映画 ・ 『マッチポイント』 | ♪Arte Gagliano♪
«  2020.09 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  »

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-  |  -

edit  top

映画 ・ 『マッチポイント』

映画のことを話題にすると、トラックバックをたくさん頂きます。特に 「フライトプラン」 に関しては本当に驚き。
映画の力ってスゴイのだなぁと、その人気を再認識します。
音楽のことも書いているつもりなのに、そちらにはあまり反応が無く、ちょっと残念な気もするのですが。


てことで、本日も映画について。
先週末、ウッディ・アレン監督の最新映画 「マッチポイント (MATCH POINT)」を見て参りました。
ジョナサン・リース・マイヤーズ、スカーレット・ヨハンソンなどが出演、ロンドンが舞台のスリラーものです。
日本でも近々公開なのではないでしょうか。

うちのくまさんがウッディ・アレンのファンなので観に行った次第なのですが、笑えるシーンの全くない、終始緊張感の漂う非常にシリアスな作品でした。

人間欲張ってはいけません、悪いことしたらこうなるぞ、と語りかけている作品・・というのでしょうか。それとも人生における 「運」 の重要性か? いずれにしても、重いテーマを掲げた作品です。
笑えなくとも、その緊迫感が面白い作品でした。

なんだか小学生が大人ぶって書いた下手くそな作文にみたいなってきたので、この辺りで感想は終わりにします。

あぁっ! 一つだけ、私の笑いを誘ったシーンがありました・・・。
シーンと言って良いのか分かりませんが、この右の女優さん。歩き方がぴょこんぴょこんしていました。私はそれがどうしても日本の若い女の子の歩き方と重なってしまい・・・・。ま、観てみてください。

さて、映画館を出たあと・・・・。
この作品の性質上でしょう、うちのくまさんと二人してものすごく無口になってしまい、このまま家に帰ったら一日中真っ暗な気持ちで過ごす羽目になりそうな気がし、これはマズい・・・と、ジム・キャリーの、はちゃめちゃなコメディー映画、「ディック&ジェーン 復習は最高」 を見に行ってしまいました・・・。


これはこれで頭を空っぽにして大笑い出来ましたが、「マッチポイント」 と、ギャップありすぎやて・・・。

映画ファンのみなさま、この邪道な選択をお許しくださいませ。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

アウアーバッハ城〜Schloss Auerbach

「ライブドアショック」

スポンサーサイト

-  |  -

edit  top

comments »





 

trackbacks »

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.