日本デー@デュッセルドルフ | ♪Arte Gagliano♪
«  2017.10 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  »

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-  |  -

edit  top

日本デー@デュッセルドルフ


イタリア旅行記を始めたやいなや、さっそく別の話題ですっ。

というのも、このブログ、4年近く続けているのですが、未だ、「日本デー」の話を取り上げたことがなかったというのに気づいたから。イタリア旅行記は、終わったわけではないので、旅記を楽しみに、ここを覗いてくださった方々は、少々お待ちを。

いつものごとく、ものすごく長いので、忙しい方は、やるべきことを終えてから、読んでくださいませ。ちょっと用を足したいんだけど、ブログひとつくらいだからいいか・・・という方は、どうぞ用を足してからお願いします。

さて、「日本デー」の話の前に。
(日本デーって何?という人もいらっしゃるでしょうけど、説明は後ほど)

ドイツに来てから、ここ数日(数週)ほど、「Japan (ヤーパン)」という単語を、何度も耳に(目に)したことはありませんでした。
日本でもニュースになっていたようですが、我が町の日本人学校で新型インフルエンザの集団感染がありました。ドイツでも、テレビやラジオや新聞など、ローカルニュースはもちろん、全国版ニュースで取り上げられ、毎日のように、「Japan(ヤーパン)」という言葉を聞くことになってしまったのでした。

デュッセルドルフの日本人学校が、こんな形で一気に全国区で有名になってしまうとは。日本人学校は、クマゾウさんの母校であり、私も何年か前に音楽鑑賞会で演奏させていただいたことがあるので、今回のニュースも人ごととは思えず・・。心配しましたが、少しは落ち着いてきたのでしょうか?現在もまだ休校中だそうですが、早く、みんな元気になって、学校が再開されることを祈っています。

「ヤーパン(Japan)」という言葉を何度も耳にした理由は、そのインフルエンザ騒ぎだけではありませんでした。

それが、今日の本題、「日本デー」(Japan-Tag・ヤーパン-ターク)

デュッセルドルフでは、毎年、「日本デー」という、日本の文化をドイツの人たちに紹介するイベントが開催されます。今年は、先週末の土曜日でした。名前だけ聞くと、ドイツに住んでいる日本人のためのお祭りかと勘違いされるかもしれませんが、そうではありません。日本には、こんな素晴らしい文化があるんですよ。というのを、ドイツ人に知ってもらうためのお祭りです。

ロンドン、パリに次いで、ヨーロッパで3番目に日本人の多い街、デュッセルドルフ。日本文化を知ってもらう目的もあるけど、ドイツ人へ日頃のお返し(感謝)というのもあるのかも?

そんな「日本デー」が、皮肉にもインフルエンザ騒ぎと重なってしまい、3日前までは、今年の日本デーは中止にしようかという話も持ち上がっていたそうです。結局予定通り行われましたが。

その、「日本デー」にちなみ、毎日毎日、ローカルニュースが、「日本」について、紹介していたんです。今年は特に気合いが入っていたのか、「日本デー」の当日、WDR(西ドイツ放送局)が、テレビで中継もしていたんですよ〜。NRW州にお住まいの方、ご覧になりましたか〜。

そういうわけで、インフルエンザの話題でもJapan(ヤーパン)。日本デーの紹介で、またヤーパン。今日も明日もヤーパン。明後日も明々後日もヤーパン。そんな一週間だったのでした。悲しいやら嬉しいやらビックリやら。(忙しいことで・・・)

さて、「日本デー」の一番の目玉はなんと言っても、花火!!

日本人の花火師による打ち上げ花火が見られるのは、
ヨーロッパでは、この「日本デー」でだけ!

ということで、毎年、デュッセルドルフの住民だけでなく、全国からたくさんの人が集まります。去年は、なんと、100万人の人出だったそうですが、やはり、新型インフルエンザの影響でしょうか。今年はちょっと減って、85万人だったそう。

それでも、デュッセルドルフの人口が、約58万人というのを考えると、この日、一日だけで、「日本デー」に訪れた人の数が85万人ってすごくないですか〜?

ライン川沿いがこんなことになってます!


そして、何を隠そう、私もその、85万人の一人でございましたっ!
保健所は、インフルエンザの予防には、人がたくさん集まるところへ行かないことが大切、と言っていたけど、ウイルスは気合いで吹っ飛ばす〜!と、犬の散歩がてら行って参りました〜。ま、今までインフルエンザにかかったこともないし、大丈夫だろう、と、行ってきました。(今のところ元気です。)

いつもの散歩道なのですが、この日の犬連れは失敗。まともに歩けません。抱きかかえてのお散歩です。(のちに筋肉痛に悩まされまることに・・。)

ライン川沿いの遊歩道に、ずらっとテントが並びます。


お習字コーナー、漫画コーナー(日本のアニメ、何故かドイツ人の若者に大人気)、着付けコーナー、弓道コーナー、相撲コーナー、いろいろあります。太鼓が聞こえてきたり、別の野外ステージでは、日本からやって来た女の子二人組が歌っていたり。(彼女たちは歌手なのか?誰なんだ?未だにわからないのですが、ドイツ人の女の子は、その二人組を見て、「カワイイ〜」と連発してました・・・。)

そして、←↓これには、閉口しますが、アニメファンのこんなコスプレ若者達がうじゃうじゃいます。日本が大好きらしいです。「ハイカラさんが通る」ですか?(違う?古っ!







 
しかし、ここで特筆すべきなのは、コスプレの若者でもなんでもなく、ドイツ人(外国人かもしれませんけど)がマスクをしているということ!マスクというものが一般的でないドイツでは、ものすごく珍しいことなんです。やっぱりインフルエンザが怖いのか〜。それでも日本デーにやって来る。それくらい日本(のアニメ?)が好きなんでしょう。


日本の美味しい食べ物もいっぱい。


えっ!かき氷もあるんですか〜。たこ焼きも、焼きそばも。

チラッと横を見ると、浴衣姿のドイツ人の若者が、たこ焼きをほおばっているではありませんか。たこ焼き、私も食べたかった〜!!!!!でも、お金も持たずに(いつものことです)出てきたので、何も食べられませんし、何も買えません。自業自得。

そうこうしているうちに、WDR(西ドイツ放送局)のテントを発見!!!
「日本デー」ですが、人が集まるいい機会なので、WDRも宣伝をしていたようでした。

犬を抱き上げ、でっかいドイツ人の人垣をかき分け中に入ってみたら、カウンターの上に、WDRのステッカーとか、ポスター、テレビ番組の宣伝物が置いてあり、おじさんやお姉さんが何やら配っています。配られていたのは、これらでした〜。


グミキャンディー、ラムネ、そして、WDRローカルニュース番組のロゴ入り紙バッグ、etc.
この日の私の戦利品です。

グミやラムネはどうでもいいけど、WDRのローカルニュースが何気に好きで、欠かさず見ている私には、この紙バッグがどうしても魅力的に思えてしまい・・。「私にもちょうだい〜!」と叫んでいるドイツ人のおばちゃんに混じって、「私ももらえますか?」と、日本人らしく、ちょっと控えめに(笑)、がんっばってみた!

イタリアでもおばちゃんに混じってスーパーで買いものをし、ドイツでも厚かましいおばちゃんに混じって紙バッグを獲得・・・。私も大概、おばちゃんですな〜。

でも、カウンターの上にいっぱい置いてあったグミキャンディーは、さすがにひとつだけしか取り(取れ)ませんでした。ドイツ人のおばちゃんは、ドバッ!と、わしづかみにし、懐に入れてましたが・・・。完全なおばちゃんへの私の道のりは、まだちょっとありそうです。(よかった・・)

上の写真の真ん中のステッカーと左のポスター(かなり大きいです)。人気のDie Sendung mit der Maus(マウスと一緒に)のキャラクター達です。ドイツ人なら誰もが知っている、人気子ども番組なんですが、日本でも、2005〜2006年の、「日本におけるドイ ツ年」のイメージキャラクターになっていたので、ご存知の方も多いはず。このポスター、どっさり置いてあったので、もっともらってきたらよかったなぁ・・。ちょっと後悔。しかし、日本デーなのに、持って帰ってきたものは、ドイツ放送局関係のものだけって・・。

そして、いよいよ花火大会です!
今の時期は、一年で最も日が長いときなので、暗くなるのがとてつもなく遅いのですが、そのため、花火の開始時刻も当然遅い!夜23時から始まりました〜!子どもは寝てないといけない時間!でも、この日はきっと特別だったでしょうね。

昼間に出かけたので、夜の花火は、自宅でテレビ&家の窓から鑑賞です。


うちの窓から撮影。

手前の建物が、ものっすご邪魔っ!!鬱陶しいです。
この建物がなければ、うちの小さい自宅の一室も結構な特等席なのですが、残念。

コンパクトカメラで撮る花火は、なんともちっぽけだけど、チラッとテレビを見てみると、こんな様子でした!まぁ、見事な花火!さすが、日本の花火。ドイツ人も感激するわけです。あ?なんか私の手が写ってるような・・・


ライン川に映る花火と、イルミネーション。美しい。
打ち上げ花火は、日本の誇れる芸術のひとつですね。日本人であることを(←えらい間違いだ〜)誇りに思えたひとときでした。

日本人学校の生徒やその家族は、気の毒なことに、「日本デー」は自粛してくださいという通達もあったそうですが、デュッセルドルフの市長さんは、せっかく日本デーを楽しみにしていた日本人学校の子ども達のために、規模は小さくなるけれど、何かお祭りを計画してくれているとか。日本人学校の子ども達、よかったねー。

全然更新しないのに、いざ更新すると、アホほど長くなるのはなんなのでしょう・・。ようは、要らんこと書きすぎなんです。コンパクトにまとめた文章で毎日更新されているブロガーさんたちを尊敬します。

このままの勢いでイタリア旅行記も続ければいいのですが、それをやってしまうと、朝まで寝られませんので・・。そろそろおやすみなさい。

ここまでしっかり読んでくださった貴方に心から感謝いたします〜。

Danke schön!

comments(16)  |  trackbacks(0)

edit  top

イタリア旅行 Vol.1〜ここに行ってきました〜

披露(BlogPet)

スポンサーサイト

-  |  -

edit  top

comments »

まりも
わー、お祭りの記事だ〜♪
看板の「日本デー」、なんか間抜けですね(笑)
ドイツなのに「Day」ってとこだけ英語だし。
「ヤーパン ターク」おぼえました!
やーぱんやーぱん、なんかかわいい〜。

これだけの長文記事、書くのも時間がかかるんじゃないですか?
わたしなんて10分くらいで書き上げちゃうので、毎回内容薄いです…。
内容薄いから、毎日更新できてるんですが。

わたしなら日本デーの記事だけで3日分はもたせますね!
前・中・後編で(笑)
2009年06月17日 (水) 09:44
yukarist
へー、へー、日本デーは日本人の為ではなく紹介が目的なんだ!

たこ焼き...食べられなかったのねん; ;

花火、タイでも一昨年に日本の友好記念で日本の花火がドドーーンってあがったんだけど、そりゃまぁえらい事になりました。
花火が見える道という道が麻痺。皆勝手に橋の上に車とめて花火みにいっちゃったのよ〜〜!タイです...(泣)
2009年06月17日 (水) 13:08
ポッポ
いつも行きたいと思いながら3年目もまた通りすごした今年・・・(泣)タイミング悪く用事が重なりました。
来年こそは行くぞ〜
ホント、デュッセルの豚フルで私もよく「ヤーパン」を耳にする最近です。おそらく大丈夫かとは思いますが、どうぞお体に気をつけてくださいまし。
2009年06月17日 (水) 19:39
まりもさんへ(from imogas)
そう!私も思っていたんです。毎年。どうして、日本デーなんだろうと。。。日本の日。だと、発音しにくいんでしょうか?どうせなら、「日本やで〜」にしてもいいんじゃ?

私の日記も、長いだけで内容はほとんどない気がするのだけど・・(汗)。仰るとおり、分けて書けばいいのだけど、そうすると、私の場合、途中で辞めてしまう確率がとーっても高いのです。イタリア旅行記も然り。でも長すぎる記事は、読む側にも負担があるから、一回を短く数回に分けるのが正しいやり方なんでしょうね・・。次回の目標にします。笑
2009年06月17日 (水) 21:17
smile
日本デーがあるのですね♪私も着付けで参加した〜い♪

花火もとっても綺麗ですね。しかし、毎年100万人の方々が見に来てくださるなんて、嬉しいですね〜〜♪
2009年06月17日 (水) 21:18
yukarist さんへ(from imogas)
そうなんですー。ま、お互いに友好を深めあう祭りでもあると思うけど。
たこ焼き・・・もう何年食べてないかな〜。お好み焼きは食べてるんだけどね。タイにはたこ焼き屋もあるんやろなー。かき氷もあるんやろなー。

道が麻痺・・・なんかその光景が想像できる!見たいから、そこで車を止めて見る!良くも悪くも、タイ人って、なんか真っ直ぐで純粋な国民なんだねー。
2009年06月17日 (水) 21:28
ポッポさんへ(from imogas)
あらーそれは残念。でも、今年はインフルエンザ騒ぎもあったことだし・・。日本人は企画側の人たちを除けば、片手で数えられるくらいしか見かけませんでした。来年は、是非!花火はやっぱり生で見るのが一番でしょうね。

お気遣いありがとう。ポッポさんも気をつけてくださいねー。
2009年06月17日 (水) 21:34
smileさんへ(from imogas)
smileさん、もしかして着付けをされるのでしょうか?
今回も、着付けの先生(?)として、日本からどなたかいらしていたようです。ドイツ人も着物を着せてもらって、大喜びでした。背が大きいし、骨格もごつごつしていて、やっぱり着物は日本人のものだわ・・って思いました(笑)が、でも、日本文化がこうして受け入れられるのは、本当に嬉しいことですね。
2009年06月17日 (水) 21:39
愛美
ひゃぁ〜楽しい記事ですねぇ。しっかり読ませていただきましたよ!日本デーってあるんですね。85万人ってすごい数ですよね。ドイツに住んでいらっしゃる日本人の方々もたくさん集まってこられましたか?たこやき!に反応してしまいました。(笑)美味しいものありましたか。日本の事が、日本から来た人によって正しく伝えられるこういう機会があるのは嬉しいですね。
花火がお家から見られるなんて、それも日本からの花火の職人さんが来られたなんて素晴らしいです。日本の花火は世界一ですよね!こっちのはしょぼくて悲しいです。(笑)マウスと一緒には、前にimogasさんのブログで教えていただきました。かわゆい。(^-^)v
2009年06月18日 (木) 13:04
愛美さんへ(from imogas)
ありがとうございます〜。嬉しいです。
ロスにいる日本人はここの比ではないだろうから、もっと頻繁に日本人らしいお祭りがあるでしょうね。日系の方もたくさんいらっしゃるし、日本人に対する理解もここより深いのではないでしょうか?
そう!「正しく」日本を伝えたいですよねー。「え?日本のつもりですか?」みたいなことも多々あるので・・。(?_?)エ?
残念ながらインフルエンザの影響か、日本人の訪問者はあまり見かけませんでした・・。(;O;)
そちらはいかがですか?愛美さんもお気を付け下さいね〜。
2009年06月18日 (木) 20:45
yumi
日本デーですか!!

すごい興味あるわ。
どんな風に紹介されてるんだろう。
でもお祭り定番の屋台メニューは感激ですね。

完全なおばちゃんになりきれなくて
ちょっと安心ですかプププッ (*^m^)o==3
2009年06月20日 (土) 08:25
yumiさんへ(from imogas)
面白そうでしょう?
私もテントの中までは入っていないのでわからないのですが、ドイツ人も、日本文化に触れられて感激していたみたいです。お習字したり、着付けをしてもらったり・・。食べるものも美味しかったでしょうねー。写真のコスプレは、むむむ・・・なのですが、コスプレコンテストまであったそうです。

ホントはその、ドイツ人のおばちゃん達と年齢的には変わらないと思うのだけど、やっぱり、スゴイですねー。ただでもらえるものはもらわねば!!という勢いにはかなり圧倒されました。どこの国も同じでしょうかね・・。笑
2009年06月20日 (土) 20:06
ぺこ
インフルでてたんやねぇ〜
日本人だけ??
日本にきてた人がいたんやねぇ〜
早くおさまってくれるとよいねぇw
日本デーかぁ〜
侍姿の人はいなかったのかしら♪
もうそろそろそういう発想やめてほしいよねぇwぁはははw
花火も素敵w
こちらも7月末くらいから
各地ではじまるよぉw
っていうか。。。ようやく来週から
梅雨らしいお天気になるそうよぉ〜
2009年06月21日 (日) 10:40
ぺこちゃんへ(from imogas)
日本人だけではないんだけど、集団でかかったものだから、話題になってしまったんだよね。感染源はわかってないみたいだけど、日本と違って地続きだから、感染者が増えるのも時間の問題やろな・・って思ってました。
侍の人もいたよ〜!!でもさすがに、ここは日本人が6000人も住んでいる街だけあって、日本に関する知識の豊かなドイツ人も多いのが嬉しい。

梅雨、鬱陶しいやろね。日本の花火大会はもっとすごいんだろな。せめて花火大会には雨が降らないことを祈ります!
2009年06月21日 (日) 20:14
Gomy
話題遅れなコメントですみません><

私の彼もこの日本デーに行くのをとても楽しみにしていました。
でも、結局中止になったと言われ行かなかったそうです。
来年は一緒に行けるといいなと思っています。
さて、来週の週末はデュッセルドルフに行く予定です。

日本で買いそびれてきたものを買い占めなくてはw

またお邪魔します♪
2009年07月16日 (木) 18:51
Gomyさんへ(from imogas)
いいんですよー。過去の記事のコメントも大歓迎です♪

えーっ!でたらめな噂が流れてしまったんですね。
でも、インフルエンザ流行の真っ只中だったので、無理してくる必要もなかっただろうなと思います。
そうですね。来年来られるといいですね。あと、時期的に、雨で中止になることも多いので、お天気になるよう、祈ります。

デュッセルドルフに来られるのですか!
犬を連れてボーっと歩いているおばさんを見かけたら、きっとそれは私です。笑
まだドイツに来られて間もないから、きっと日本食はそんなに恋しくはないと思いますが、フワフワの日本のケーキとか、ラーメンとか、なんでもありますよ〜。
食料品も色々ありますが、あっと言う間にスゴイ金額になりかねないのでご注意下さいね。笑
お気をつけていらしてください。
2009年07月16日 (木) 19:24




 

trackbacks »

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.