音楽 | ♪Arte Gagliano♪
«  2018.08 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  »

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-  |  -

edit  top

じじばばコンサート?!

先週末、デュッセルドルフのトーンハレ(コンサートホール)に行って来ました。
クマゾウさんとその両親、そして私の四人で。

さて、何を聴きに行ったか・・・です。

それは・・・。

じじばばコンサート!?

超満員の客席で、上も下も右も左も前も後ろも360度、幾度となく見渡したけど、誓って言います。私が絶対に一番若者だった!
この私が・・ですよ!
ひょうきん族じゃなくて、ドリフターズの時代の。
デビルマンとか、アタックナンバーワンの時代の。
アグネス・チャンなんて、アイドルだったし、「学園天国」は、キョンキョン(て、これももう古い?)じゃなくて、フィンガーファイブが歌っていた!
(何もわからんわ〜!って方、ごめんなさい・・)
そんな世代の私が、ここでは一番若いっ!
これじゃ、もう、申し訳ないけど、じじばばコンサートって言うしかないでしょう・・・。

でも、若者が聴きに来ていないことが、とても残念に思えてなりませんでした。
若者にもぜひぜひ聴いて欲しい、見て欲しい、素晴らしいコンサートだったから。
いい加減ここらで、結局、何のコンサートだったのかを白状すると・・・。

ジャズ。ビッグバンド。
生まれて初めてライブのジャズの演奏会へ行ったのでした。

ドイツのジャズ界では、かなーり有名なアーティスト、マックス・グレーガー率いる、ビッグバンドのコンサート。
この方、日本で言う、長嶋茂雄以上の著名人なのだそう。どっかのサイトでそう紹介されていた・・どういう例えだろう・・。でも、彼は、長島茂雄よりずっと年輩の、何と81歳!びっくり
昔は、自分のバンドを持っていたらしいけど、今は若者、SWR(南西ドイツ放送局)のビッグバンド(のメンバーは、じじばばじゃなくて、ホッとした。笑)とともに。
SWRビッグバンドは、さすが、放送局のバンドだけあってうまい。本当にうまかった。
81歳の主役、マックス・クレーガー氏も、年齢を感じさせないパワフルな(漫才までしてくれるし)、もしくは、ベテランの貫禄を感じさせる、味のある演奏をたっぷり聴かせてくれた。

クラシックにはない類の、ダイナミックさと柔軟さが伝わってきて、とにかく、純粋に楽しいコンサートだった〜。
ジャズに関しては専門外なので、ほとんど知識がない私だけど、うまいかそうでないかは、わかる・・・つもり。
そして、このコンサートに招待してくれた、ジャズ好きのお義父さん曰く、日本のそれとは比にならないほどうまかった!!のだそう。

コンサートでは、ゲストで、グラミー賞を受賞した経歴を持つ、New York Voices という、アメリカのジャズヴォーカル四人組も出てきて、いっぱい歌ってくれた!
これまたうまいし、カッコいい。(この人たちも、じじばばではなかったです。笑)
彼らの歌を聴いて、知らない世界で起こっている、凄いことを知った気分がしました。

あっ!と言う間のコンサートだった〜♪
クラシックのコンサートもしばらく行っていなかったので、楽しく、しかも刺激ももらえた貴重な3時間でした。
それに、じじばばも、けっこう盛り上がって、ノリノリ〜!なのにはビックリ。
ピーピーと指笛はなるわ、立ち上がるわ、コンサートが終わったあとは、これを、「じじばばコンサート」なんて言ってはバチが当たるわ!と思ったのですが、しっかり、今日のタイトルにしてしまいました。。。すんませーん。

とにかく残念無念なのは、辺り一面、じじばば(バチ当たるとか言いつつしつこいですが)しかいなかったこと。悲しい
楽しかったコンサートとは裏腹に、ちょっと複雑な気持ちで帰路につきました。

そう言えば、クラシックのコンサートもじじばばが多い。
実際、じじばばばっかりの前で弾くことも少なくなかったし、弾き終わって客席を見たとき、じじばばがズラリと並んでいて、彼らの温かい拍手に嬉しさを感じながらも、ちょっと寂しい気持ちになったり・・・ポロリ(これは、カルテットっていう、ちょっと特殊な分野だったからかもしれない。オペラやオーケストラのコンサートは、若者もいっぱい聴いているはずだけど・・)。

でも、でも、もしかして、ジャズはもっとやばい?
ジャズと言っても細かく分けると色んなジャンルがあるので一概に言えませんが、少なくとも、ビッグバンドは、じじばばの世界なのか????
流行った世代が世代だというのと、マックス・グレーガー氏自身が、81歳だからな。。。仕方ないっていやぁ、仕方ない。

そして、これは余談ですが、日本人のいっぱいいる街、デュッセルドルフでのコンサートにもかかわらず、日本人は私たち四人だけでした〜。
こんな事って滅多にない〜。歩いたら日本人にぶち当たるこの街で、このコンサートを体験した日本人が私たちだけだったということが、特別なことのような気がして、これにはちょっと嬉しくなってしまいました(ひねくれもんです)。

というわけで、コンサートに招待してくれたお義父さんに感謝!

comments(9)  |  trackbacks(0)

edit  top

文化庁芸術祭優秀賞とグラミー賞



新年明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いします。

イノシシもブタもお友達ということで、お許しを。
それに、松の内(1月7日)を過ぎてしまったら、もう寒中見舞いに切り替えるのが普通みたいですが・・・。

うちはまだクリスマスツリーも飾ったままだし(そろそろ片づけないと・・)、窓にも相変わらずサンタが、笑って貼り付いたままなので、この際何でもありです。

ドイツは何でも500年ぶり(そんな昔の記録が残っていることがスゴイ)の記録的暖冬だそうで、私の住む地域でも異常な温かさ。
今週は、なんと16度にまで気温も上昇するのだそう。もちろんこの冬はまだ一度も雪を見ていません!!
ここまで暖かいと、もう気持ち悪い。
ポカポカ陽気ならありがたいけど、毎日窓から見る空は灰色・・・。

そんな暗〜いドイツですが、ひとつ明るい話題を。

シューマン:弦楽四重奏
シューマン:弦楽四重奏
ロータス・カルテット

私がまだこのカルテットのメンバーだった、2003年に録音したCDです。
昨年の5月末に発売されたのですが、このCDが、2006年度の『文化庁芸術祭優秀賞(レコード部門)』というのを受賞したそうです。

優秀笑じゃありませんよ。優秀賞。

以前このブログでCDの紹介をしたら、わざわざ買って聴いてくださった方がたくさんいらしたようで、皆さんには、改めて感謝!です。
本当にありがとうございました。

現在のメンバーたちには、私がCDの売り上げにかなり貢献した(?)ことも、ちゃんと伝えておきました!

で、その、『文化庁芸術祭優秀賞』ですが、演奏者と言うよりも、レコード制作者に与えられる賞のようで、残念ながら(?!)賞金も、賞品もなんもありませ〜ん!!
ははははは。世の中そんなもん。

そんなわけで、私にはなんの利益もありませんが、また売り上げに貢献するために、一応ご報告した次第です。

こんな(なんて言ったら、バチ当たりそうですが)賞でほくほく喜んでいる私ですが、ミクシィ仲間、○○○さんの旦那様は、なんと、かの『グラミー賞』(クラシック部門)にノミネートされたそうです。
グラミー賞ですよ〜。グラミー賞。

テレビでグラミー賞の中継を見ていると、クラシック部門は、どうも地味で忘れ去られがちなのですが、今年は皆さんもクラシックにもう少し目を向けてくださーい。
・・・とお願いしたい。
グラミー賞の「主要4部門」の中には、クラシック部門が入ってません。。。

そういうわけで、『文化庁芸術祭優秀賞』もいいけど、『グラミー賞』はもっといいな〜。(当たり前です。比べたら怒られるっ!)

グラミー賞は、お家のテレビで観るもん。
今回は、○○○さんの旦那さまが受賞されるかもしれないから、2月の発表が楽しみです。

あ、でも、『文化庁芸術祭優秀賞』も、皆さん頭の隅っこに入れておいてくださいな。笑

雑誌掲載の批評(音楽事務所のページより)

comments(7)  |  trackbacks(0)

edit  top

日本?そしてリゲティーが!それから・・

題の通りです。

日本は、あれれ・・・・・???

ということで。終わりにしておきます。



そして、今日、ハンガリー系オーストリア人の作曲家、リゲティーが亡くなりました。

リゲティーの作品は、弦楽四重奏曲を弾くという計画があったのですが、残念ながら実現の前に仕事をやめてしまったので、結局弾けずじまい。
これから弾くことも多分ないでしょう。

このニュースについて、詳しくは、時間が出来たらまた追加ということで(今から出かけるので〜)、でも、せっかくなので、宣伝しておきます。
この方の。2親等。
コダーイって書いてあるけど、リゲティーも弾いています。

コダーイ : 無伴奏チェロ・ソナタ
コダーイ : 無伴奏チェロ・ソナタ


そして、一夜明けてみれば、岩城さんも亡くなってました。。。。

comments(15)  |  trackbacks(0)

edit  top

☆祝☆CD(シューマン)発売〜!

もうメンバーじゃないしなぁ。どうしようかなぁ。
書くか書くまいか、迷ったけど、この際だから、宣伝してしまおう・・。

私の唯一の、カルテットのCD CD が5月25日に発売された。
シューマンの弦楽四重奏曲全集です。



もう、カルテットはやめてしまったんですけどね・・。でも、録音当時はメンバーだったので、このCDで、第2ヴァイオリンを弾いているのは、正真正銘、私なのです。(コンサートで演奏を聴いたあとに、このCDを購入された方、スイマセン。)

3年前の冬、私がまだ、「ろ〜たすかるてっと」backこのサイトには、当然新しいメンバーが載っているので、私の顔は写ってません!)という弦楽四重奏団(ストリングカルテット)のメンバーだった頃に、このCDの録音をしました。
横浜のホールで。

いつになったら発売されるのかな・・と思っているうちに、私は、結婚して、そのカルテットを退団することになりました。

CDが発売されるより前に退団してしまったので、CD発売もお流れ・・?
幻のCDになるのか〜。残念・・・と思っていたら、なんと、忘れていた今頃、発売になった〜♪祝
何でも、シューマン没後150年(今年!)を待っていたらしい。

downこれ、アマゾンでも買えるみたいです・・。
シューマン:弦楽四重奏
シューマン:弦楽四重奏

CDの詳細はのレコード会社のサイト、こちらを。

録音当時はメンバーだったけれど、もはやそのカルテットの一員ではないので、ジャケットに載っている名前は、私じゃなくて、現在のメンバーのドイツ人のおじさん(マティアスさん、スイマセン・・・)の名前になってしまってるんじゃ?と思ったけれど、ちゃんと私の名前になっていましたヮ・・・。
そりゃそうか・・・。そうでないと、ドイツ人のおじさん(だから、マティアスさん・・)もいい迷惑だ・・。

確か、日本でのシューマンのカルテット全集というのは、「初!」 のはずです。
皆さんにお配りしたいところだけど、私は演奏者なのに5枚しかもらえなくて[:がく〜:]、親族に配ったら、もうなくなってしまうのです・・。
その後は、自分で買うしかない。
自分が弾いてるのに買わなくちゃいけないの?!
インディーズじゃないけど〜。

そんなわけで、興味を持たれた方は、是非、CDをお聴きになってくださいね。
そして、感想もお聞かせいただければ、なお嬉し!
演奏の好みは抜きにして、素晴らしい曲ですから。
そう言う私も、実は完成したCDは、まだ一度も聴いたことがないのですが。

何を隠そう、たった2日間でこの全曲(3曲)を録音しました。
ポップスの歌のように、一曲の長さが短くないから、3曲を2日で・・というのは、かなり無謀な計画なのです。
それに、録音が、日本ツアーのコンサートと一緒にプログラミングされていたので、ハードさに輪がかかり・・。
マル秘今はもう、メンバーではないから言えるのですが、めちゃくちゃキツかったです・・・。
普通はこんなプログラムだったら、レコーディングに一週間くらいはかけないかな?
ずーっとホールにこもって、一日じゅう、シューマン漬けの二日間。
通しで何回弾いたことでしょう。数えられませぬ。

でも、めちゃくちゃ懐かしい〜!
今となってはいい思い出。CDも一生の記念品です。

宣伝になってしまってすみませぬ。
でも、これ、私の人生で、最初で最後の貴重な一枚でしょうから、お許しを。

CDが、日本から送られてくるのが楽しみです〜るんるん
でもきっと、今聴いたら反省すべき点が次々出て来るんだろうな。ちょっと怖い気も・・。
そういう意味では、いつまでたっても自分の音って、客観的には聞けないものなんですね。。。



★追記★ 2007年1月

このCD、2006年度の、「文化庁芸術祭優秀賞」に選ばれました!詳しくはこちらを。

CDの雑誌掲載の批評はこちら(音楽事務所のページより)からどうぞ。

comments(35)  |  trackbacks(4)

edit  top

ドイツ・グラモフォンと契約!

えっ?私が?


まさか・・・。
それはあり得ません。冗談でもそんなこと言ったりはしません。

こちらの大学で同級生だった、友人たちのピアノ四重奏団が、かのドイツ・グラモフォンと契約したのです!

ドイツ・グラモフォンというのは、世界でもっとも古い、クラシックのレーベルで、世界各国を飛び回っている人気のスーパースターの多くが、このレコードレーベルから録音を出しています。
例えばヴァイオリニストのアンネ・ゾフィー・ムターも、ギドン・クレーメルも、最近人気のヒラリー・ハーンも、ピアニストのマルタ・アルゲリッチも・・・。日本人では、小澤征爾、五嶋龍(みどりの弟!)や、庄司紗矢香・・・。

そこに、あの友人達のカルテットが加わるー!!??
学生時代から、うまいっ!とは思っていたものの、その快挙に驚くと同時に、嬉しくて、このニュースを聞いたときには、もう家の中で、一人で大騒ぎしてしまいました。

その名は「フォーレ・カルテット(Faure Quartett)」

快挙っ!

先ほど名を挙げた、ピアニストのアルゲリッチが、「彼らの演奏を一度聴けば、誰もが、もう一度聴きたいと思うに違いない。」
と絶賛しているそうです。

あれよあれよという間にドイツを代表するカルテットになってしまいましたが、多分そのうち日本ツアーもすることになるでしょう・・。
機会があれば、是非日本のみなさまも、聴いてみてください。

私は・・・招待状をちょうだい!!と言いたいところですが・・・。

そう言えば。。。
昨年は、やはり同門の友人が、アルバンベルク・カルテットのヴィオラ奏者になったし、私の回りは本当にスゴいことになっています。
同じ先生の下で勉強して、ここまで差が出るとは、やっぱり本人次第なのか・・。
そら、当たり前か・・・。ううう・・。

それにしても、あんな田舎町の大学から、こんなスターが生まれるとは、KA市も捨てたものではありません・・。

さ、CD買いに行ってこようかな。

Faure;Piano Quartet No.1 Op.15
Faure;Piano Quartet No.1 Op.15
こちらは、ドイツ・グラモフォンではないけれど、彼らのCD。日本でも買えるのか。

おーい!ここまで宣伝したからには、やっぱり招待券をおくれ〜っ!!

comments(4)  |  trackbacks(0)

edit  top

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.