♪Arte Gagliano♪
«  2020.09 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  »

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-  |  -

edit  top

ミニマルアート〜Fast nichts〜

芸術と音楽の旅 in ベルリン。

もうここまで来たら、全く解りません。

それは、"Hamburger Bahnhof"(ハンブルクといってもベルリンにある美術館)での、ミニマルアート展。題して『Fast nichts』。

日本語では『ほとんど何もない』という意味ですが、本当に、ほとんど何もなかった。
作者にはそれぞれの哲学があるのでしょうが、私には???
でもこれが前衛アートというものなのでしょう。

学生時代に授業(音楽心理学だったかな?あれ?西洋史?あまりにも昔過ぎて忘れた)で習った、ミニマルミュージックを思い出しました。
延々と同じことを繰り返す音楽です。
この作品展にはそういった音楽?のスコアも展示されていました。
白地図のような楽譜?など。

そしてビデオアート。
それは私にもうひとつ、学生時代の出来事を思い出させることとなります。

私にはちょっとした芸があるのですが、
「それをビデオカメラの前でやってくれたら、それで終わり。誰かわかるでわけもないし、頼むわ!」
と、当時美術学部にいた知り合いに懇願されたことがあるのですが、前衛アートを手がける人というのは、やはり不思議な人が多いですね。
何故、そんなものを作品にしようと思いつくのか・・・。
しかしその人は、実は優秀な方だったらしく、いまや、その大学で教えていらっしゃるようで・・・。素晴らしいが、私には益々難しい。

ビデオ出演は、残念ながら断りました。
何故なら、私は芸人でも奇人変人でも世界びっくり人間でもなく、バイオリン弾きですから・・。

その芸は今なお、頼まれればいつでも披露できますが、さすがにそのような機会も、最近は、殆ど無くなりました。
でもビデオ作品として記録に残すなんていうのは、邪道。あれは、ライブだから良いのです。

それにしてもミニマルアート展の会場の警備の方々には本当に感心しました。凄い。
地下の、窓ひとつないあの場所で、一日中、スピーカーから流れてくる、延々と数えられる数字を聞き続けるのです。何時間も、ずっと。
よく気が狂わずにいられるものです。
私は30分でギブアップでした・・・。

フィルハーモニーでN響のコンサートを聴いたのは、この直後。
私たちの、このモード切り替えも・・・我ながら感心。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

芸術と音楽の旅〜BRÜCKE・ドイツ表現主義

芸術と音楽の旅 in ベルリン。
早く書いてしまわないと、もう記憶がだいぶ薄れてきたような。

ベルリーニッシェ・ギャラリー

Berlinische Galerieへ。
Brückeと呼ばれるドイツ表現主義の一派の画家たちの作品展でした。

表現主義・・・。ちょっと暗いですか?

この時代の作品は、くまさんが専門で、私は詳しくはなかったのですが、
表現主義というのは、もともと自然主義や印象主義に反抗して出現した思想なので、ひねくれもの好き、あまのじゃくの私には、ピッタリなはず。
でも、音楽に関して言うと、この時代は、私にはすんなり理解するのが難しくて、どうしても敬遠しがちです。

絵画も、色使いが素晴らしくて、様々な解釈が生まれてきそうなところが面白いと思うけれど、同時に、その歪んだ世界は少々神経にこたえます。
不安とか葛藤を表現しているそうですから、当たり前といえば当たり前。
そこが魅力なのでしょう。

それにしても、絵画から放たれるエネルギーというのは、すごい。
それだからか、美術館で絵をじっくり見た後は、どっと疲れてしまいます。
音楽的にもかなり触発される部分があったので、見て正解だったけど、
でも多分、このころの絵を、我が家のリビングや寝室には飾ることはないでしょう。

けど、こういう作品を見て、シェーンベルクやウェーベルンを弾いたら、上手く弾けそうな気がしてくるなぁ。

ということは、練習室に飾るといいのかも。
なんか、怖いくらい集中できそう!
危ないかな?

comments(0)  |  trackbacks(1)

edit  top

メイキング・オブ・ウエスト・サイド・ストーリー

つい先日arteでTV放映された『ウエスト・サイド・ストーリー・メイキング・オブ・レコーディング』の録画を見ました。
《ウエスト・サイド・ストーリー》メイキング・オブ・レコーディング
《ウエスト・サイド・ストーリー》メイキング・オブ・レコーディング
このメイキングというのは、バーンスタインが自ら指揮をし、レコーディングを行ったときのもの。
ミュージカル映画のメイキングではありません。
ウェスト・サイド・ストーリー
ウェスト・サイド・ストーリー
バーンスタイン(レナード), カナワ(キリ・テ), カレーラス(ホセ), トロヤノス(タティアーナ), オルマン(カート), ホーン(マリリン), オーケストラ&コーラス, バーンスタイン

こちらのCDは私も、高校生ぐらいの時に買って持っていますが、こんな凄い裏話があったとは・・・・。

キリ・テ・カナワがマリア、ホセ・カレーラス(すみませんが我が家では昔からいつも彼のことをそう呼んでいましたので)が、トニー役です。

あの、オペラ界のスター、カレーラスが、バーンスタインにボロクソにやられていてビックリ!です。
三大テノールの一人のカレーラスが、ですよ!
何度やってもうまくできないカレーラスに対し、

「カレーラス!何度同じこと言わすんだ!君!」
「君!どこをやってるか分かってるのかい?」

バーンスタイン切れまくり!

カレーラスも、自分で自分が悔しくて悔しくて仕方ない・・・。
わかるなぁ。このときの気持ち。
このレコーディング時の、彼のバーンスタインとの葛藤は、実は有名なお話ですが、それにしてもスゴイ!
録音って、本当に大変なのです。

続きを読む

comments(8)  |  trackbacks(0)

edit  top

アートテル〜A.ウォーホール

artotel

再び芸術と音楽の旅 in ベルリンです。
ベルリンでは、「art'otel berlin city center west」という、今人気(らしい)のデザインホテルに宿泊。
このベルリンの西にあるホテルは、A.ウォーホール(あのポップアートの神様です!)の館。
これは本当に偶然なんだけど、この旅のあとで手に入れた雑誌、Figaro Japonのベルリン特集の号に、ここのホテルが紹介されていたのです!
ショック!!!
私たちは、こちらのサイトで探してここに決めたのですが、まさか日本の雑誌に載っていたなんて・・・。
そういうところにわざわざ行くのは、できれば避けたかったのですが。

べつに私はA.ウォーホールのファンでもなんでもないのですが、
ここは彼のシルクスクリーン作品がいたる所に飾られている・・・というホテル。ファンにはたまらないでしょうね。

私の部屋には、上左の作品が。そしてライトは、彼の顔・・・。笑えた。
建物全体、インテリアなどに、バウハウスの進化したものらしき形跡が見受けられました。

部屋は綺麗清潔で地下ガレージもあり、便利だったけど、フロントの女の子が少々生意気だったのがマイナス。
ドイツもまだまだこれからですね・・・。

あっ!
くまさん! こんなところにもお友達が(上右)。
くまは、そういえばベルリンの象徴なのでした!

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

映画・フライトプラン

映画、「フライトプラン」を見てきました。
ジョディー・フォスターの、最新話題作です。
公開日の10月20日(ドイツ)に早速!

フランクフルトの映画館内

アクション・サスペンスと言うだけあって、ドキドキハラハラの展開は、緊張感いっぱいで面白い!
後半はもう一ひねりくらいあっても良いのでは? という気がしないでもないけど、最近見た映画の中では、断然、これが一番です。
それに、なんと石坂浩二の元奥さんが、結構重要な役で出てるやん!
いつの間にハリウッド進出したん? それはないって・・(笑)。
見てのお楽しみ。

ドイツ人の監督作品だったからなのか(?)上映後には館内でパチパチと拍手が起こりました。

そう、冒頭の部分はベルリンで撮影されたのです!
なんとタイムリーな!
この間、旅してきたばかりのベルリンが、アレキサンダープラッツが。

あらすじは・・。

続きを読む

comments(2)  |  trackbacks(57)

edit  top

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.