ユーロビジョン・ソングコンテスト2010(その一) ★追記あり★ | ♪Arte Gagliano♪
«  2018.06 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  »

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-  |  -

edit  top

ユーロビジョン・ソングコンテスト2010(その一) ★追記あり★

一つ前の日記にも書きましたが、明日(もう、今日なんだが)は、
なんですが、そのほかに、楽しみにしているイベントがもうひとつあります。

それは、欧州あげての大イベント。
ユーロビジョン・ソングコンテスト(←リンクしているサイトは英語です)



欧州歌謡世界選手権です。
あんまり詳しく説明すると、夜が明けそうなので、さささっと書こうと思います。 

ユーロビジョン・ソング・コンテストは、欧州放送連合(EBU)加盟放送局によって開催される、毎年恒例の音楽コンテストである。大会は1956年第1回大会以降、毎年開催されており、世界的に見ても長寿のテレビ番組のひとつであり、その視聴者の数も1億人から6億人程度と見積もられている。

ウィキペディアより

6億人という視聴者の数にもびっくりですが、出場国の多さにも驚きます。
準決勝の時点で、今年は、34カ国。予選の段階から入れたら、40カ国近く?
ヨーロッパって、そんなにたくさんの国あったっけ?と思った人もいるのでは?


このコンテストで優勝して有名になった歌手は何人かいますが、
セリーヌ・ディオンもその一人。当時はスイス代表として、出場したようです。

このユーロビジョン。ちょっと普通のコンテストと違っていて、
そこが、また、人気の理由なんでしょうけど、
時々、え?なんで!?という結果になることもあるんですね。
つまり、単に歌が上手いというだけではダメなんです。
歌のメロディーが美しいかどうか、というのでもない。
一度聴いたら忘れられないような、耳に残るメロディー(美しいかどうかは別として)
を持っている歌が、高く評価される傾向にあるような気がします。
それと、やっぱり、個性がはっきりしていること。インパクトです。

コンテストの説明はこの辺にしておいて、昨年の優勝者の話を少々。
昨年のチャンピオンは、ノルウェー代表のこの人でした。


はい、そうです。バイオリンも弾きますよ〜!!
彼のお母さんはピアニストで、お父さんは、有名なバイオリニスト。
なんと、お父さんは、ズッカーマンと共演なんかもしているそうだ!
(と、ウィキペディアに書かれています。)

そうそう、書くのを忘れていたけど、前回の優勝者の国が、次回のコンテスト開催国となるので、
2010年、今年の大会は、ノルウェーのオスロで行われるわけです。

確かに、昨年優勝した、この彼の歌う、そのメロディー、妙に耳に残るんです。
昨年は、寝ても覚めても・・とまではいかないですが、しばらくの間、
彼の歌のメロディーが頭から離れなくて、忘れ去るのにかなり苦労しました。(笑)
(なのに、今、また思い出してしまった...)

しかも、こんな相当キャラの濃いお兄さんが歌っているのに、歌詞が可愛いのです。
一回聴いたら、あなたも、しばらくは、このメロディーに取りつかれるはずです。(笑)
ちなみに、 この彼は、高かった前評判通り、史上最高点で優勝したそうです。
★音量にご注意ください


普通に歌のうまい人は、他にもいっぱいいたのですよ。
例えば、スウェーデンの代表。

Malena Ernman

彼女はスウェーデンの王立歌劇場でバリバリ活躍している主役級のオペラ歌手。
ザルツブルクの音楽祭にも度々登場されているようです。
上の写真はオペラの時のモノ。

彼女も上位には食い込んだんですが、バイオリンの兄ちゃんには敵わず。
それより何より、わたくし、この方、昨年、テレビで鑑賞しながら、
この人、絶対男やって!!と騒いでいたのですが、調べてみたら、
れっきとした女性で、しかも、大変有名な方でした。(失礼しました・・・)
でも、皆さんも見てみて下さい。メゾソプラノなんだろうか。
声も低めだし、どうしても男性に見えて仕方ない。すいません。ほんとに。




このコンテストの興味深いところは、ヨーロッパの様々な国の人が出場しているが故に
それぞれの、国の独特の「色」が、見られる(聴ける)というところでしょうか。
ああ、先にも書いたけれど、ヨーロッパって実はすごく広いんだ・・・
というのを、しみじみと感じるのです。
それから、ジャンルがバラバラなところも面白い。
もー、何でもありです。
ポップスや、ロックはもちろん、カントリー、ミュージカル、ジャズ、クラシック。
民族的な歌もあり、そして、わけのわからんのや、ウケ狙いなのか?っていうのもあり・・・。

あー、すでに長くなってしまいましたが、ドイツ代表のことを書かなくては〜。

この彼女が、今年のドイツ代表、Lena(レナ)。


可愛いですなー。うちのクマゾウさん、彼女の大ファン。(笑)

毎年、ドイツ代表が、どのような経緯で選ばれていたのかわからないのですが、
ここ数年、ドイツ代表の成績が、極端に悪かった。
一昨年なんて、大人気の女性ポップグループ、「ノーエンジェルス」が代表で、
期待されていたにも関わらず、最下位という結果に終わってしまいました。

去年の代表も、やっぱり下から数えた方が早い順位。
そんなこんなで、これではいかんだろう!ということになり、
今年は、ドイツ代表を、公募で決めることになったのでした。
それも、審査は視聴者による電話投票。
その様子が、何ヶ月も前から、テレビで(ARDと民放の共同による)
放送されていて、私も時々見ていたのですが、そのオーディションで、
ドイツ代表の座を勝ち取ったのが、この、Lenaでした。

ここ数週間は、ラジオ(毎朝我が家の目覚まし代わりになってます)から
彼女の歌が流れない日はなかったほど。

彼女については、かわいいとか、態度がでかいとか、あれは歌じゃない
とか、結構いい線行くんじゃないか、などなど賛否両論ですが、どうなるんでしょう。
というか、ここまで、ドイツじゅうを盛り上げたんだから、頑張ってもらわねば。

純粋に歌が上手いというタイプではないですが、
この歌のメロディーも、なかなか、耳に残ります。好きか嫌いかは別として。


明日(だから、もう今日なんですが)の夜が楽しみです。
開始は21時から(遅いなー)。
ドイツでは、ARD (1)で、20時15分からTV放送されるようです。
インターネットでも、ライブで見られるらしい。
私も、6億人の視聴者のうちの一人になる予定です。
あ、でも、デュッセルドルフ日本デーの花火も見たいんだった〜!!
家から見えないかな・・・・無理か。

インターネットで、今年の出場者の歌がぜ〜んぶ聴けるそうです。
私は、さすがに全部聴く気力はないですが(どうせ、今晩聴くんだし)、
興味のある方は下記のリンクからどうぞ。(めちゃくちゃ美人なお姉さんもいましたぜっ!)


結果が出たら、また報告いたします。
ではでは、おやすみなさい。



★追記 2010年5月31日

皆さんご覧になったでしょうか〜?
優勝してしまいましたねー!Lena。
いい線行くだろうとは思っていたけど、まさか優勝するとは。
ドイツじゅうが、Lenaフィーバーです。
昨日の視聴率、優勝が決まったときはなんと61.6%もあったそうです。
これってすごくないですか。半分以上の人が見ていたということです。
テレビもラジオも新聞も雑誌も、当分の間は、Lena,Lena,Lena....でしょう。
本日(日曜日)は、どこの局も、この話題がトップニュースでした。
夜7時の国営放送のニュースでさえも、です。
これが、どれだけすごいことなのかっていうのがよくわかりますね。
メルケル首相から、お祝いの言葉もあったそうです!!
Lenaが故郷に帰国した際は、ニーダーザクセンの州大臣がお出迎え..。
詳しくは、また次回(いつになるかわかりませんが)書こうと思っています。
あ、「デュッセルドルフ日本デー」の花火(今年のテーマは「シューマン」でした!)も、
テレビ鑑賞しましたが(ユーロビジョンの合間に。笑)、やっぱり日本の花火は素晴らしい。
今年は、家の窓からは見えませんでしたが、花火の爆音はしっかり聞こえてきました。
デュッセルドルフの「ライン川」とシューマンのシンフォニー、「ライン」と、
日本の花火師が打ち上げる「花火」。感動でした〜!!


JUGEMテーマ:ドイツ

comments(4)  |  trackbacks(0)

edit  top

スワロフスキーのバイオリン&デュッセルドルフ日本デー

WM!! ワールドカップ2010

スポンサーサイト

-  |  -

edit  top

comments »

けい
すごいですね〜、レナさん。
国民栄誉賞ものですね。
代表を公募した甲斐がありましたね〜。

ところで今年の日本デーはシューマンがテーマだったんですか?!
さすが、デュッセルドルフ。
ライン川にアニバーサリーイヤーにデュッセルドルフの住居跡に、
とシューマンにちなんだものがこれだけ揃うなら、この上ないテーマですよね。
お話聞いているだけでも感動的だろうなぁと思いますヨ。
現場も盛り上がったでしょうね♪
2010年05月31日 (月) 07:39
imogas
けいさんへ

まさに、Deutschland ist in Lena-Fieber!ですよー。

日本デー自体のテーマは私も知らないのですが(そもそもテーマなんてあったんだろうか・・)、花火大会のテーマがシューマンだったんです。花火でシューマンって、どんなんだろうと、楽しみにしていたのですが、バックミュージックが、シューマンの作品で(これは、テレビだけだったのかもしれないんですけれど)、花火そのものは、よくある普通の(ドイツでは特別なのですが)様々な形の花火のほかに、ハート(シューマンの心を表していたそうです)や、スマイル、クローバー、惑星(これはホルストですよね・・・なんでだろう)など、これぞシューマンだ!というものではありませんでした。(笑) でも、ラインを聴きながら、夜空に上がる大きな花火と、それがライン川に鏡のように映る様子を見ているだけでも、シューマンに思いをめぐらすのには充分な演出でしたよー!ああ、ここに住めてよかったなぁと心から思います!
2010年05月31日 (月) 08:12
olivomomo
ライン川の景色に花火が上がってそのバックミュージックがシューマンの『ライン』ってことですか?想像しただけでも鳥肌ものですね。あの,滔々と流れる様はあの冒頭のフレーズそのものと思います。私もその場にいたかったです。
2010年06月01日 (火) 13:47
imogas
olivemomoさんへ

そうです!でも、もしかすると、このバックミュージックは、テレビでの放送だけだったのかもしれないです・・。
あの曲は、ほんと、ラインそのものですよね。それ以外の組み合わせは考えられないくらい、音楽と景色がぴったりマッチしていると思います。シューマンがこの地をどれだけ愛していたかがよーくわかりますよね。川沿いをお散歩していて、ふとそのメロディーが浮かぶときもあります。水が綺麗なわけでもないけれど、でも、この川はやはり特別だなぁって思います。
2010年06月04日 (金) 06:30




 

trackbacks »

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.