ドイツのポーランド侵攻から70年 | ♪Arte Gagliano♪
«  2018.10 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  »

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-  |  -

edit  top

ドイツのポーランド侵攻から70年


9月1日は、ナチスドイツがポーランドに侵攻した日。
要するに、第二次世界大戦の始まりとなる日です。
昨日でちょうど70年。とういうことで、式典が行われたそうだ。

ドイツのメルケル首相は、ドイツ軍のポーランド侵攻について
『欧州や世界に甚大な危害を加えた。』 と謝罪
し、
『ドイツ首相として、式典に招待されたことは、ポーランドとの和解の印。
今は敵ではなく、パートナーとして人権の尊重など、共に闘っていきたい。』
と話したそうです。

同じく式典にロシア、プーチンが、どう出てくるか注目されていたのだけど
ドイツの、過去に対する過ちをはっきり謝罪する姿勢とは裏腹に、
結局彼の口からは、謝罪の言葉はなかったそうだ。
まだまだ残る世界大戦の深い溝。いつ埋まることになるのだろう。

ドイツが過去にやってきたことは、許され難いことに変わりはないけど
現在のドイツは、はっきりと、その過ちを全て認めている。
そんなドイツが、私は、やっぱり好きだなー。

昨日見ていたあるニュース番組で、
ポーランド人がインタビューに答えていたこと。

『このひどい歴史は忘れてはならないことだけれど、
もう、毎回、毎回、いつまでもほじくり返すのはやめましょう。』

ポーランド人も今やドイツを理解し、受け入れているということ。
過去の過ちを、振り返ることはあっても、ずっと引きずり、
いつまでも啀み合い続けている場合では無いということ・・。

そこで、ふと考えた。
この言葉が、中国人の口から聞けるだろうか。
ドイツの、過去への向き合い方や、
平和のための歩み寄りの姿勢を、
日本も、もっと見習うべきだと思う。

政権も交代したことだし、期待したいものですなー。

ということで、今日は真面目な話だけでごめんなさいです。

ナチスのポーランド侵攻にまつわる映画というのが、
ウィキペディアに載っていたので、その中からちょっとだけ
ここで紹介しようと思います。


★ブリキの太鼓

スマイルBEST ブリキの太鼓 HDニューマスター版 スタンダード・エディション [DVD]


これは、原作がドイツ人のノーベル賞受賞作家、ギュンター・グラス。
以前、ここのブログにも取り上げたことがあったけど、
グラス自身が、実は、ナチスの親衛隊員だったというのを
数年前に告白し、ドイツ国内でも大きな話題となりました。
本は読んだことがありますが、映画は観たことがない〜。
カンヌ映画祭と、アカデミー賞で、外国映画賞を受賞しているそうです。
一度観てみたい。

こっちが原作↓
ブリキの太鼓 第1部 (集英社文庫 ク 2-2)



★戦場のピアニスト (The Pianist)

戦場のピアニスト [DVD]

これは記憶に新しいな。やっぱり観てないけど
こちらも、カンヌやアカデミー賞受賞作。(監督賞、脚本賞、主演男優賞)



JUGEMテーマ:ニュース

comments(22)  |  trackbacks(0)

edit  top

エスカーダが破産を申請・・・

09.09.09.

スポンサーサイト

-  |  -

edit  top

comments »

cno
うちの夫の両祖父母とも元ドイツ領、現ポーランドの出身で、戦後に家を追われて旧西ドイツまでやってきたそうです
先日、その祖父母がまだ10代前半だった当時の様子を話してくれたところです
加害者であり、被害者でもあるのは日独同じなのに、戦中の過ちをどう始末したかという違いが隣国との関係の違いなんですよね
新しい首相の対応を私も期待しています

ぶりきの太鼓、読んでみようかな

2009年09月02日 (水) 22:28
クマ子
私も、現在のドイツとポーランドの関係をニュースで見ると
日中や、日韓関係は、歪んでいるなぁと思います。
政権が変わり、世代が変わり、これからはお互い歩み寄って
将来に向かって前進していく関係になってほしいです。
「戦場のピアニスト」とてもいい映画でした。
「ブリキの太鼓」は見たいと思いつつはや ん年・・・いや ん十年!?
2009年09月02日 (水) 23:04
cayiu
メルケル首相は・・・と言うか、ドイツは立派ですね!ポーランドも!!

私は前職でずいぶん中国の方々に御世話になりました!
反日デモが盛んだった頃にも、深圳に出張に行ったりしてました。
でも、対国じゃなければ、とても友好的に接してくれてましたよ。

個人相手になら仲良くしてくれるのに、
どーして国同士になるとダメなんでしょうね。。。

絶対、もっと平和に対して前向きに行動して、
和解した方がお互いのためにもイイはずなのに…!

ホント、今後に期待したいです!!
2009年09月02日 (水) 23:28
cnoさんへ(from imogas)
そうだったんですか。
本文に書こうと思っていて、すっかり忘れてしまっていたのですが、
首相のコメント中に、「戦後、東ヨーロッパから1200万人のドイツ人が
強制移住させられたことも忘れてはいけない」と言ったそうです。
cnoさんの身近にもいらしたのですね。
実際の体験談を聞くと、尚更考えさせられることがあるでしょう。
日本のこれからのこと、私も注目したいと思います。
2009年09月03日 (木) 01:17
あちゃこ
メルケル首相はとっても頼もしいんですけど、反面ドイツには全く違う考えの人たちもいるわけで、、、
というのもこの間うちのポストにNPDのちらしがはいってたんですけど、
「ココはイスタンブールじゃない!!!」とかかれたもので、この市にある、
トルコ人学校の写真がその下にでーんと大きくのせられてました。
このNPD,この間も外国人排斥運動の催しをドルトムントで盛大にやってたそうです。こういうのをみると、ユダヤ系の夫を持ってる私としては、ぞっとするもんが
あります。
メルケルおばさん、がんばってください!!
2009年09月03日 (木) 02:04
cayiuさんへ(from imogas)
中国の方と多く関わるお仕事をされていたんですね。
私も、中国人の知り合いがいますが、
ほんと、仰る通りで、対個人だと全く問題ないんですよね。
なぜでしょうね。
早く世界じゅうのみんなが笑って手を繋げる日が
来て欲しいなぁと思います。


2009年09月03日 (木) 03:27
あちゃこちゃんへ(from imogas)
えええっ!NPDのチラシが入ってるなんて、おっそろしいなー!
NPDは、極右なので、ドイツ人だって、まともな人は
誰も相手にはしないでしょ〜。
・・と思ってたけど、ザクセン州では、結構議席を獲得しているんだよね。
信じられない。だいたい、政党として認められること自体おかしい。
ザクセンはどうなっているのだ??と、いつも疑問だったけど、
私たちの身近でも、そんな活動してるとは。恐ろしい。
それだけ、あちこちにネオナチがいっぱいいるということよね。
外国人排斥したら、今のドイツ、どういうことになるか、わかってるのかね〜。
まぁ、さすがに、NPDがドイツを牛耳って活動する日が来るとは思えないけど。

私は、CDUの支持者ではないのだけど、
ドイツをより良くするために、メルケルおばさんには
頑張っていただきたいと思います。
2009年09月03日 (木) 03:46
mimose
これまでのドイツの真摯な姿勢が、きちんと伝わったんでしょうね。
過去を受け入れたうえで認め合ってるって、素晴らしい関係ですね。
imogasさんのこの記事を読んで、「日本とドイツ 二つの戦後思想」
という本を買っていたことを思い出して、今本棚から引っぱり出してきた
ところです。
きちんと勉強したいと思います・・・
2009年09月03日 (木) 05:06
mimoseさんへ(from imogas)
私も、なにやら、えらそうに色々書いていますが、
自分の住んでいる、この国のこと、
全然わかっていないのですよー。
私こそ、もっときちんと勉強しなければ・・と最近やっと(汗)、
思いはじめたばかりなのです。(遅いっ!)
新しい日本も、国民の期待に添うような仕事をして欲しいですね!
本、読まれたら、感想を聞かせてください♪
2009年09月03日 (木) 05:36
まりも
日本も、一応は謝ってるんですけどね…ドイツに比べれば全然ダメなのかな。
中国も日本は悪者ってことだけ教科書で教えて、資金援助のことを教えないのはヒドイと思うんです。
どっちもどっちなんだろうけど…。

戦場のピアニストは見たことありますよ〜。
ひどくショッキングだけど、少しの希望もあって良い映画でした。
2009年09月03日 (木) 07:56
愛美♪
記事のタイトルを拝見した時、すぐ頭に浮かんだのが「The Pianisit」(笑)。それだけこの映画が印象に残っている私です。歴史の事はほぼ映画から学んでいるという・・・(汗)
過ちを認めるドイツもきちんとしてると思いますが、許すポーランドも素晴らしいです。
ひどい目にあったほうというのは、そう簡単に忘れられないと思いますから・・・
でも、振り返ってばかりいては前に進めませんものね。どちらの国にとっても、とても勇気のあることですよね。
2009年09月03日 (木) 13:47
まりもさんへ(from imogas)
そういう意見もありますね。
過去にお詫びした首相もいれば、全くヒドイの(さて、誰だ?!笑)
もいましたしね。
欧州の隣国の付き合い方を見ていると、
日本は、アバウトすぎるところがあるのだと思います。
意図的なのかそうでないのかわかりませんが、
はっきりしないことが多いというのか。これは、国民性でもあるのかも。
本当は、これに関して話し出すと、朝まで生テレビ!(って今もあるのだろうか・・)
になってしまうので(笑)、ここではやめておくけど、
いずれにしても、隣国どうし敵対している状態が
続くことに、やはり違和感を覚えます。なんの利益があるだろう・・。

戦場のピアニスト。まりもさんも観たことあるんですね。
DVDを探さねば〜。
2009年09月03日 (木) 18:42
けい
いつだったか学校で、同じように第2次世界大戦で過ちをおかしてきたドイツと日本。決定的に違うのは戦後の対応だ、教えられました。
ドイツでは、戦後に生まれた人も、過去にドイツがしてきた事に対して真摯に受け止めて償いを続けていると・・。

私もタイトルを見て「戦場のピアニスト」を思い出しました。
直視できないシーンも多かったけど、それが現実に起っていたことのごく一部と思うと、本当に戦争って恐ろしいなと思います。
2009年09月03日 (木) 18:58
愛美♪さんへ(from imogas)
おおおー!さすが、映画好きの愛美♪さん!
「The Pianisit」は、愛美♪さんのブログにも登場していましたよね。
映画バトンで。益々、これは観なくては〜と思います。
この話題とは全く関係ない話ですが、ショーン・ペンがお好きなんですよね!?
主役は、アル・パチーノなんですが、ショーン・ペンも重要な役を演じている
「カリートの道」という映画があるのですが、うちの夫が、それが大好きで。
ショーン・ペンというと、私はついついそれを思い出します。
話が思いっきりそれましたね。^_^;

>振り返ってばかりいては前に進めませんものね。
>どちらの国にとっても、とても勇気のあることですよね
うーん、その通りです。上手いこと仰いますねー、愛美♪さん。
2009年09月03日 (木) 19:08
けいさんへ(from imogas)
ドイツとは、何かと比べられますよね。
私は、学校で教わったことも、すっかり忘れて
ただ単に、音楽のことだけ考えてふら〜っとドイツに来ましたが、
ここで、ポーランドからの移民の人たちや、同じ留学生である
中国や韓国の人たちと身近に接しているうちに
歴史についても考えることが多くなりました。
世界中のどの国も、隣国との付き合い無しでは、やっていけないと思います。
ドイツもそうです。そして日本もそうだと思います。

映画、残酷なシーンがあるのですね・・・。
ここに住んでいる限り、無視できない出来事なので、
しっかり、観ておきたいと思います。
2009年09月03日 (木) 19:25
私もドイツに住んで、初めて日本が戦時中して来た事を知った部分がありました。
ドイツに留学して来ているアジア人からです。
そう言う部分を教育されてこなかったことにショックや驚きがありました。
だからドイツが高校生や若い人達に強制収容所を見せて、自国のして来た事実を
見せ、人間の愚かさを教育の中で考える機会をもたせる事の重要さを
示している事には敬意を表しています。
傷ついて帰えされて来た元軍人だった私の叔父にはいろいろ言いたい事はあったようですが、
ちょっと話した事があります。
でも彼らも結局は犠牲者だったのです。
オストプロイセンのはなしもよくドイツの老人から聞かされました。
ハンブルクにいた頃は、そこから難民として来たはなしも聞きました。
知らない事が多すぎました。
出来の悪いなりに受験勉強ばかりさせられていましたから・・・

知らされていない事がどれほど恐ろしい事につながるか・・・
反省のない事がどれほど恐ろしい事につながるか・・・・
情報は開示して、果たしてこれから日本も含めてどんな方向に行くのか
見つめたいですね。
2009年09月04日 (金) 08:36
○○さんへ(from imogas)
ドイツにお住まい(もしくはお住まいでいらした・・)なのですね。
コメントをありがとうございました。

そうですね。無知であることは、恥ずかしいとかいう次元ではなく
時に恐ろしいことだというのを、つくづく感じます。
という私も、まだまだ知らないことだらけなのですが。
でも、ここに来て、それに気づけたことだけでも、
一歩前進したかな、と思います。(^^)

都合のよいことだけを見て、そうでないことを無視していては、
先に進めないのは、なにも、こういった政治や社会の問題だけでなく、
個人でも同じことですものね。
停滞していないで前に進みたいものです。

せっかく素敵なコメントをいただいたのですが、
お名前(HN)がわからなくて○○さん・・としてしまいました。
すみません。
もし差し支えなければ、お名前(HN)を教えていただけると嬉しいです。
2009年09月04日 (金) 16:52
クマ子さんへ(from imogas)
クマ子さん〜!!
ごめんなさい。コメントお返ししたつもりが、なぜか、
反映されていないことに、今気付きました。<m(__)m>
ということで、もう一度。

クマ子さんも戦場のピアニスト、ご覧になったのですね!
なんだか、みなさん観ていらっしゃるのに、
私だけ観ていないという。。。^_^;

そうですね!世代が変わってきているのだから、
いつまでも、頑固でいる場合ではないと思います。
(なんか、変な文章ですね・・・)
ドイツでも、日本の政権交代は大きなニュースになっていたし、
世界じゅうが注目していますよね。
これからどうなってゆくのか、楽しみです。
2009年09月04日 (金) 17:24
ゆんこ
こんにちは♪

インタビューに応えていたポーランドの人と同じようなことを、知り合いの中国人が言っていました。もっと建設的な交流をしようよと。
そういう人が増えてきてくれることを祈るばかりです。その前に日本はもっとしっかりとしないといけませんが・・・。

「戦場のピアニスト」、私も観ていません。DVDを買おうっと!
2009年09月04日 (金) 19:37
ゆんこさんへ(from imogas)
おお、そうですか。
イタリアにいらっしゃる中国人の方でしょうか。
やはり、外に出ると、視野が広くなるし、
たくさんの情報が得られて、物事を色々な角度から
見られるようになりますよね。
ほんと、お互いにそうやっていがみ合うことなく
話ができるようになるといいなと思います。

私もDVDを買います〜!!
2009年09月05日 (土) 02:52
olivemomo
imogasさま、
ごめんなさぁーい、9月4日の投稿者○○は、olivemomoこと私でした。
歳とるとうっかりが増えてしまって・・・・
私のブログにもimogas様にご訪問頂きまして、嬉しい限りです。

私もドイツを離れて随分経ちます。浦島太郎状態です。
時々ドイツの事を知れるのも、imogasさんのブログを見て知る事が多いです。
時々覗かせていただきますね。
ではでは
2009年09月05日 (土) 09:57
olivemomoさんへ(from imogas)
ありがとうございました!
ハンブルク・・・・とあったので、もしかしたら、olivemomoさん
ではないかな、と思っていましたがやっぱりそうでした〜。笑
nameの記入、ときどき、消えてしまうこともあるんですよ。
なので、以前はチェックできる設定にしていたのですが、
自分のためにも、またその設定にしておこうと思います。
お手数お掛けしました。
olivemomoさんがドイツで経験されたことに比べると、
まだまだ、私はドイツのことえらそうに語れるような身分じゃありません・・・。
こちらこそ、色々教えてくださいね♪
2009年09月05日 (土) 16:42




 

trackbacks »

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.