みなさん大活躍。 | ♪Arte Gagliano♪
«  2018.08 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  »

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-  |  -

edit  top

みなさん大活躍。

学生(ドイツで)のころ、一緒に弦楽トリオをしていたロシア人のチェリストが、最近シュトゥットガルト放送交響楽団のソロチェリストになりました。

わーい。おめでとう。拍手

放送交響楽団のトップ奏者になるのはとても大変なこと。
日本で言えば、N○K交響楽団のトップ奏者になるようなものでしょうか?

彼は、技術や音楽性はもちろん、人間的にも素晴らしい人なので
きっと、団員のみんなにも気に入られて、益々大活躍してくれることでしょう。

しかし、今考えたら、よく私なんかと一緒に演奏してくれたもんだ。
世界七不思議。

そう言えば、一緒にピアノトリオをしていたチェリストは、確かライプツィヒのゲヴァントハウス管弦楽団のソロチェリストをやってるはず(今もいるんだろか・・。)

私と一緒に演奏したチェリストは出世するらしい。
出世したい人は、私と共演しましょう。笑モゴモゴ

冗談はさておき、かつての仲間の活躍は、ホントに自分のことのように嬉しいものです〜。

そして、チェリストと言えば、もうひとり。

つい先日、一週間くらい泊まりで弦楽アンサンブルの仕事に行ってきました。
その仕事とクマゾウさんの日本出張とが重なってしまったので、
私が、ディアナ(うちの犬)を連れて仕事に行くはめに〜。犬

いや〜、大変だった。思い出すのも疲れるので詳しくは書きませんが。。。
でもちょっと書く。

仕事の間、お世話になったのは、私の師匠のお宅。
師匠の奥さまが、私たちが練習や本番をしてる間、ずっとディアナの面倒を見ていてくださったんですが、あまりにも落ちつきない犬なので、かなり驚いていらしたようだった・・・。やっぱりなぁ。まぁ予想はしていたけど。
師匠のうちで昔飼っていた犬はおとなしい大型犬。
うちの犬は、快速で駆け回る小型犬。。。
先生&奥さま、すいませんでした。

しかし、そんなディアナも、実は大活躍しております。
なんと、TIME誌の表紙に!!



師匠宅で撮った写真なんですが、TIMEの表紙になりました!← そんなアホな。

話を戻す。

師匠宅は、築250年以上も前(!)に建てられた家で、いわゆる「アルトバウ」と呼ばれる古い建物。
興味深いんですが、歩く度に床がギィギィ音を立てて軋むので、いちいち気を遣う。
そして、なんと言っても真横(ホントに真横)にある教会の鐘チャペルがうるさいのなんの。
昼間はもちろん、夜中も(!)15分おきに鳴るのですが、
その度にディアナがびっくりして大騒ぎ。
いい加減寝かせてくれ〜!という毎日を過ごしました。
なんか練習とかコンサートよりも、先生の家に滞在するということが一番疲れた。。。

あ、チェリストの話をするはずが、話が全く反れてしまいました。。。

弦楽オーケストラの仕事だったんですが、そのアンサンブルで
一緒に弾いていたハンガリー人のチェリスト。
以前から、うまいなぁ・・と思っていたら、何と昨年のチャイコフスキー国際コンクールで3位になっていた!!あはは〜。うまいのも当たり前でしたな。
しかし、若いのに、もの腰の低い穏やかな、とても感じのよい青年でした。
ディアナ(うちの犬)を滅茶苦茶かわいがってくれて、散歩までしてくれた!!

ちなみに、ソリストとして来ていたヴァイオリニストは、数年前に私の師匠が中国で見つけてきた女の子で、『中国の五嶋みどり(MIDORI)』・・みたいな存在の天才少女(だそうです)。
最近はドイツでも大活躍しているようですが、まだ若干20歳。
中国ではMIDORIと同じように、彼女のドキュメンタリーも放映されたとか。
ちなみに彼女は犬が苦手だった。。。。けど、ディアナみたい落ち着きのない子やった〜。笑

二人とも、そのうち日本でも活躍する日が来るかもしれないので、皆さん注目していてください。
ヴァイオリンが、Tianwa Yang 。チェロが、Istvan Vardai。
どっちも日本語で書くの難しい。。。

あ、チェリストでもうひとり!
二頭身。二親等。
新しいCDCDが出たそうだ。もはや新しくないか・・・。

サン=サーンス:チェロ協奏曲、交響曲第3番
サン=サーンス:チェロ協奏曲、交響曲第3番
藤森亮一,NHK交響楽団,広上淳一,サン=サーンス

最後にオマケみたいになってすんません。
サンサースファンの方、N響好ファンの方、チェロファンの方、二頭身二親等ファンの方、是非聴いてみてください。

JUGEMテーマ:音楽
JUGEMテーマ:わんこ
JUGEMテーマ:クラシック音楽


comments(6)  |  trackbacks(0)

edit  top

惣次郎も記憶しなかったよ(BlogPet)

州議会選挙〜!!

スポンサーサイト

-  |  -

edit  top

comments »

pappel
こんにちは♪  

ディアナちゃんとっても可愛いですね(^_^)
本の表紙とは凄いですね!

先ほどドイツのフライブルグとかカールスルーエとかライン川の古城とかがテレビで放映されてたので観ていました。
ライイン川には行ったことがあるけどフライブルグはいちど行ってみたいと思ってる街のひとつです。何処の街も綺麗ですよね〜

2008年01月23日 (水) 16:15
imogas
pappelさま

ありがとうございます。
本の表紙は・・・本当だったらすごいんですけどね〜。
というか、いくらなんでもTIMEに載ることはあり得ないですよね。笑

日本でドイツのことが紹介されるのはとても嬉しいことです。
カールスルーエは、7年間住んでいた私の古巣なんです。
どのように紹介されたのか・・私も見たかった!
フライブルクはドイツの中でも環境政策の進んだ街として有名です。ものすごく小さいけれど、素敵なところ。
是非いつかいらしてくださーい。
2008年01月23日 (水) 19:19
こた
ごぶさたー、と思ったらお引越しでしたか。
荷造りとなるとモノがいっぱいあって驚きますよね。
引越しを繰り返すと、持ち物が厳選されていきませんか。
どうもお疲れ様でした。

ディアナちゃんをお仕事に連れて行けたのは良いニュースかと思いきや、
人様のお宅にお邪魔する、面倒を見ていただくとなると話は別ですね。
それにしてもディアナちゃんがちょこちょこ動く子だったとは。
いつも見る写真からだと、何やらお嬢様な雰囲気しか感じないのですけれど。
実物見て見たいなぁ。
こちらもお疲れ様でした。

それにしても演奏がお仕事になるなんて、趣味で弾いている私からすると
うらやましい限りです。
いや、プロって言ったらそりゃ大変だろうと思いますけれどね。
大人になってから習い始めたくせに、いつか演奏会や録音に
呼ばれていくのが夢なんですよ。
ぜひimogasさんに共演をお願いしたいです。

私のブログにも、こちらのリンクを貼らせていただいていいですか。
どこかちった似のディアナちゃんにもっと頻繁に会えるように。
2008年01月25日 (金) 18:37
imogas
こたさま

ありがとうございます。

そうなんですよ。ディアナ、ものすごく激しい子です。笑
家の中でも外でも、とにかくすごいスピードで走り回ります。
散歩をしていても、あまりに激しすぎてほかの飼い主さんにちょっと引かれることも。
本犬は、遊びたいだけなのですが、大人しい大型犬しか知らない人には、よく誤解されます。。。。まだまだしつけが足りませんね。。

リンクありがとうございます。さっそく貼らせていただきますね!
こちらのブログには、あまりディアナが登場しないのですが、
ディアナのブログ共々、こちらもよろしくお願いします。
チェロも頑張って下さいね。夢は大きく〜!!
2008年01月25日 (金) 22:16
こた
このブログにはディアナちゃんはあまり登場しないというのは、
このブログ以外にもっとディアナちゃんに会えるブログがあるということでしょうか。
もしそうなら、ぜひそちらを教えてください。
そうでなければこちらのブログのリンクを貼らせていただきたいです。
よろしくお願いします。
2008年01月27日 (日) 00:12
imogas
こたさま

説明が不十分でしたね・・ごめんなさい。
このブログは、ドイツでの日常生活や音楽に関することなどを中心に書いていて、
ディアナの成長記録は、別のブログに書いているんです。
こちら↓
Diarium Diana
http://mumukau.blog75.fc2.com/

けれど、更新はこのドイツ生活ブログのほうが若干多いような・・・。
ディアナの写真は毎日撮っているので、手元にはいっぱいあるのですが、
記事にしないまま、月日が経ってしまって・・・。
これを機に(と言うか今年からは)、どちらのブログも更新頻度を
高めていきたいものです。
目標はまだまだ実行されていませんが、どちらもどうぞよろしくお願いします。
2008年01月28日 (月) 06:08




 

trackbacks »

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.