映画 | ♪Arte Gagliano♪
«  2018.08 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  »

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-  |  -

edit  top

統一記念日とドイツ映画ちょっとだけ

紅葉
ちょっと前の近所の公園の様子。
今はもう少し紅葉が進んでいます。
というか、葉っぱがかなり散ってしまって、さみし〜い感じになってきた。

今日、10月3日は、ドイツ統一記念日でした。
もう日本は4日になってしまいましたが。

東西が統一されたのが1990年なので、今年で18年。あー。早い。

統一について私が思うことは、すでに先日、ドイツ滞在○○周年とかいう記事で書いたので、今日はもう触れませんが、代わりに、東西ドイツ統一をテーマにしたドイツ映画の話をちょっとだけ。やはり今日は、テレビでも東西統一にちなんだ番組がいろいろ放送されているので。

2007年の第79回アカデミー賞で外国語映画賞を受賞したドイツ映画、善き人のためのソナタ(原題 Das Leben der Anderen)が、まさに今、テレビで放映中です。しかし、私は今、違う番組を見ながらこれを書いております(あかんやろ)。まぁ、DVDを持っているので、今日はいいや・・ということで。

この映画については以前にも書きましたが、いちいち新しいページを開いて読む・・というのが億劫な、私と同じようなめんどくさがりの方もたくさんいらっしゃるでしょうから、またここでもしつこく書いておく。


壁が崩壊する前の東ドイツを舞台に、その残忍さ、非常さにおいてナチス時代のゲシュタポにも比較されるシュタージという強大な監視システムに初めてメスを入れ、一党独裁の恐怖統治内部のおぞましい腐敗と愚劣な為政者たちによって翻弄される芸術家達の苦悩を浮き彫りにした見事なヒューマンドラマであり、哀切極まりないラブ・ストーリーである。

善き人のためのソナタ公式サイトより。

今から二十数年前の話です。
私の友人達も、こんな政治体制のもとで(それもつい最近まで)、暮らしていたなんて、未だに信じられません。私がドイツに来たのは1995年だったから、当時は、たった5年前の話なのか・・と思ってぞっとしたものです。
そうそう、この映画がアカデミー賞を受賞したあと、主演のUlrich Müheさん、病気で亡くなったんです。ビックリしました。

そして、今日は、この映画のあとに、グッバイ、レーニン!も放映されるみたいだ。

これも有名なドイツ映画で、東西統一直後のドイツを描いた作品。ご覧になった人も多いかもしれません。これについては、まだこのブログでは紹介したことがないのですが、長くなるので、またの機会に・・(例によって、あてにならない予定です)。

東西統一前のドイツを描いた映画と、統一直後を描いた映画の二本立て。
ちょっと疲れそうですが。汗

そう言えば、日本でも有名な元フィギュアスケート選手のカタリーナ・ビット(正しくはカタリーナ・ヴィットと書いたほうがいいかも)も、旧東ドイツ人。
国に行動を監視されていた選手時代のことを告白して話題になったのも記憶に新しい(私のいい加減な記憶によると、2、3年前だったかな)。情報漏洩のないようにと、手紙などもすべて、国によってチェックされていたそうです。

下の動画は、カルガリーオリンピックの時のカタリーナ・ビット。懐かし〜。妖艶な雰囲気もありますが、まだかわいらしさも残っていた頃・・。笑
しかし、この笑顔のウラでは、旧東ドイツ体制の厳しい監視に苦しめられていたわけです。なんとも恐ろしい話。


クリックで再生。

こんなおばちゃんになってしまったけど・・・。彼女も今は、すっかりおばさんになってしまったけど、なんだかタレントのようなこともして、ドイツのテレビによく登場しています。おばちゃんではありながら、今でも綺麗ですけど。まぁ、あの頃の可憐な感じはもうないですな。20年もたったら誰でもそうか。笑

現在の彼女をもっと見たい方はこちらでどうぞ。
え、もういいですか?
あ、これで十分。そうですか。

ドイツは、この祝日のお蔭で3連休です。旅行に出かけられた人も多そうですが、うちは散歩止まりでした・・ははは。そんなもんです現実は。

善き人のためのソナタ スタンダード・エディション
善き人のためのソナタ スタンダード・エディション

グッバイ、レーニン!
グッバイ、レーニン!

JUGEMテーマ:映画
JUGEMテーマ:ドイツ

comments(16)  |  trackbacks(0)

edit  top

ドイツの映画賞 〜 4分間のピアニスト

映画を観るのが好きです。

ハリウッド映画は楽しいし、近頃人気のあるフランス映画のお洒落で独特な空気の流れも大好きです。
しかし、せっかくドイツにいるのだから、もっとドイツ映画も観るべきなのです!

前にも紹介した、ドイツの映画、『Das Leben der Anderen』(邦題・『善き人のためのソナタ』)。この映画が今年のアカデミー賞を受賞したのは、皆さんの記憶にも新しいところでしょう。

実はこの作品、アカデミー賞を受賞する前の年に、ドイツの映画賞、『DEUTSCHER FILMPREIS 2006』で、最優秀作品賞に選ばれていました。

これがドイツの映画賞のトロフィー。



「オスカー」ならぬ、「ローラ像」です。
そして昨日、2007年のドイツ映画賞授賞式がベルリンで行われました。

下馬評では、日本でも公開されて話題になった、『Das Parfum』(邦題・『パフューム〜ある人殺しの物語』)が、主要な賞を総ナメするであろうと言われていたのですが、ところがどっこいフタを開けてみれば・・・・。



今年のドイツ映画賞で最優秀作品賞(ゴールド)を受賞したのは、Chris Kraus監督の『VIER MINUTEN』
「VIER MINUTEN」は、日本語にすると「4分」という意味なのですが、邦題は『4分間のピアニスト』と言うそうです。
パフュームもそうでしたが、この映画も、新聞や雑誌の批評で絶賛された話題の作品でした。
私はまだ観ていないので,今回もまたあらすじは引用です。

60年以上も女子刑務所でピアノ教師をつとめるトラウデは、殺人罪で入所したジェニーの才能に惚れこみ、彼女をコンクールに出場させる。どう扱っても攻撃的な反応しか示さないジェニーに、トラウデは自身の少女時代を思い出しながら粘り強く指導を続ける。決勝に進んだジェニーは、はたして優勝できるのか?トラウデ役のモニカ・ブライプトロイ、ジェニー役のハンナー・ヘルツシュプルングは揃ってバイエルン映画祭女優賞に輝いた。07年ドイツ映画賞で7部門にノミネートされている、あまりにも衝撃的な<音楽映画>。
ドイツ映画際2007公式ホームページより

どうです? 面白そうじゃないですか?


『パフューム』も今回、作品賞のシルバーや、衣装や編集、音響などの分野で多くの賞を受賞しましたが、この『4分間のピアニスト』は、主演女優賞、助演女優賞などの主要の賞を獲得。

(左が助演女優賞のHannah Herzsprung、右が主演女優賞のMonica Bleibtreu)

来年のアカデミー賞に、またドイツの作品が顔を出すのではないかという期待も膨らみます。

日本の雑誌などで、ハリウッドやフランス映画の特集を見かけることはとても多いけれど、ドイツ映画の特集が組まれることって、残念ながら皆無に近い。。。
でも、これからは、せっかくドイツに住んでいるのだから、ドイツ映画にもたくさん触れてみよう・・と昨日の授賞式を見ながら思いました。

ブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリーも、ベルリンに家を持っているくらいですから、これからは、ドイツに注目しない手はありません。

『4分間のピアニスト』は、今秋日本公開だそうです。お見逃しなく
・・ってまだ観てもいない人が薦めてもあんまり説得力ないか・・・。

comments(16)  |  trackbacks(0)

edit  top

プラダを着た悪魔



映画、『プラダを着た悪魔』
ドイツでは、"Der Teufel trägt Prada"

ものすごく話題になったので、観た人も多いだろうなぁ。
やっぱり映画には行けなかったけど、ドイツでは、DVDが3月5日に売り出されたので、早速観てみました。

ネタバレ無しですので、まだ観てない人もご安心を。



ブランドには、全く疎くて、ほとんど興味がない私ですが、それより何より、この作品のメッセージは、ファッションとかオシャレとか、そんなところにとどまらないので、私と同様、「ブランド興味なし!」という人にも是非、おすすめしたい作品。
ブランドに興味ありの人は、服からバッグから靴から髪型から、実際にファッションデザイナーやスーパーモデルも出てくるし、ポカ〜ン・・と口を開けて、なーんも考えずに見てるだけで、そりゃ〜もう楽っしい作品だと思います。

さて、あらすじですが、まとめるのが下手なので、またgooより引用。

大学を卒業したばかりのアンディの夢は、ジャーナリストだ。しかしそんな彼女が、ひょんなことから就いたのは、NYの一流ファッション誌の編集長アシスタント。多くの女性が憧れる職業かもしれない。でも当のアンディには興味ゼロの世界。果てはジャーナリストになるため!と職場に向かったのは良いけれど、彼女が手にしたアシスタント職は、生易しいモノではなかった。超カリスマ的な存在として君臨する編集長のミランダは、まさに「プラダを着た悪魔」だったのだ。

ヒロインの、アン・ハサウェイは、お目めくりくりで(お口もデカデカだけど)もの凄くかわいい。そして、なんと言っても、「プラダを着た悪魔」である上司役のメリル・ストリープがスゴイ。
14回もオスカーにノミネートされた人だけあって、悪魔っぷりが、それはもうお見事。
ふと見せる、ウラの感情とか、ああいう細やかな表情を、コメディータッチの作品の中でも出せる女優さんってなかなかいないと思う。
ブラボー。

そして、私の作品に対する感想はといいますと・・・。

あまりにも、数年前まで、自分の置かれていた環境とそっくりなのに、先ず驚く。
いや、もちろん、設定は全然違います。あんなにきらびやかでオシャレな業界じゃないし。笑
正確には、ああいう環境での「心理状態」がそっくり・・だった。

がむしゃらに頑張るヒロインが自分みたいで、涙が出てきそうになった〜。
いや、もちろん、間違っても私はあんなにかわいくはないし、若くもないし、賢くもないし、デキル娘でもないけどね。笑
(どっちかっていうと、意地悪な上司のほうに年齢も近い?ってことはないか〜)

あ?これって、涙を誘う作品ではないはずなのだが・・・。
でもそれくらい、数年前の自分と同じ心境(環境)で働き、そして、仕事とプライベートの間で悩むヒロインが他人には思えなかった〜。

一瞬華やかに見える世界。でもそのウラでは、ほとんど死んでたり・・。笑

あんまり深くは語りませんが、プロっていうのはそういう世界。
そして、ああいう悪魔みたいな上司も、やっぱり必要なのだ。
いや、別に私は、意地悪上司の下で働いていたわけではないけどね。笑

しかも、最後の最後に彼女が選んだ道が、私とまたダブるのが、嬉しい。

「キャリアアップと大切な家族や友達、どっちを選ぶか。。。」

この作品を観たら、「自分の選択は間違ってなかったわ〜!」と妙に嬉しくなった。

ファッションやブランドに興味がないし・・・と、この映画を敬遠してる人がいたら、それは間違い〜。キャリア志向の女性と、仕事とプライベートどちらを選択すべきか悩んでいる人に是非に観て欲しい作品でした。
特に、一人で頑張って、今の状態と将来に悩んでいる女性に!
(数年前まで私もそうだった・・)

それから、なんと言っても、オシャレというものを忘れてしまっている、ドイツ長期在住の、ダサダサおばちゃんにも!
あ、それって、私のことか。

comments(7)  |  trackbacks(0)

edit  top

ドイツ映画、アカデミー賞受賞!

ドイツ映画が、2007年の第79回アカデミー賞で、外国語映画賞を受賞した〜!
当然ですが、これが、今日のドイツのトップニュースでした!

『Das Leben der Anderen』(←ドイツ語サイト)
邦題は、『善き人のためのソナタ』(←日本語サイト)っていうらしい。

この題名の変化のしようはなんだろうな。。。

若干33歳の新鋭ドイツ人監督が、4年の歳月をかけて撮ったというこの映画は、ドイツでは、2006年の3月に公開されたものだったので、もう、一年くらい前。
(日本では、今年の2月10日から公開されてるみたいで、まさに今やっている・・)

ドイツでもかなり話題になり、絶賛されていたけど、結局、映画館では観ないまま終わってしまいました・・・。
でも、今回、このオスカーを始め、色々な映画祭で賞を獲ったので、また再上映されるのではないかと期待。
それか、最近、我が家ではありがちなのですが、DVDが出るまで待つことになるのか。。。


1984年、東西冷戦下の東ベルリン。国家保安省(シュタージ)局員のヴィースラーは、劇作家のドライマンと舞台女優である恋人のクリスタが反体制的であるという証拠をつかむよう命じられる。成功すれば出世が待っていた。しかし予期していなかったのは、彼らの世界に近づくことで監視する側である自分自身が変えられてしまうということだった。国家を信じ忠実に仕えてきたヴィースラーだったが、盗聴器を通して知る、自由、愛、音楽、文学に影響を受け、いつの間にか今まで知ることのなかった新しい人生に目覚めていく。ふたりの男女を通じて、あの壁の向こう側へと世界が開かれていくのだった…。

私は、この作品を観ていないので、あらすじは、gooから引用させてもらいました。

この映画と同じように、実際に監視されながらの生活を経験したという、旧東ドイツ出身の俳優も出演しているそう。
そういう話を聞くと、今の自由なこの国の状態から考えると、ほんの十数年前に、このような時代があったことが、とても信じられない。

ドイツ映画は、あまり知られていないかもしれないけど、時々すごくいいのがあったりする。

そう言えば、私が初めてドイツの映画館で観た映画が、ドイツ映画だった。
1996年(ぎょっ!11年前・・)の作品、Jenseits der Stilleだった。(邦題はビヨンド・サイレンス
実は、この作品も、1998年度アカデミー賞にノミネートされていたんだけど、残念ながら受賞はならず。

ドイツに来たばかりで、ほとんどドイツ語ができない状態で観たけど、それでも、「いい映画だなぁ・・」と思ったので(いい加減。。)、また観てみたくなってきた。
と思ったら、近々ドイツのテレビで放映されるみたいだ。
わーい。
なので、この作品についても、詳しくは再度観てから、そのうち、ここでまた触れようと思います。

これ、アマゾンで日本語版があるかどうか見てみたら、あったじゃないか!
しかし、たっかい!メチャクチャ高い!(ドイツ版は1000円くらいなのになぁ・・)

ビヨンド・サイレンス
ビヨンド・サイレンス
タティアーナ・トゥリープ

お薦めしたいけど、この値段じゃ、なかなか買おう!と思う人もいないでしょう。
レンタルはされてるのだろうか・・。

どっちにしても、ドイツ映画は、日本においては、かなりマイナーでしょう。
一部の映画ファンには、とても人気があるようだし、実際、思い起こしてみると、わりと有名な作品も出てくるのですが、日本では、あまり日の目を見ない分野であることは確か。

今回の、ドイツ映画オスカー受賞を機会に、皆さんもちょっと今後は、ドイツ映画に注目してみては如何?

comments(9)  |  trackbacks(0)

edit  top

カウチ イン ニューヨーク

今週は、ブログのネタにできそうな色々思いついたのですが、久しぶりに映画の感想を書いてみようかと。

最後に映画館で映画を観たのは、昨年の2月、スピルバーグ監督の『ミュンヘン』だった。
・・と言うことは、もう一年近くも映画館に行っていないじゃないか〜!

もともと映画は大好きで、以前は夫婦揃って映画館にもよく足を運んでいたのですが、犬を飼ってからというもの、子犬を一匹家において出かけるのは、数時間とは言え、どうも不憫な気がするのだなぁ。

その代わりと言っちゃなんですが、DVDを買って、それで取りあえず満足する・・というパターンが定着してきました。
いまどきのDVDは、ずいぶん安く手に入るし(10ユーロくらい・・ユーロ高で、日本円に換算すると、そう安くもないのですが、ヨーロッパに住んで生活をしている限りは、日本円に換算する意味は全くないので・・)、何といっても、自分のライブラリ−としていつまでも手元に残るのがいい!

そんなわけで、この映画観たかってん〜!という作品をちょこちょこと買い集めていたら、いつの間にかライブラリーは、80本を越えていた。

でも、家でDVD鑑賞って、どうしても何か他の用事をしながら観てしまうので、集中出来ないのが難点。
画面をちらっちらっと振り返りながらお茶を淹れてみたり、一時停止して「ちょっと待って!トイレ行って来る・・」とか、途中でどうしようもない睡魔が襲ってきたりとか・・・。
ま、お金を払って観ているわけでもないし、何度でも観られるし・・というのがあるから仕方ない。

今年になってからも、3本くらいDVD鑑賞を試みたけど、毎回寝てしまっていた・・・。
でも先日、やっと、やっと、最後まできちんと観ることのできた作品が。

またしても、前置きがずいぶん長くなりましたが、その映画をちょっとご紹介。

ジュリエット・ビノシュ&ウィリアム・ハート主演のロマンチック・コメディ(という分野に入るんだろうか・・)、Eine Couch in New York (A Couch in New York / カウチ・イン・ニューヨーク)


↑ドイツ語吹き替え版

カウチ・イン・ニューヨーク【字幕版】
↑日本語字幕版

1996年の作品です。タイトルはニューヨークだけど、ハリウッド映画ではなく、フランス、ドイツ、ベルギーの共同作。確か、カメラがドイツ人だったような記憶が。
どちらかというと女性向きかもしれませぬ(監督も女性だし・・)。寒い冬にも心温る、とってもかわいい作品でした。

一目で、ハリウッドの映画とは明らかに違った、ヨーロッパ独特の空気とか色が感じられてとてもいい。

ニューヨークに住むエリート精神分析医とパリに住むダンサー、全くタイプの違う二人が、新聞広告をとおしてお互いのアパートの部屋を交換することから始まるコメディ。
精神分析医のヘンリーは、交換した先のパリのオンボロ部屋と、そこでの出来事に嫌気がさしてすぐニューヨークに引き上げるのだけど、彼が自分のアパートに戻ってみたら、部屋を交換した相手、ベアトリス(パリから来たダンサー)が、ヘンリーの患者を診ていた。しかも、医者でも何でもない彼女が診た患者は以前よりよくなっている様子。それを見たヘンリーは・・・・。

この映画、モノローグが多いし、それがまた意味深だったりするので、ドイツ語で観るのはちょっと疲れましたが、主人公の飼っているゴールデンレトリバーが、何とも言えずかわいくて、ほっこり。

このワンちゃんの利口さを、うちのディアナに見せようと思ったら、横でガーガーといびきをかいて寝ていた。。。ん〜、話になりませんな。

ヨーロッパの映画には、ハリウッド作品のような、スピード感溢れるハラハラドキドキ・・っていうのはないけど、しみじみした味わいがあるのがいい。
たまには、こういうヨーロッパの作品も新鮮でよいのでは?

comments(2)  |  trackbacks(0)

edit  top

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.