ひとりごと | ♪Arte Gagliano♪
«  2018.08 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  »

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-  |  -

edit  top

お知らせっ

行きそこなった日本対ドイツ親善試合。。。。

マイミクシィの皆さんの日記では、あまり触れられていなかったようですが、昨日、サッカーの日本対ドイツ親善試合がレーバークーゼンでありました。
このことについてはあとで、もう一つの日記に書く予定〜。

もう一つの日記・・・。
このブログは、写真が多くてなかなか開けない人もいるようなのと、ドイツを伝える〜!!とか言いながら、チュニジアとかイタリアとか、日常生活とは、かなりかけ離れた内容になっていることに気づいたので、最初の意志を貫くべく、ドイツ的日常を伝えるもう一つの日記を開設しました。
もうちょっと、ドイツのなんでもない、アホ〜な日常の一幕を綴ることにしまますので、アホ〜なのが好きな方はどうぞ見てみてください。

いつまで持つかは分かりません。

このブログでは、引き続き、ドイツに限らず、音楽、映画、アート、食べ物、旅などについて、写真もたくさん載せていくつもりです。
チュニジアとイタリアの思い出も・・・。もうだいぶ記憶が薄れてきたが。

どちらもよろしく。




親善試合は・・・行きそこないました。

comments(12)  |  trackbacks(0)

edit  top

本屋が欲しい・・。

読書今日、日本語の本や雑誌を扱っている書店へ行ったら、ずっと読みたかった文庫本が二冊見つかった。

値段を見たら、日本で買うより約2倍高い!
でも、見つけてしまったからには、どうしても読みたい。
どうしよう。二冊は贅沢やな。

手に取って見てみると、ちょっと汚れてる。いや、かなり?
これに、この値段払うのは嫌やな。
でも読みたいしな。どうしよう。

さんざん迷った末、結局汚れの少ない方を一冊買ってしまった。

日本では、欲しかった本が見つかっても、それが汚れていたら、そこでは絶対買わず、キレイなのを求めて別の本屋へ行く。本屋ハシゴ。
しかし、こっちではそうもいかないから悲しい。しょんぼり

本屋の店員さん、「10オイロ(ユーロ・ドイツではオイロと発音する)と50ペニヒです。」

「ペニヒ? あの・・・」

ペニヒ・・懐かしい響きです。
そう言えば、2001年まで、ドイツの通貨は、「マルク」 とその下の単位が 「ペニヒ」 だった。
現在は、「オイロ(ユーロ)」 と 「セント」 なんですが。

さて、店員さん。慌てて、「あっ!50セントです・・。」 と言い直していたけど、その気持ち分かります。

もう、変更されてから4年以上たつのに、私も時々「・・マルク」 と言ってしまう。
マルク時代のお札やコインの模様も、もうほとんど思い出せなくなっているのに。
そのうち、マルク・・と言うのも口から出てこなくなったりするのかな。

こんなことを思い起こしていると、時代は止まらずに進んでいるのだな・・と、切ない気分になる。

日本でも、50銭・・とか言ってる人、たまにいますね。
あ、もう、いませんか。。。

ところで、こっちで2倍くらいするのを買うのと、日本から買って誰かに郵送してもらうのと、どっちが安いんだろう。
郵送料も結構するし・・。

願わくば、本じゃなくて、日本の本屋を丸ごと手に入れたいものです。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

ベンジャミンとバナナの木

結婚記念日パート2にかこつけて、観葉植物を2鉢買った。

バナナの木



他の買い物中に偶然見つけたこのバナナの木。
見ているだけで、南国の香りがしてきます。

そのうちバナナの実がなってくれることを期待して・・・。

ドイツでバナナ?

そんなことってあり得るのか?????
聞いたこと無いけど・・・。

でも、お猿がキーキー言いながら、バナナの木をするすると登り、熟したバナナをもぎ取って、満足そうに食べているを想像して、買わずにはいられなかった。

4月も半ばというのに、地域によってはまだ雪も降るほどに寒いドイツで、バナナの木が育ってくれたら、私は猿じゃないけど、もう飛び上がらずにはいられないでしょう。
木のてっぺんまで登って、意地でもバナナをもぎ取ります。

バナナは果たして食べられるか・・・。成長が楽しみ。
本当に成長したら、家の天井を突き抜けてしまうのでかなり困るけど。 汗
一応、夢は持って育てます。


そして、もう一本は、ベンジャミン



こちらはもうお馴染みですね。
育てているという方も多いのでは?

こちら、ツボのような鉢カバーにはまってますが、そこがまたかわいい。



って本当は、木の部分が見えた方がいいのですが、このハマリ具合が、気に入ったので、セットにして飾っています。

やはりグリーンが部屋にあるというのは落ち着きます。
気のせいか、空気が綺麗になって、酸素も増えたような。真っ白で寂しげな部屋が、一気に明るくなって、いいことづくめ。
「癒し」と言う言葉がはやりましたが、これがそうだな・・と実感しました。

しかし・・・園芸なんてやったことない私には、どちらも育て方がイマイチわからない。
観葉植物用の液体肥料をやるのがいいと聞いたので、それは実行しようと思っていますが、私が、この2本の木を枯らさずに育てあげることは、可能かどうか・・。

でも、観葉植物って、ほっといていいんですよね。あ、駄目ですか?
どちらにしても、記念に買ったのだから、せめて数年は生きていて欲しい!
頑張って、バナナとベンジャミン!

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

結婚記念日パート

祝 今日、3月16日は、私とクマゾウさんの結婚記念日。

まだ、簡単に破れるし、燃やせるし、ぐちゃぐちゃに丸めてポイ出来るぺらぺらの紙ですが。

結婚は仏滅にするのがよい!という我が家の方針で(どんな家や汗)、適切な日にちを探したけれど、クマゾウさんの両親は、やはり大安がよいと・・・(当たり前!)。
それで、どちらの親も悲しまなくてすむようにと、大安でも仏滅でもない日を選んで、婚姻届を提出したあの日から・・・。

でも、私たちには、3週間後に、結婚記念日パートが待っています。


結婚記念日って、正式にはいつのことを言うのでしょうか?
普通は、入籍した日?または結婚式を挙げた日?

私たちは式を挙げていないので、記念日は入籍日にしたいところなのですが、ドイツに住んでいるため、ややこしいことに・・・。

せっかくこの日!と決めて、ドイツにある、日本総領事館に婚姻届を提出したのですが、その書類は先ず、日本の外務省を経由してから、本籍のある市の役所へ届けられた。

つまり、婚姻届が受領されたのは、提出から3週間後。
さて・・・この場合、どちらが、記念日になるのでしょうか?
提出日?受領日?

自分たちで、「この日に!」 と思い、やっと選んだ3月16日は、正式には単なる提出日・・・なんですね。

でも、日本で婚姻届が受領された日と言っても、当たり前ながら、領事館や市役所からは、受領のお知らせ・・なんてものはいっさい無し。
随分あとになって、自分で本籍地の市役所に電話し、「あのぉ・・もう新しい戸籍謄本は出来てますでしょうか・・」 と問い合わせて初めて、「4月8日付で受領されていますよ」・・と、確認できました。

あっ、残念ながら、自分で選ぶ余地の無かった受領日も、仏滅ではありませんでした・・・。

そんなわけで、どうしても、どっちが記念日とは決められず、今日は記念日パート

comments(12)  |  trackbacks(0)

edit  top

恐るべしmixi(ミクシィ)ワールド

昨年末、知人(?)に紹介されて、mixi(ミクシィ)に登録してみました。

ミクシィをご存じの方も、何ですか?それ・・・という方もいらっしゃることでしょう。
「ソーシャル・ネットワーキング・サイト」 というものだそうです。

って言われても、分からない方には全然分かりませんわな。

簡単に言うと、インターネット上で友人の輪を広げていくものなのですが、
ここに登録するためには、先ず、既にミクシィに登録している友人からの招待が必要なのです。
招待状なんて・・・なんだか、特別待遇されたような優越感に浸れるところがまたいいのだそうですが、そんなことで優越感って言ってもなぁ・・・。

ふーん・・・そんなサイトがあるんですか。と思っていたところ、偶然タイミングを計ったかのように知人から招待状をいただきました。

登録すると、自分のページが与えられ、プロフィールや日記を書いて、インターネット上に公開できるのですが、それを読んだ見ず知らずの人が、その日記に対してコメントを書き込んでくれる・・・。それにお返事を返す。

その繰り返しで、友人になることもあれば、検索機能を使って、友人を捜し出すということも出来る。
例えば 「海外在住・30歳〜35歳・女性・出身地は京都」 というように設定し、キーワードの欄に 「ドイツ・ヴァイオリン」 と打ち込んでみる。
それで検索した結果、登録者の中から自動的にその条件に当てはまる人たちが表示される。

私はその機能を使って、なんと16年間も連絡が途絶えていた懐かしい友人を見つけたのですが、これにはお互いビックリ!!
今では毎日のように彼女とミクシィ上で情報の交換をし合っています・・・。

私が招待して、うちのクマゾウさん(夫)も登録した(させた!)のですが、クマゾウさんのページを偶然訪れた人が、ドイツのオーケストラで、コンサートマスター(女性なので、コンサートミストレスって言うのが正しい)をなさっている方だった・・ということも。

その方とはメッセージのやりとりの末、先日近所のレストランでお食事をご一緒させていただきました!

さらに彼女を通して、また他のヴァイオリニストの方が、お声を掛けてくださったり・・・。

「うわぁ!この人、絶対○○さんだよ〜。クマゾウさんってスゴイ。」

クマゾウさんはこの状況がちっとも分からないのですが、どうも、彼にはミクシィ上において、芸術・音楽関係のかたがたを引き寄せる力があるみたいだ・・。
彼を登録させておいたお蔭で、思わぬ発展があり、このドイツの田舎生活にも変化があったということですから、クマゾウさんに感謝!!

本当に驚かずにはいられない偶然が重なって、初めは一人だった私の 「マイミクシィ」 も今では11人に膨れあがりました。
音楽家、同じドイツ在住の主婦、趣味が同じだという人、全く違う世界の人・・・エトセトラ。

このミクシィの不思議な威力に驚かされるとと同時に、これからどのようにこの輪が広がっていくのか楽しみでもあります。
恐るべしミクシィワールド!

なんでも250万人以上もの登録者がいるのだとか・・・。
中には嘘の情報を載せたり、成りすましで登録している悪人がいたり、これにハマッてしまい、コンピューターの前から離れられず、何事も手に付かなくなってしまう人もいるとか・・・これには要注意です。

そうはならない程度に楽しみたいものです。
ミクシィで私を見つけた方は是非ご連絡を〜!

しかし・・・。
ミクシィもいいけど、本当のところは、こっちのブログを読んでいただけるほうが嬉しいのだが・・・。

comments(3)  |  trackbacks(0)

edit  top

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.