて、なーんも考えずに見てるだけで、そりゃ〜もう楽っしい作品だと思います。

さて、あらすじですが、まとめるのが下手なので、またgooより引用。

大学を卒業したばかりのアンディの夢は、ジャーナリストだ。しかしそんな彼女が、ひょんなことから就いたのは、NYの一流ファッション誌の編集長アシスタント。多くの女性が憧れる職業かもしれない。でも当のアンディには興味ゼロの世界。果てはジャーナリストになるため!と職場に向かったのは良いけれど、彼女が手にしたアシスタント職は、生易しいモノではなかった。超カリスマ的な存在として君臨する編集長のミランダは、まさに「プラダを着た悪魔」だったのだ。

ヒロインの、アン・ハサウェイは、お目めくりくりで(お口もデカデカだけど)もの凄くかわいい。そして、なんと言っても、「プラダを着た悪魔」である上司役のメリル・ストリープがスゴイ。
14回もオスカーにノミネートされた人だけあって、悪魔っぷりが、それはもうお見事。
ふと見せる、ウラの感情とか、ああいう細やかな表情を、コメディータッチの作品の中でも出せる女優さんってなかなかいないと思う。
ブラボー。

そして、私の作品に対する感想はといいますと・・・。

あまりにも、数年前まで、自分の置かれていた環境とそっくりなのに、先ず驚く。
いや、もちろん、設定は全然違います。あんなにきらびやかでオシャレな業界じゃないし。笑
正確には、ああいう環境での「心理状態」がそっくり・・だった。

がむしゃらに頑張るヒロインが自分みたいで、涙が出てきそうになった〜。
いや、もちろん、間違っても私はあんなにかわいくはないし、若くもないし、賢くもないし、デキル娘でもないけどね。笑
(どっちかっていうと、意地悪な上司のほうに年齢も近い?ってことはないか〜)

あ?これって、涙を誘う作品ではないはずなのだが・・・。
でもそれくらい、数年前の自分と同じ心境(環境)で働き、そして、仕事とプライベートの間で悩むヒロインが他人には思えなかった〜。

一瞬華やかに見える世界。でもそのウラでは、ほとんど死んでたり・・。笑

あんまり深くは語りませんが、プロっていうのはそういう世界。
そして、ああいう悪魔みたいな上司も、やっぱり必要なのだ。
いや、別に私は、意地悪上司の下で働いていたわけではないけどね。笑

しかも、最後の最後に彼女が選んだ道が、私とまたダブるのが、嬉しい。

「キャリアアップと大切な家族や友達、どっちを選ぶか。。。」

この作品を観たら、「自分の選択は間違ってなかったわ〜!」と妙に嬉しくなった。

ファッションやブランドに興味がないし・・・と、この映画を敬遠してる人がいたら、それは間違い〜。キャリア志向の女性と、仕事とプライベートどちらを選択すべきか悩んでいる人に是非に観て欲しい作品でした。
特に、一人で頑張って、今の状態と将来に悩んでいる女性に!
(数年前まで私もそうだった・・)

それから、なんと言っても、オシャレというものを忘れてしまっている、ドイツ長期在住の、ダサダサおばちゃんにも!
あ、それって、私のことか。

comments(7)  |  trackbacks(0)

edit  top

麦コーヒー/Malzkaffee

アウトバーン時速200キロ〜っ!!

スポンサーサイト

-  |  -

edit  top

comments »

のりこ
文面から、Mumukauさんがものすごく感動(というか共感)して、テンション上がってる状態なのがよくわかりました!

私も観てみよう!
2007年03月07日 (水) 23:43
♪Mumukau♪
のりこさま

あ、わかりましたか〜!笑
ネタバレ無しって書いたけど、よく考えたら、わたしのことを知っている人にとっては思い切りネタバレになってますねー。結末云々が・・・。
すいません。でも、そういうの抜きでも面白かったです。
観たら感想聞かせてねー。
2007年03月08日 (木) 00:01
mimika
もう♪Mumukau♪さんたら私の心理状況を読んでる!?。。て程タイムリーな話題ばかり!!実は先日の投稿で話題にされていたMalzkaffee、妊婦になってからどうも美味しくコーヒーが飲めない。。。だけど便秘解消の為にはコーヒーが手放せないのでしかたなくカフェインフリーのものを買って飲んでいました。それでもうそのコーヒーも底をつきそうだったので『さて、買い足すべきか。。。』と思っていたところにこの話題!!勿論今日dmで買い求めて来ましたよ〜♪ そして公開当初から気になっていた(でも昨日映画館のタイムテーブルを観たら当然もう終わっていて。。。泣)この映画も早くもDVDになっていたなんて!!買っちゃおうかしら^^イヤ、その前に今週末にでもレンタルビデオ屋に行ってみます!メチャメチャ楽しめそうな映画ですよね〜☆毎回役立つ情報ありがとうございま〜す♪
2007年03月08日 (木) 01:03
♪Mumukau♪
mimikaさま

本当、Malzkaffeeは今のmimikaさんにピッタリですね!
コーヒーと比べたらやっぱり別物ですけど、ご出産の前後は、これで気を紛らわせてください。笑
便秘解消は・・・コーヒーって確かにお通じがよくなりますよね。これはどうでしょう。効果に期待したいところですね。

プラダを着た悪魔、ぜひ、ご覧下さい。
アメリカの人気テレビドラマ、Sex and the Cityを手がけた監督の作品だけあって、オシャレで楽しい映画でしたよー。ファッションももちろんですが、ニューヨークの町並みも素敵です!
2007年03月08日 (木) 02:05
ぴあちゃん
ブランド大好き女の私は映画公開と同時くらいに見に行きました。
面白かったー。でもやっぱりDVDも買お。
アン・ハサウェイ、超かわいかった。
あ〜〜ん、私もいっぺんでいいから上から下までシャネル着てみたい。

でもあの映画をしっかり閉めてたのはやっぱりメリル・ストリープの存在ですよねー。最初の登場からすごかった!

むむかうさんの数年前って、そんな感じだったんですねー。そうかー。
若い頃はぜんぜん迷わなかったものが、トシ取ってくるにつれて
選択していかないといけないことが節目節目に出てきますよねー。
ま、それが人生ってもんなんでしょうな。
2007年03月08日 (木) 20:10
カタカナ
私も映画館で見ました!
この世にあれに近い職場があるかと思うと驚愕です(笑)
最後は予想外でしたが、
よい意味で裏切られた感じがよかったです!
それとトップに立つのは孤独だなあと思いました。
うちの女上司がまさにそうです。
2007年03月09日 (金) 00:55
♪Mumukau♪
ぴあちゃんさま

ブランド好きとあれば、そりゃ、多分私の5倍くらいは楽しめたのではないかと思います〜。笑
>数年前までそんな感じ・・
あんな豪華なファッションは別の世界ですが、泣きながらもがんばって、でも今自分のやっていることに疑問を持ったり、過去の自分を思い出したり・・。ああいうシチュエーションが、まさに。(笑) あー、懐かしい。

程度に違いははあれども、きっとどんな世界でもあるんでしょうねー。
仰るとおり、人生っていろいろ難しいですが、それでこそ、生きる楽しみも倍増するんだなーと思います。



カタカナさま

結末は、私も、とても気持ちよかったです。笑
この映画みたいにわざと過酷な、できっこない(であろう)課題を出したり・・・それによって、能力を試すことって、本当にあるんじゃないかと思います。どんな世界も厳しいですよね〜。

>トップに立つのは孤独だなあと思いました。
ほんと、そうですよね。それに負けないくらいの精神力がなければ、トップにはなれないのでしょうね。私には考えられないことだけど、それができる人って凄いと思います。
2007年03月09日 (金) 02:07




 

trackbacks »

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.