ミュージアムの夜 Nacht der Museen とか色々。 | ♪Arte Gagliano♪
«  2018.09 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  »

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-  |  -

edit  top

ミュージアムの夜 Nacht der Museen とか色々。

[デュッセルドルフ] ブログ村キーワード


一ヶ月以上経ってしまいました。やっぱり、という感じ。
今回は、トップに、スポンサーサイトが出なかっただけマシでしょうか。

さて、一時期は、初夏のような温かさの続いたドイツでしたが、
ここのところ、何が起こったのか、異様に寒い。
最高気温が10度を下回る毎日なのです。
朝の散歩時には、マフラーと手袋が欲しい、と、本気で思ったほど。
もちろん、暖房装置も再び作動させ、もう片付けてもいいかと思っていた
(けど、片付けなくてよかった〜)薄手のコートも復活。
ドイツの一年のうちで一番素晴らしい季節は5月のはずなのに。

この一ヶ月の間に、また色々ありましたが、
真っ先に思い出すのは、やっぱりアイスランドの火山噴火。
私自身は直接被害を受けませんでしたが、夫はもろに巻き込まれ、
イギリスまで自動車で日帰りするハメに。
ドイツ⇔イギリスって日帰りできるものなんですね。びっくり。
私も、ドイツ⇔パリ とか、南ドイツ⇔ハンブルク 日帰りとか
そんな経験はありましたが、流石にイギリスへは飛行機でしか行ったことがないな。

それから、ドイツの春らしい風景を少々。
日本の桜はもう10年以上ご無沙汰していますが、
ずっと見たいと思っていた、ランゲン美術館の桜を、今年はしっかり堪能。

ランゲン美術館は、お隣の、ノイスという街にあるのですが、なんと、
あの、違いが分かる男(ゴールドなんとやら‥古っ!)の、安藤忠雄氏の設計です!!
犬と一緒に行ったので、中には入っていませんが、
日本のものが陳列されているみたいです。

これ、日本の桜(ソメイヨシノ?)とおんなじですよね?


ドイツでこれだけの桜が見られたら、じゅうぶん満足。

桜の写真はこちらのアルバムにも、たっぷりUPしたので、お暇な方は、どうぞ〜。
いや、これで、もう満腹でしょうけど。笑

桜だけでなく、マグノリア(木蓮)もあちこちで見かけました。
ドイツ人、木蓮好きなんでしょうね。

そして、桜の次は新緑です。

緑のトンネル〜!
懲りずに今年もまたこのアングルですが。
これも、あっという間に緑が色濃くなって、今では葉っぱが、わさわさ。

こんなチューリップも咲いて、気分だけオランダのキューケンホフ。
(そういや、2年ほど前に行った本物のキューケンホフのこと、まだ書いてなかった..)


これからは菜の花の黄色いじゅうたんが美しい季節です。

それから、デュッセルドルフに、市内観光バスツアーが走るようになったというニュースも!
たまたま散歩中に見かけてパチリ。

観光の街としては、イメージがかなり弱いこの街ですが、
最近、観光者を集めようと、街おこしに頑張るデュッセル村。
観光の街、というには、ちょっと無理がありそうですが、でもきっと、
これからの暖かい季節は、2階建ての赤い観光バスに乗って
デュッセルドルフの街を観光する人が、増える・・・・・だろうか?
日本語のガイドもあるようなので、デュッセルドルフを訪問される折には皆さまも是非!
私もいつか試しに乗ってみたいものです。
夏場はきっと、屋根なしのオープンバスになるので、気持ちいいはず!

そう言えば、まだこのバスツアーが始まる前、おそらく、
気温は0度以下だろうと思われる(3月だというのに)極寒の中を、
日本から訪ねてくださったブログ仲間さんと一緒に、
デュッセルドルフの街を観光したんだった!!
シューマンの家とか、ラインタワーとか...。
ここにも、観光するところ、あるんですよ、案外。
そのときの話は、長くなりそうなので(ここまでで、もう十分長いし)、
次回か、その次か、その次の次か、はたまた、次の次の次の........

そろそろ、今日の本題。
今夜(5月8日の夜)開催される、Nacht der Museen
「ミュージアムの夜」です。

デュッセルドルフにある、40館以上の美術館、博物館、文化施設が、
この日に限り、19時から深夜2時まで(施設によって閉館時間は異なる)
自由に出入りできるというイベントなのです。チケットは12ユーロ。

フランクフルトにいた時も、まさに同じようなイベントがあったので、
美術館の多い、ある程度大きな街では、どこでもやっているのかもしれませんが、
デュッセルドルフは、何を隠そう、アート(と、ファッション)で有名な街。
デュッセルドルフ芸術アカデミーは、ドイツの中でも、最も優秀な美大の一つで、
世界に名の知れたアーティストになった卒業生も少なくないのです。
パウル・クレーや、ヨゼフ・ボイス(自身も卒業生)は、このアカデミーで教鞭を取っていました。

「ミュージアムの夜」
美術好きにとっては、たまならない夜ですが、
でも、考えてみれば、19時から2時までは、たった7時間。
果たしていくつの美術館を回れるのでしょう?
さっき調べたら、全部で46館ありましたが、
どう考えても、全部は無理だろ〜?!
こんなこと書きつつも、ワンワン鳴きわめくであろう愛犬を
真夜中に留守番はさせられないので、今年も多分、ミュージアムの夜は断念か〜。

あ、そうそう、映画を100本観る企画。
これは、断念したわけでも、忘れているわけでもありません。
しかし、現時点で、まだ、5か6作品。
しかも、内容も忘れかけている....という状態。
このペースだと、100本制覇まで何年かかるんだろう。
道程は長い。


いつもコメントくださる方には申し訳ないのですが、コメント欄を閉じています。
が、記事下にある、のボタンから、twitter上にコメントできるように設定したので、
アカウントをお持ちの方は是非そちらから。
その場合は、(@imogas)というのは消さないで送信してくださいませー。
文句でも何でも書き込んでくださいな。
別に大した理由はないのですが、twitterからだと返信が簡単なので。(単なるぐうたらです。)
お手数をお掛けしますが、よろしくお願いします。


JUGEMテーマ:ドイツ
http://4travel.jp/overseas/area/europe/germany/dusseldorf/

-  |  -

edit  top

ブログペットじゃありません。

ドイツ大ピンチ

スポンサーサイト

-  |  -

edit  top

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.