ドイツ生活(日常) | ♪Arte Gagliano♪
«  2017.07 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  »

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-  |  -

edit  top

ブログの音楽♪メリークリスマス☆

Frohe Weihnachten!

あっと言う間に、もうクリスマスツリー
ドイツで迎えるクリスマスは、今回でもう14回目になります汗
イコール、日本のクリスマスと新年は、もう14年もご無沙汰しているということか・・。

昨日までやっていたクリスマスマーケットも、昨夜でとうとう終わってしまいました・・。
散歩がてらに何度も覗いてはいたものの、結局、何も買わず、何も食べず、何も飲まず。
イヌと一緒だから、とにかく、そっちばかりに注意がいって、
ゆっくり店を見て回る余裕もなかったのでした。。。[:がく〜:]

あー、アーモンドを煎って砂糖で固めたお菓子が食べたかった。

でも、ま、この調子だと、来年もすぐにクリスマスがやってきそうなので、
アーモンドは、次回のクリスマスマーケットまでの楽しみにとっておきます。

昨日、ニュースを見ていて知ったのですが、デュッセルドルフのクリスマス市には、
なんと、のべ750万人の人々が訪れたそうです。
想像するだけで、うっ・・となりそうですが、
この不況の世の中で、750万人とは驚くべき数字です。

そして数字関係で、もうひとつ。
NRW州(私の住んでいる州です)で、今日、クリスマスイブにお誕生日を迎える人の数。
39,200人・・・だそうです。おめでとうございます。32,900人の方々。
これは、多いのか少ないのか、私にはわかりませぬが。。。
どうでもいい話でしたが、何故かニュースに取り上げられていたので。笑

ドイツは、25日が第一クリスマス、そして26日の第二クリスマスがあるから、
週末と合わせて明日からなんと4連休!(と言っても土曜日は平日ではありますが)

このブログでも、毎年毎年、同じ事を書いてきましたが、
こちらは、お正月休暇がない分、クリスマスは大切なイベントです。
宗教行事のひとつなので、クリスマス当日はどちらかというと、華やかというよりも
荘厳な雰囲気の中、キリストの誕生を祝うのです。

賑やかなのは、23日、もしくはイブの今日、午前中までで、午後になれば、
これまでの喧騒がウソのようになくなり、街は、死んだように静まりかえります。
お店が閉まるのはもちろん、ドイツでは、大部分の人が、家族と一緒に
クリスマスを過ごすからなのですが、まさに、日本の新年と同じ状況。

うちのマンションの住人も、ほとんどが出かけてしまった模様で
とにかく静か。。。。

しかし、先日ラジオを聞いていたら、ある牧師さんが、
「家族だけが集うのでなく、クリスマスこそ、身よりのないひとりぼっちの人を誘い、
共に祝うべきだ・・」というようなことを仰っていました。

なるほどなぁ。
ドイツでは、家族だけで過ごすクリスマスが一般的ですが、
こういう時期こそ暖かく優しい気持ちを失わないでいたいものです。

かく言う私は、いつも通り、ふたり&一匹で過ごすのですが・・ひやひや
さっき言ってたことと、全然違うじゃないかっ汗

ところで、先日面白いブログパーツを見つけたので、ちょっとご紹介!


なんだかブログの調子が悪いので、ブログパーツは取り外しました。
ごめんなさい。(2009年1月7日)


なんとこれ、ブログの記事を音楽にしてくれるものなんだそうです。
このブログパーツの、真ん中のハンドベルのイラストの部分をクリックすると、
音楽が流れてくるのですが・・・。
ブログ中の「ど」「れ」「み」「ふぁ」「そ」「ら」「し」「ど」
の文字を拾って、曲にしてくれる・・・らしい。
あ、まだ鳴らさないでくださいね。笑

試しに。


みみみー みみみー みそどーれみーーーーーーー♪


ハ長調のジングルベルですが、ここの部分は、ちゃんとハンドベルが
ジングルベルを奏でてくれるのでしょうか。
さすがに、リズムは拾ってくれないから、めちゃくちゃなことになりそうですが、
結果は、あとでハンドベルをクリックして、確かめてみてくださーい。

ついでにほかの歌も。


♪どーれみーれーふぁーみーれしどー らーそーふぁーみーれーみどそー♪


さて、この曲は何?

このハンドベル、臨時記号を付けてくれないみたいなので、勝手に移調しました。あっかんべー
ドイツ在住の人なら、知っていないと恥ずかしいぞ〜!という曲です。笑

この歌の作詞家の名前は、外国人のドイツ国籍取得のための受験問題にもなりました!
この、国籍取得の試験については、また追々、記事にしたいのですが、
この際、ちょっとだけ触れておきます。(次の更新がいつになるかもわからないので!)

2008年の9月から、ドイツ国籍を取得するのに、試験を受けなければならなくなりました。
今までも、試験というのはあったのかもしれませんが、
「ドイツ語」が正しく理解できて話せるかどうか・・・という点をクリアしていれば
よかったのが、これからは、語学だけではなく、ドイツの歴史、地理、政治などなど、
まさに、大学入試の共通一次(古いか・・今は大学入試センター試験)のようなテストに
合格しなくては、国籍を取得できなくなってしまいました。

私はドイツ国籍を取得するつもりはないけど、試験問題については
とても興味があったので、色々見たり、調べたりしたんですが、かなりの難題。
というのも、街行く人々(もちろんドイツ人です)に、試験問題の中からいくつか
質問して、人々がそれにちゃんと答えられるか・・というのをニュースで
放送していたことがあったのですが、その問題に答えられない人がとても多かったのです。
ドイツ人にも分からない問題。

外国人がドイツ人になるにはドイツ人以上にドイツに詳しくなくてはならない・・・
ということでしょうか。。。

これについては、またいつか詳しく記事にできればと思っています。

クリスマスとはかけ離れた話になってしまいましたが、皆さまも素敵なクリスマスを☆

では、上のハンドベルを鳴らしてくださーいチャペル
(ハンドベルのイラストをクリック♪)

ちなみに、こっち↓は、クリスマスではなく、通常バージョンで、
ピアノやギター、トランペットで、ブログを奏でてくれるそうです。
ヴァイオリンがないのが残念・・・。

なんだかブログの調子が悪いので、ブログパーツは取り外しました。
ごめんなさい。(2009年1月7日)

ピアノのイラストをクリック、または→のマークをクリックして、楽器を選んで、
そのイラストをクリックしてみてくださいな♪

今、自分でも聞いてみたけど、記事が長いから、曲も長い・・・
途中ででギブアップしました。。


Frohe Weihnachten!

comments(10)  |  trackbacks(0)

edit  top

王さま通りを歩く

今日も、また「統一記念日とドイツ映画ちょっとだけ」が出て来るだろう・・と、半ば呆れながら、このページを訪問してくださった貴方。残念でした。今日は違いました!



ここはケーニヒスアレー(Koenigsallee)。
私の住む町の、おそらく、最も有名な通り。
検索したらすぐに出てきそうな、ありがちな写真ですが、どこかから盗んできたものではなく(笑)、先週末、犬と散歩中に撮ったものです。

こんなに長らく更新してないにもかかわらず、毎日更新されているかどうかをチェックしてくださる方がいらっしゃるようなのです。それって、両親だけちゃうんか・・と思っていたのですが、サイドに貼ってある「今日の訪問者」のクマが示している数字が「1」でないところを見ると、やっぱりほかにも見に来てくださってる方がいる様子・・。
いつまで経っても、トップページが、「統一記念日とドイツ映画ちょっとだけ」の記事のままで大変申し訳ございませんでした。

特に面白いことがあったわけではないのですが、散歩中に見かけた風景が、あまりにも綺麗だったので、せっかく撮った写真をこのままお蔵行き(?)にするのももったいない気がして、まだ秋のうちに公開しておこうと思いまして。



日本語にすると「王さま通り王冠2」という名前にふさわしく、高級ブランド店が軒並み並び、ファッションの世界でも有名な通り。ぴかぴか
最近では、元スパイズガールズで、今はベッカム選手の奥さんである、ヴィクトリア・ベッカムが、自分のプロデュースしたジーンズ(だったと思う)を、このケーニヒスアレーにあるセレクトショップに入れるとかなんとかで、この、王さま通りを訪問していたらしい。クマゾウさんの同僚は、ヴィクトリアを一目見ようと、会社が終わるやいなや、そこに駆けつけたらしいです。(写真は、その店とは関係ありません)

約1キロメートルのそれほど長くない真っ直ぐな通りですが、小川を真ん中に挟んで、その両側に、高級ブランド店や銀行がズラリと建ち並んでいます。
ブランドものには全く興味のない私ですが、ここは単純に景色が美しいし、そしてここを颯爽と歩いているお洒落な人々を観察するのは非常に興味深いです。



我が家からもそう遠くはない距離なので、本当は度々散歩したいところですが、なんせ、この通りを歩く人々は、みんなお金持ちでお洒落(・・だと勝手に思ってますが、実際はどうなんでしょう?)なので、小市民が、普段着でぶらぶらするには気が引けるのです。それに、お金持ちが多いから、スリも多いに違いない。(・・って、すられるもの何も持ってないけどあせあせ
なので、私がここを通るのは、歯医者に行くときくらい。それも、どうしてもここを通らなければ行かれないから、仕方なく駆け足で・・・。
歯医者に行くのに、バッチリ化粧して、お洒落に着飾って行くアホはいないと思いますが、超普段着のオバサンが、すっぴんでここを通るのは、場違いもいいとこですな。ほんとに。
そんなハイソな通りを、こんなにゆっくりと散歩できたのは、日曜日の早朝だったからです。
ドイツの日曜日は、お店もお休み。ウインドウショッピングをしている人たちはたくさんいましたが。

ということで、王様通りの高級ブランド店の前で写真撮ろう!!という、なんの意味もない企画、いきます。(間違っても中には入らない。入れない。)

プラダの前でカッコつけるうちの犬。


ルイ・ヴィトンの前で、ちょっと馬鹿にした笑みを浮かべるのうちの犬。

後ろに移っているおじいさんのズボンに注目。流行の波に乗ってチェックのズボンだった。
しかし、こういうのお洒落っていうんですか?

シャネルの前で何故かむちゃくちゃ嬉しそうなうちの犬。


カルティエと・・・。

偶然信号でカルティエの前に止まっていた車。高級車だったら良かったが、残念ながら、POLOでした・・笑。

ブルガリの前で、ちょっと疲れてきたうちの犬

チェックおじいさん、ここにも登場。

エルメスの前で、もううんざり・・のうちの犬。


まだまだいっぱいあるのですが、もう結構って感じですね。

普段の日に、こんな写真を撮りまくっていたら、いつも店の前にで〜んと立っているセキュリティーのおじさんに怒られるに違いない。まぁ、日曜日でも、店のど真ん前にしゃがんで、「はーい!おすわり〜!マテ〜!よーし!いい子〜!」とかやってる日本人のオバサン・・・いい迷惑でしたでしょうな・・・。モゴモゴ

それにしても並木道が美しい。


王様通りの散歩を満喫した日曜日でした。
下を向いて歩いていると、いっぱい犬の落とし物があったのにはガックリ来ましたが。うんち下向き

JUGEMテーマ:ドイツ

comments(16)  |  trackbacks(0)

edit  top

記念日の空

記念日の空

例の続きを・・・・と、張り切って書いていたのに、あとちょっとで修了・・というところで、何故かページ(ブラウザ)が戻ってしまい、真っ白に。書いたものが全て消えてしまいました。もう一度、気を取り直して書いていたら、またもや、同じことが起こりました。

ブログの引っ越し考えたほうがいいんでしょうか。
三度目の正直で書き直すことも出来ますが、二度あることは三度ある感のほうが強いので、あきらめました。これは、続きはもう書くな!という暗示なのかもしれません。

せっかく、オリンピックの話は、今日でお終いにできる!と思っていたのに。しかも、何故か書いているうちに、話が展開していき、水野晴郎まで出てきて、我ながら面白かったのに。水野晴郎・・・「いやぁ〜映画っていいもんですね〜。」の人ですよ。オリンピックと何の関係があるのでしょうね?
それを、もう一度書く気力も時間も、もはやなくなってしまいましたが。

そうそう、冒頭の、空の写真・・・・。こっちが本題なんです。
特別な思いで眺めたこの今日の空。(ぷっ。そこのあなた、笑わない!)
何故なら、今日はとても大切な記念日だったからです。



渡独14周年記念日



え?なんだそんなことか・・。


はい。そんなことです。
今日で、ドイツにやって来て、まる13年が経ちました。
今日は、渡独14年目の始まりの日。
お約束のように、毎年ブログに書いているので、今年も意地でも更新しました。

あっと言う間でしたが、13年間、色んなことがありました(一番簡単な言葉でまとめてしまいましたが)。そして、この13年間で、ドイツもかなり変わりました。
ドイツはダサイというイメージを未だ抱いているあなたは、ドイツ以上にダサイ。

そう言えば、今の、いわゆるドイツの若者は、ドイツが東西に分断されていた時代を知らないのです。信じられませんが。私の学生時代の友人たち(東ドイツ出身の)は、東西が分かれていたころの話を聞かせてくれたりしたものですが、今の若者は、それを知らない(私も実際経験したわけではないですが)。そんなことを思うと、13年という歳月は、やっぱり、「あっと言う間」ではないのかもしれません。
これからも、世界中の人々が仲良く幸せに暮らせますように・・・。
この13年間を思い起こすのと同時に、毎年この日は、平和の大切さについて、改めて考えさせられる日なのです。(毎年書いてますな・・ 昨年や一昨年と比べないでくださいませ〜)。


そして、同時に、今日はもうひとつの記念日でもありました・・・・・。


ブログ開設4周年記念日


思えば、このブログ、渡独10周年の記念に始めたのでした。
太字で嬉しそうに書きましたが、丸3年経っても、書いていることは全く成長してないですな。それにも関わらず、未だに、こうして続けていられるのは、訪問してくださる皆さまの支えあってのこと。本当にいつもありがとうございます。今後も一緒にアホにお付き合い下さいな。よろしくお願いいたします。

さ、この辺で終わりにしとかないと、また前のページに戻ってしまいそうです。今、私が最も恐れているのは、歯医者でも、試験でも、師匠でも、ゴキブリでもなく、あの砂時計のマーク。これが出たら、もう、今日の記念日の更新もあきらめます。

では、無事更新ボタンが押せることを祈って・・・。

comments(12)  |  trackbacks(0)

edit  top

ホワイトアスパラガス収穫 ドイツ・・ロットガウ♪

今年もやってきました〜!白アスパラガス、シュパーゲルの季節。
早いですね。昨年も早かったけどそれ以上に早いです。
今はまだお値段もそれなりにするので、うちの食卓で見られるのはもう少し先だろうけど。

ドイツ初物だそうですが、こうして嬉しがってニュースを引用したのは、
このニュースで取り上げられている、Dudenhofen(ドゥーデンホーフェン)という村が
つい最近まで私の住んでいた所だからです!!
Dudenhofenは、この前にちょこっと書いたけど、Rodgau(ロットガウ)
という町の中の一地域なのです(いくつかの村が集まって、ひとつの町になっているというとわかりやすい?)。

これが、ベルリンやミュンヘンやフランクフルトなどの大都市や、
シュパーゲルで有名なBruchsalだったならば、「ふぅ〜ん。そう。」
と、さらっと読み流すところなのだけど、Dudenhofenと来ましたよ!
以前自分の住んでいた、しかも、誰も知らないであろう、聞いたこともないであろう
小さな小さな田舎の村が、こうしてニュースに取り上げられると妙に興奮して。



ロットガウと言えば、先日書いた、ドイツのトップモデルを発掘するオーディション番組
エントリーされているこの写真の子も、ロットガウの出身。
スタイルが抜群によいと思っていたら、数回放送が終わった現時点でも
やっぱりまだ勝ち残っていて、しかも審査員のハイディ・クルムも
彼女のことをかなり気に入っているご様子。
あ、この番組のことはもう書かない!と決めてたのに、また書いてしまった。
ロットガウ、やるなぁ。というわけで、話をシュパーゲルに戻して・・・。

このDudenhofenの畑沿いの道(一番上のニュースの写真)を、何度通ったことか。
写真の、誇らしげにシュパーゲルを見せているテオ・ベックというおじさんは
存じ上げませんが、毎年シュパーゲルの収穫時期になると、
この畑でたくさんの人が働いているのを、遠くから(車の中から)眺めていました。
うーん、懐かしい。
その中の一人が、このテオ・ベックさんだったんですねー。いやいや。
だからなんやねんという感じですが。一人で盛りあがっています。

ところで、シュパーゲルの収穫って、想像以上に大変な重労働だそうです。
最近では、ドイツ人でこの仕事をする人が少ないため、
外人が収穫作業をしていることが多いんだそう。
農家の人々が苦労して作りあげたシュパーゲル、しっかり味わって食べたいものです。

で、毎年同じこと書いてますが、今年はシュパーゲル専用鍋、いい加減買うのでしょうか。
来年も同じこと書いてる気がします。笑

JUGEMテーマ:ドイツ

comments(13)  |  trackbacks(0)

edit  top

ホワイト・イースター!

桜満開〜!などと、いかにも春!な写真を載せた途端、これですから・・。
その10日後の本日。なんとホワイト・クリスマスならぬ、ホワイト・イースターとなりました。


お尻向けてるのはうちの犬。必死で雪を食べてるもよう。

ずっと、「この冬は結局雪を見ないまま春になってしまいそうだ・・」と思っていたけど、
やっぱりな・・。そう簡単にはいきませぬ。さすがドイツ。
しかし、ホワイト・イースターになろうとは。
ドイツ語だと、Weiße Ostern(ヴァイセ・オースターン)。

イースター(オースターン)。復活祭。
もう説明する必要もないでしょうけど、処刑されたイエスキリストの復活を祝うお祭りで、
こちらでは、大切な大切な祝日。
先週の金曜日から4連休なので、旅行に出かけた人もいっぱいいたに違いありません。
今日は旅から帰る人たちの車で、アウトバーンもすごいことになってるんだろうな。
この雪で、事故も多発しているようなので、みなさま十分ご注意下さい。

実は、今日は、先日のフィギュアスケートの日本人選手、
そしてドイツ人選手の活躍を、話題にしようと張りきってたんですが、
今日のこの雪のおかげで、それは延期にせざるを得なくなった。。。
なんと言ったって、今回は、ドイツ観測史上もっとも寒いイースターを記録したそうですから。
「雪で覆われたイースター」というもの自体、初めてだった都市も多いのだとか。



ひとつ前の記事の写真と同じ近所の丘で撮ったものですが、たった10日にしてまるで別世界。
しかも、季節は逆行ときた。

満開の桜と雪。なかなかお目にかかれない光景です。
お暇ならば、ひとつ前の記事の写真と見比べてみてください。
「青空と桜」もいいけど、「白雪と桜」も美しい。



満開だった桜は、この10日間でだいぶ散っていったのだけど、
今回の雪で、また満開になったかのようでした!



ソリで遊ぶたくさんの子どもたちを見かけました。
まだまだ木製のソリが健在。なんだか嬉しかった。



イースターといえばタマゴ探し(正しい名称は?)。
子どもたちは隠されたタマゴをみつけてくるわけですが、
雪の中のタマゴ探しは、例年に増して楽しかったに違いない。

イースターのタマゴやウサギを形取ったチョコレートは、もうお馴染みで、
先週まで、そこら中に並んでましたが、明日スーパーに行ったら多分もうなくなってるんでしょうね。
もしくは、安く売られているか・・・。
しかし、我が家ではチョコレートは危険(?!)なので、これで我慢・・・。



ダルメシアンゆでタマゴ。
こんなん作ってる自分。。。いくつやねん!
この工作(って言うほどのものでもないが)、マクドナルドのお子さまメニューの箱についていたのです。
この歳になって、マクドナルドを喜んで食べたいとは思わないし、
それも、お子さまセットって。。。いくつやねん!
このダルメシアンではなく、お子さまセットについているおもちゃ欲しさ
(犬好きにはたまらん!)に買ったのですが、それについてはまた次回ということで。
どっちにしてもお子さまだな・・・。

イースターも過ぎ去って、次のイベントは・・・なんでしょう。
夏休み??
まだ冬も終わってないのに。
でもそういえば、今週の日曜日から、もうサマータイムに切り替わるのでした・・。

今も雪が降り続くドイツより

comments(9)  |  trackbacks(0)

edit  top

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.