♪ベートーヴェンとお葬式 | ♪Arte Gagliano♪
«  2020.09 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  »

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-  |  -

edit  top

♪ベートーヴェンとお葬式

今年の最後を飾るのはやはりこの方しかいません。ラブ
いつ書くべきかと、ずっとタイミングを見計らっていましたが、12月と言えば日本では、ちょうど第九が演奏されまくっている時期 (えっ?!もう31日だ。遅かったか・・)。
そして、来年はモーツァルトイヤーだから、今日書かなければ機会を失ってしまう・・。

誰でも知っているベートーヴェン
ドイツ人の間でも圧倒的な人気を誇っています。

ベートーヴェンで私が思い出すのは、お葬式でよく弾いたなぁということ。
勿論コンサートでも!ですが、何故かお葬式で弾くことが非常に多かったのです。

新年を直前にして、お葬式の話というのもなんなのですが・・・。
こちらでは故人を偲んで、お葬式に音楽が演奏されます。教会なので、普通オルガンが演奏されることが多いのですが、弦楽器もよく使われます。

ベートーヴェン好きの方が亡くなられたとき、お葬式にヴァイオリンコンチェルトを是非弾いてもらいたいと頼まれたことがありました。
何でも、生前からの口癖だったらしい。

「わしが死んだらベートーヴェンのヴァイオリンコンチェルトを弾いてくれぃ!」

でもオーケストラを呼ぶほどお金をかける訳にもいかない。でも、亡くなった方は筋金入りのの 「ベートーヴェンコンチェルト好き」 で、どうしてもその希望をかなえてあげたい。だから一人でもいいので弾いて欲しい・・と。

それで、弾きましたよ。一人で。ベートーヴェンのコンチェルト。ピアノ伴奏もなし。ソロだけ。ぅわぅわ響く教会で。間奏の部分はなんとも虚しかった。

他にも、お葬式には弦楽四重奏が特に人気があり、呼ばれてよく弾きに行きました。

前述のように、亡くなった人が生前に予めリクエストしていた曲を弾くこともありますが、こちらが式にふさわしい曲を選ぶこともしばしば。
その選曲がまた難しいのです。
ハチャメチャに明るく、楽しい曲は勿論、悲しみを増幅させるような、暗くて重い短調の曲を弾くのも絶対にタブー。

しかしなんと言っても私が感心するのは、亡くなった人たちの渋い選曲です。
シューベルトの 「ロザムンデ」 を弾いて欲しい・・。と遺言を残す人や、「断章」 をお願いします・・・と言い残す人たち。
あぁ、ドイツだな〜と、またこの国が好きになります。
(葬式に 「断章」 はちょっと激しいんじゃないか?とも思ったが 。)

そして、お葬式で一番よく弾いたのが、ベートーヴェンの弦楽四重奏曲作品130の5楽章、「カヴァティーナ」 。
ベートーヴェン:後期弦楽四重奏曲集
ベートーヴェン:後期弦楽四重奏曲集
タカーチ弦楽四重奏団
コンサートを聴きに行ったたとき、アンコールでカヴァティーナを弾いてくれた。それが素晴らしかったのを覚えているので、ここでご紹介。

こんな美しい曲が演奏された日には、故人も棺おけの中で涙を流して喜んでいるに違いありません。

この曲を聴くと頑固で意固地な私でさえも、自然とやさしい気持ちになります。

世の中の極悪人は、多分、「カヴァティーナ」 を知らないのでしょう。
あのフセインも、アルカイーダのテロリストたちも、ベートーヴェンなんて聴いたこと無いのでしょう。本当に全く残念な話。

それから、ブッシュ大統領は知っているだろうか?
果たして小泉さんは?
もう、絶対、聴いて欲しい。「カヴァティーナ」 。

間もなく過ぎ去ろうとしている2005年。
世界では理不尽な事件や不幸な出来事が多々ありましたが、2006年は、素晴らしいベートーヴェンの音楽をを聴いて、みんな幸せに、平和に暮らしましょうよ・・と提案したい。
来年はモーツァルトイヤーなんだけどな・・・。

みなさんに素晴らしい新年が訪れますように。
そして来年犬もどうぞよろしく。

うわっ!日本はもう大晦日ではないですか!!
ふっ・・・ギリギリ滑り込みで、今年中に間に合いましたっ汗

comments(7)  |  trackbacks(0)

edit  top

シェーンブルク〜Schönburg

新年の出来事 VOL.1

スポンサーサイト

-  |  -

edit  top

comments »

ようこ
ほんとにベートーベン大好きです。学生時代からのオケ生活の中で、一番多く演奏してる作曲家であることは間違いありません。その中でも第九の12月における演奏回数はすごいものがありますけど、でも、やっぱり第九すきだなぁ。何回弾いても飽きないんだよね。指揮者も様々、合唱も様々ですが、でも毎回喜びにあふれた気持ちでいつも弾き終えることができます。やっぱりベートーベンはすごいんだなぁ。カルテットも大好き。死ぬまでにいつかは全曲演奏したいなぁ。日本に帰ってくることがあったら、是非一緒に弾いてほしいですっっっ!いろいろ教えてください!
2005年12月31日 (土) 12:54
♪Mumukau♪
第九、オケじゃなく合唱で参加するとまた違った感動があるらしいですね。カルテットはかなり制覇したと思うけど、どれも本当に素晴らしい♪そして弾くのが異常に難しい・・・。
こちらこそ色々教えてくださいね!

2005年12月31日 (土) 20:11
椎茸@干椎茸
わしが死んだら、エリーゼのためにを弾いてもらおうかのう。

アレンジが面倒そうやから、今から考えといて〜 (・∀・ )ニヤニヤ
2006年01月03日 (火) 09:53
♪Mumukau♪
ギャラ、高くなりますよー。
2006年01月06日 (金) 00:37
椎茸@金は使うためにある
ええよ〜
死んでからやったら、我が腹痛まんし〜。
ぃえ〜ぃvv
2006年01月19日 (木) 13:28
わかこ♪
はじめてコメントさせて頂きます。
ベートーヴェンのカヴァティーナ、どうしても聞いてみたいのですが、CD屋さんでStreichquartettで探してみても見つかりませんでした。
恐縮ですが、売っていそうなどこか大きなCD屋さん知っていたら是非教えて下さい。
2006年03月11日 (土) 08:54
♪Mumukau♪
コメントありがとうございます。
カヴァティーナはベートーヴェンの後期の作品130の中の一つの楽章で、と〜っても有名な曲なのに、これが無いとはちょっと悲しいような・・。
私もF市でクラシックのたくさん売っているCD屋さんってまだ知らないのです。ケルンなんかには巨大なのがあるのに・・・。
でもでも、本当に素晴らしい曲なので聞いてほしいなぁ。
こちらでもちょっと調べてみます。わかったらご連絡しますね。何でしたら私のをお貸ししますが・・・。

追記
CDショップ何軒か見つけました。詳しくはメールにて。
2006年03月11日 (土) 23:21




 

trackbacks »

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.