音楽 | ♪Arte Gagliano♪
«  2018.10 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  »

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-  |  -

edit  top

芸術と音楽の旅〜NHK交響楽団 in ベルリン

芸術と音楽の旅の3日目にN響のドイツ・ベルリン公演を聴きました。
オーケストラをライブで聴くのは、超、超、久し振り!
前半がワディム・レーピンのソロでベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲、後半がショスタコーヴィチのシンフォニー8番というプログラムでした。
長かった〜。8時PMから始まって終わったのは10時30分PMだった・・。

コンサート前の様子

フィルハーモニーの大ホールは満員。さすがに日本人もいっぱい来ていました。
ヴァイオリンを持った学生さんらしき人も・・・。
こんな頃もあったなぁ・・と昔を懐かしく思い出しました。

何を隠そうベートヴェンのこのコンチェルトは全てのヴァイオリンコンチェルトの中で私が最も好きな作品。こっちの卒試で弾いた思い出の曲です。
特に2楽章の静かな美しさがもう極上です。
私はこれを聴くのが楽しみで、遥々ベルリンまで来たのようなものです。
そして、この作品は難曲中の難曲。このコンチェルトを美しく弾くのは至難の業なのです。
これは個人的な意見ですが、チャイコフスキーもブラームスも、ベートーヴェンの難しさに比べたらかわいいもの。
・・と偉そうに言っても、勿論どれも難しいのですが。
でも実際私は、4大ヴァイオリンコンチェルトに限って言うと、メンデルスソーン→チャイコフスキー→ブラームス→ベートーヴェンの順に勉強したものですから・・。

続きを読む

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

シューマンとラインの思い出

Rheinkniebrueckeここからシューマンは身を投げた!

そろそろ音楽の話題を書かねばバイオリン弾きであることを疑われるような気がしてきました。

今、部屋でかかっているのはシューマンのシンフォニー第3番。ラインです。
実は私はちょっと前までライン川の近くに住んでいました。シューマンハウスも近かったなぁ・・・。
この町(デュッセルドルフ)は、うちのくまさんの故郷でもあります。
シューマンもここを歩いていたんだなぁ・・としみじみ思いながら、私もこのライン川沿いをよく散歩したものです。
また、テレビ塔に一番近い橋(ここからシューマンは川に飛び込んだと言われている)を眺めながら、一人物思いにふける毎日を過ごしておりました・・・というのはウソ。当時は修業中で物思いにふける余裕なんぞなかったです・・・。うぅぅっ。悲しい

でもライン川沿いは本当に美しい!ラインと名づけたのはシューマン本人ではないけど、この景観に触発されてたくさんの曲を書いたというのも頷けます。

先日くまさんがこの曲のCDが欲しいと言うので、交響曲全集を買いました。
ここで紹介しようと思ったけど、全曲集で画像の付いているものが、ウィーンのオーケストラのものしか見つからなくて残念。やっぱりドイツのオケで聴いて欲しいです。

そういえば、シューマンばっかりさらっていた時期がありました。
シューマンのカルテット全曲!なんていうカルト的なプログラムでコンサートしたこともありましたな・・。
しかし残念なことにシューマンのシンフォニーはまだ一度も弾いた事がないのです・・・。
トリオやクインテットは何度もやったのに、なぜかシンフォニーは一度もなし。
死ぬまでに弾くチャンスがあるといいなぁ。

昔シューマンのトリオを初めて弾いた時、曲の意味が分からなくて苦労した覚えがありますが、ライン川のお蔭もあってか、今では大好きな作曲家の一人です(一番ではないけど)。
またライン川沿いを散歩したい!ジョギング
そして今度は物思いにふけるのです・・・。

comments(2)  |  trackbacks(0)

edit  top

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.