シェーンブルク〜Schönburg | ♪Arte Gagliano♪
«  2018.07 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  »

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-  |  -

edit  top

シェーンブルク〜Schönburg

シェーンブルク(Schönburg)・・・・。
シェーンベルク(Schönberg・作曲家)ではありません。
私が住んでいるところから、コブレンツ方面に100キロほど走った、オーバーヴェーゼルという町にある、古城ホテル(兼レストラン)。

冬のドイツにしては珍しく天気が良かったので、ドライブ&散歩に行ってまいりました。出発から帰宅までわずか2時間半ほど。
これで、ブログの横のメニューの 「旅」 というカテゴリーに振り分けるのは少々気が引けるのですが・・。プチ旅行と言うことでお許しを。

ここは有名な「ライン河下り」の通り道で、あの、ローレライにも近いせいか、こんなに寒い時期だというのに、家族連れの観光客らしき人と何度かすれ違いました。

しまった・・・がぁ〜ん。この写真、緑が生い茂っている・・・。
今は真冬のはずなんですけどね汗

古城から眺めたライン河。それにしてもラインはいつも素敵です。

景観の素晴らしさににうっとりしていると、「ポ〜ッ」と警笛が!
振り向いてみると、電車が。DB、ドイツ鉄道です。

ライン河にドイツ鉄道、そしてそこに偶然通りかかる貨物船。
しかも山にはお城の影が!傑作の一枚。
特急列車(ICもしくはEC)なんでしょうけど、なんか、ものすごいレトロな感じがするの、何故でしょう。

そして古城ホテル。その名の通り、かつてはお城だったところです。

なんと建築されたのは12世紀のこと。
フランス軍に破壊されたのち、200年もの間朽ち果てたままにされていたのが、19世紀になって修復され、今のような姿となったそうです。

ここを潜り抜けると・・・
この通路を潜り抜けて・・・。いかにも古城らしい。

このおどろおどろしい雰囲気が、また風情があって良いなぁ。
けど真夜中、一人でここを散歩しろといわれたら???

ドイツにたくさんある古城ホテル。長い歴史を歩んできただけのことはあり、その神秘的な趣には、ただならぬオーラを感じます。
中は拝見せずに帰ってきてしまいましたが、古城ホテルに泊まった経験のある友人の話を聞いても、本当に素晴らしくて、感激するらしい。
確かに「お城」 という文字だけ見ると、ロマンチックだとも言える・・・。
でも、ここで起こったであろう歴史的出来事を想像すると、どうも私は昼間の散歩だけで、さようならしてしまいたくなります。

とは言いながら、ここに泊まるのはとても興味深い・・。

夜中になると、どんな人たちが出てくるのかな・・・とか。唖然
ヨーロッパのは、足、付いてるのかな・・・とか。おばけ

こんなんでは風情もへったくれもない。
でも、ロマンチック気分を味わうためにも一度は宿泊しみたいものです。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

三角チョコレートロールケーキ?!

♪ベートーヴェンとお葬式

スポンサーサイト

-  |  -

edit  top

comments »





 

trackbacks »

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.