♪Arte Gagliano♪
«  2017.04 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  »

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-  |  -

edit  top

2010年に観た映画(DVD) パート1

映画100本企画、今年の初めに映画館で見たアバターだけで終わってる・・。
観ていなかったわけではなく、ただ単にここに書くのが面倒で放置していました。
せっかくなので、今年見た作品を一挙にご紹介。
さすがに、すべての作品を詳しく紹介するのは無理なので、一言コメントで。
面白くもなんともなくてスミマセンなのですが、自分のために記録に残しておくということで・・。

全部で23本観たのですが、このブログでは、一記事に3つまでしかレビューが載せられないそうなので、
まずは3つ。残りは次回の記事に。全部で8記事も書かないといけないのか・・。
果たして年内に書けるのか。無理っぽい。
---
コメント:もうこれは今年の初めに記事に書いたので省略。今年唯一映画館で見た作品だったのに、私にとってはいまいちで残念な作品だった・・。もちろん好みの問題なので、駄作とは言いませんが。

---
コメント:アバターを観て、がっかりして家に帰ったら、テレビでたまたま放映されていたので見たのですが、こっちのほうが断然面白かった。一日でアバターとデイ・アフター・トゥモローは、かなりヘビーでしたけど(笑)。そうそう、監督はドイツ人なんですよね。

---
コメント:これもたまたまテレビで放映されていたのを観ました。かなり前なのであんまりしっかり覚えていないなー。面白かったけど最後がしつこくて、三流のホラーっぽかったような記憶が・・・。やっぱり観たらすぐに記録しておかないとだめですね。

-  |  trackbacks(0)

edit  top

メリークリスマス☆

Merry Christmas 


(近所のデパートの前にあるクリスマスツリー)

随分ご無沙汰してしまいました。

ブログをサボっている間に、気が付けばもう第四アドベントも過ぎて、
明後日(あと1分で明日って言わないといけないけど)はとうとうクリスマスイブ。

ブログに書くネタいっぱいあるなぁと思いつつ毎日を過ごしていたのに
結局この日まで放置してしまいました。
パウルくんがお亡くなりになったこととか、クリスマス市のこととか
観た映画(DVD)のこととか・・・・(そう言えば、映画100本企画はいずこへ・・
でも、ちゃんと個人的には記録しているので、まとめて年末にでも紹介しようかな)
色々書きたいことはあったのに、残念です。

さてさて、日本でもきっとニュースになっていることでしょうけど、
今年のヨーロッパはひどい寒波で、積雪も半端ではありません。
我がNRW州でも、地域によっては1メートル以上の積雪があったそうです。
愛犬もさすがに凍え気味。
スキーを履いて公園散歩したいなーと思ったほどでした。
でも平面だからかえって大変か。

一面の銀世界は何度見ても美しいですが、
雪掻き(うちは一軒家でないのでハウスマイスターがやってくれるのですが)や、
交通機関の麻痺など、実際にここにいると、綺麗だけでは済まされないことも多いのです。
実際、クマゾウさんの会社なんて、雪のせいで忘年会が中止に・・。
私は幸い、雪による被害を直接被ることはなかったのですが、
吹雪の中を何度散歩したことか。凍った道で何度滑りそうになったことか。
それにしても、氷点下の毎日が続くと、気温0度でさえも温かく感じるのは不思議なものです。

週末はまた冷え込んで、なんと氷点下14度まで気温が下がるそうです。
でも、家の中は超暖かいので、半袖に裸足でもいいくらい。
暖房のきかない極寒の中で耐え続けていた昨年まで(の家)と比べると天国のようです。
ろうそく。それぞれに違ったクリスマスの香り付き。
本当は、アドベント用に4つ揃えたかったのに、
そのうち4色揃えようとのんびり構えていたら売り切れてしまい、
3つしか手に入りませんでした・・。

明日は近場の町に出かけて、ちょっとだけクリスマス気分を味わってきます。
綺麗な写真が撮れたらUPいたします〜。

では、皆さんもステキなクリスマスを。
(と新年を・・っていうのももう、書いておいいたほうがいいだろうか・・)

comments(10)  |  trackbacks(0)

edit  top

東西ドイツ統一20周年

今日はドイツ統一記念日。
東西ドイツが統一して、早くも20年の年月が経ちました。
ややこしいけど、ベルリンの壁崩壊とは別。
正式に東西が統一された日です。
私は統一当時ドイツにいたわけではないけれど、身近に旧東ドイツ人がいて
当時の話を直接聞く機会があったため、やっぱりなにか感慨深いものを感じます。
今や自由であることが当たり前の世の中になっていますが、
それがどれだけ幸せなことかということを、改めて考えさせられる一日です。
それにしても、渡独当時は、統一5周年だったのが、もう20周年。
ドイツの歴史云々抜きにしても、その、時の流れのはやさには、驚くばかりです。

今日はやはり「善き人のためのソナタ」を見ようかな。と思っていたら、
ドイツのテレビでも、放送されるようです。本日9時45分から。
あら、もう始まってしまいました・・・。
東西分断時代のドイツを描いた作品ですが、
素晴らしい映画なので、機会があれば皆さんも是非。

そういえば、映画100本計画は何処へ〜〜。
ちょこちょこ見てはいるものの、なかなか整理ができなくて。
今年中に何とかまとめたいものです・・・。

さて、この間、寒い寒いと書いたばかりでしたが、今日は何と快晴、24度!!
絶好のお散歩日和でした。
半袖で歩いている人もいましたが、それは極端。笑
公園にはもう落ち葉もたっぷりで、カシャカシャと落ち葉を踏みしめながら
日に日に深まる秋を堪能しています。(写真がなくてごめんなさい。)


最後に、せっかくの統一記念日にまた、いやーなお話ですが・・・。
例の、私のことが相当気になるめだのさんへ。
ここでしかお返事のしようがないので。

やはり私が気になるのですね。笑
別人を装って何通も送信してくださいましたが、ホストもIPも全て同じです。
もう少し工夫された方がよいのでは?笑

「死ね」は立派な誹謗中傷ですよ。
送られてきたメールは消えないし、ホストもIPアドレスも全てバッチリ残っています。
ここはドイツ。私も弁護士保険に入っているし、めだのさんがいるのもドイツ。
ドイツの法律を甘く見ないほうがいいですよ。
メールの内容が家族の中傷にまでおよび、どんどんとエスカレートしてきていますが、
法律があることと、その気になれば、めだのさんがどこの誰であるか、
特定することが可能であることを、お忘れなく。

中には、こういう問題で落ち込んでブログを閉鎖してしまう人もいるでしょうけれど、
家族の中傷や、死ねと言われたくらいで、私は簡単に消えたりはしませんぜっ。
たまたま引っかかった相手が私で、めだのさんもついてなかったですね。笑

JUGEMテーマ:ドイツ

comments(14)  |  trackbacks(0)

edit  top

祝☆5周年&15周年

前回の更新は、ワールドカップの話題。
気が付いたら、2ヶ月もこのブログを放置していました・・・。

暑かった夏はとっくにおわり、秋真っ只中のドイツです。
今朝の気温は4度。
今日は、朝も早くから、近所のパン屋へ走ったのですが、
ぶくぶくの綿入りコートを着ていって大正解でした。

2ヶ月も放っておいたこのブログですが、今日でなんとブログ開設5周年。
この日だけは、過去4年間も毎回更新してきたので、
今日も、何とか、日付を越えるまでに頑張ります。

5年もブログを続けていると、色々なことがあるものですね。
私の場合は、楽しいことがほとんどでしたが、ブログを通して知り合えた
たくさんの方々の応援があったお陰で、この日を迎えられたと思います。
ありがとうございます!!

今まで、批判的なコメントやメッセージは、ほとんど、というか、一度も
もらったことがなかったのですが、意地悪なコメントやメッセージに悩まされて、
ブログを閉鎖せざるを得なくなったという話をあちこちで聞いていたので、
私は、その点、ラッキーだったのかもしれません。
でもでも、そんな私のところにも、ついに来ました〜!!

「教育者とは思えない内容だ」というご指摘を下さった方が!

ついに来たか!笑
ドイツにそれなりの間暮らしていると、議論が好き(得意?)になるのか、
批判的なコメントは、むしろ自分の意見をはっきり言える良い機会なので、
歓迎したいくらいなのですが、残念ながら、蔭でちくちくとやられるのは、
やはり気分の良くないものですね。
批判があれば、どうか、堂々と意見して欲しいものです。

私は、教育者ではないし(ヴァイオリンの生徒さんを募集しているというプロフィールの一文を見て
教育者かと思われたようです・・・)、だいたい、このブログを始めたときから、
「アホなこと」がメインの自己満ブログだったはずなので、
そういったお叱りのメッセージをもらって、ちょっとビックリしたくらいでした。

でも、私の、その、教育者とは思えない、つまらないアホなお話を楽しみに読んでくださる方も
少なからずいらっしゃるようなので、これからも、そんなことにはめげずにマイペースで
教育者らしからぬブログ(!)を継続していこう!と思っています。
長年のドイツ生活で育んだ頑固さがある故、残念ながら、
簡単にブログを閉鎖したりは致しません〜。笑

ご興味のある方はディアナのブログの最新記事のコメント欄をご覧下さい〜。

教育者と言えば、私の父は公立の中学校の教師でしたが、
クラスのゆとりの時間に、班対抗で、父の眉毛に何本のマッチ棒が乗るか
というゲームをしたことがあったそうです。
わかるでしょうか?眉毛に一本一本、マッチ棒を乗せていくのです。
マッチ棒が、バラ〜っと下に落ちてしまったところで、ゲームは終わり。
驚くべきことに、その結果、片方の眉毛に、17本のマッチ棒を乗せたチームが優勝したそうです。
片方の眉毛に17本もマッチ棒が乗ることも凄いですが、一人一人、順番に、父の眉毛の上に、
マッチ棒をおもむろに乗せていく生徒の姿と、じーっと動かないように座っている
教師の姿を想像するだけで、笑えてしまいます。
もともと、この遊びは、家族でやっていたのですが、その時の記録は13本だったので
父の生徒さんたち、素晴らしいです!!

私のブログに、教育者とは思えぬブログの内容!というお叱りを下さった方に言わせれば、
父の、「班対抗・マッチ棒眉毛乗せ大会」なんて、教育者とは思えない内容の授業でしょうなぁ・・・。

そんな父ですが、退職した今でも、「先生、先生!」と、慕ってくれる元生徒が
たくさんいるのです。

教育者とは何か?
人それぞれでしょうけれど、私も、つまらない内容であっても、教育者と思ってもらえなくても
(というか、実際、教育者なんてものじゃないのですが)、それでも、
いつまでも、慕ってくれる人が周りいる、そんな人になれたらなぁと思います。

あ、それから、付け足しのようになってしまいますが
今日は、私がドイツで暮らし始めて15周年の記念日でもありました!
教育者とは思えない内容だというお叱りの言葉と同時に、
「imogasさんて、おばさんですねー」というお言葉もいただいたのですが、
はい、まさにおばさんです。
15年も経てば、誰だっておばさん(おじさん)になりますよねぇ。笑
時の流れには逆らえませんから・・・。
素敵なおばさんになりたいものです。

というわけで、これからもおばさんは、教育者とは思えない(しつこいっ!笑)内容で、
ぼちぼちと懲りずにアホなことを綴っていきますので、それに共感できる方だけ、
今後ともどうぞよろしくお願いします。
教育者論を期待されている方には、残念ですが、ここは見当違い
ということで、ほかを当たっていただけると幸いです・・・。

最後まで意地悪な私でした。(知る人ぞ知る。笑)


JUGEMテーマ:ドイツ

comments(20)  |  trackbacks(0)

edit  top

W杯8試合的中の占いタコに優勝トロフィー、ドイツ

パウルくんが、ドイツのタコだというのが、誇らしい。
(出身はスペインらしいが・・。だから、スペインが優勝したのかもしれない!)

タコの寿命は2年だという話を聞きました。本当なのでしょうか?
このタコ、2年前のヨーロッパ杯でも大活躍したので、
寿命が2年だとしたら、次のワールドカップどころか、
2年後のヨーロッパカップは、もはやパウルくんには会えないということでしょうか。
やはり、今のうちに会いに行っておかねば。
それとも、予言だけじゃなくて、寿命も神がかっているのでしょうか。

トロフィーよりも、ソーセージの方がやっぱり嬉しいだろうな・・。

-  |  trackbacks(0)

edit  top

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.